Tag:wbc


コナミデジタルエンタテインメント
2016-12-15


どうやらこっちでもWBCに乗っかって荒稼ぎしようと企んでいるようだ!

2ヶ月ぶりくらいにプロスピのアプリを開いたら、
VS侍ジャパンというイベントが開催されていました。

イベントの告知に大々的に、
累計報酬に「Sランク侍ジャパン契約書」登場!
って書いてある。

まじか!!!

無課金者でもイベントを進めればSランクの選手を貰えるということですね!!


俺は山田哲人が欲しい!!!!!!
筒香も捨てがたいけどやっぱり俺は哲人が欲しい!!

よっしゃ!気合い入れてイベントを進めるわ!



よく分からないけど、
13万ptを貯めれば貰えるらしいよ。
この13マンptって普通に到達できるレベルのものなのだろうか?

プロスピは本当にたまーーーーにプレイするくらいだからイマイチ分からないのよww



スタジアムで試合をした後、
侍ジャパンの選手が乱入してくることがある。

なるほど、
そいつと勝負をして勝てばポイントが貰えるということですね!!

簡単じゃん!



こっちの投手陣には唯一のSランク選手・豪腕サファテがいるんや!!!!
打たれるはずがない!!



楽勝にクリアできました!!

さて一回でどのくらいポイントが入るのか気になるところ。




は?!?!www
353pt。。。

嘘だろ?!?!www

えーと、Sランク契約書まで13万だから、、、
この作業をあと400回繰り返すのですか?!?!

しかも試合を1回行って確実に乱入してくるわけではなさそうなので、
これは無課金では無理だなwwwwww

エナジーを砕けばギリギリいけると思うけど、
こんなもののために貴重な時間を割くわけにわ。。

ドリナイの頃から何も変わっていないなww



Sランクの選手が乱入してきました。
こいつを倒すとポイントが貰えるみたい!


ついでにカーニバルタイムというものに突入。
獲得ポイントが上がるんかな?w



すっくなwwwwww
それでも1800www

クソイベっすねw
やーーーめたww


コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-28

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


コナミデジタルエンタテインメント
2016-12-15


遂にWBCが始まりましたね!
毎晩興奮しながら見てますよ!

やはりこの打線は中田が打ってくれないと話にならんですよ!
1ラウンドで全然打てないなら内川を出して欲しい!と俺は思いますがw

今回注目している選手は、
菅野、青木、筒香、山田ですね!!
この4人にはすげぇ注目してる!

なんとか頑張ってもらいたいもんです。



さて、コナミと言えば、
WBCになると毎回すぐにそれに乗っかるという傾向にありますww

パワプロではどんな風に乗っかってくるのだろうか。。。


と思ったらマジで乗っかってきたわwww



目指せ!世界の頂点」だって。
クソイベ臭が漂っています。

どんなイベントなのか。



スタジアムに世界各国のチームが乱入してきて、
そいつらに勝利していくことで報酬が貰えるというもの。

早速やってみよう。



オーストラリアの強豪チームというのが出てきましたよ。
ユニフォームはWBCで着ているオーストラリア代表の色と同じだ。

まさか!
オーストラリアの選手が出て来るのか?!



全員架空の選手だったwwwwww
しかも相手の選手のランクたかすぎぃ!!!!
全員がS1超えだよ!!


試合前に謎のルーレット開始。
ホームランを打てばポイントアップってとこだろう。

だったら全打席ホームランで行くぞwwwwww


宣言通り全打席ホームランをさせていただきました。



ホームランを4本も打ったのに7点しか取れないのかよwww



次はストレートで三振」ってお題。
変化球でカウントを稼いでストレートで沈めよう。



成功するとポイントがデカイ!!!
ピッチャー系のお題のポイントがでかいな!!!



次の試合でも「ストレートで奪三振」のお題。
ベストピッチでストレートを投げればほぼ100%で三振が取れる。



たった3試合でオーストラリアを撃破しました。
はやすぎぃ!

この調子で北アメリカまで撃破してやるわ!!



ファ?!?!wwwwww
一気にすすめられないシステム!

なんというクソイベ!!




いつも楽しみにしているガチャ券も今回は報酬に無しww

このイベントはもういいやww



コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-28

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ