Tag:再現選手

経歴
  • 中日ドラゴンズ(1999 - )
タイトル・表彰・記録
  • 最優秀中継ぎ投手:3回
  • 最多セーブ王:5回
  • 月間MVP:2回
  • カムバック賞:1回
  • オールスターゲーム出場:10回

日本プロ野球史上最高のクローザーとして君臨したミスタードラゴンズ・岩瀬仁紀

岩瀬さんは1998年にドラフト2位でドラゴンズに入団。
入団1年目から中継ぎエースとして65試合に登板し、防御率1.57ととんでもない成績を残し、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。
しかし、同期に上原浩治という化け物がいたため、新人王の獲得には至らず。

2000年、前年と同様に中継ぎエースとして活躍し、防御率1.90をマークして2年連続で最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。
またこの年は現役唯一の先発登板があった年でもあった。

2003年、58試合に登板し防御率1.41をマークし、自身3度目となる最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。

2004年からストッパーに転向し、2005年には46セーブを挙げて最多セーブ王のタイトルを獲得。
翌年も40セーブを挙げて2年連続で最多セーブ王を獲得している。

その後も2009年・2010年・2012年にも最多セーブ王を獲得しており、通算で5度のセーブ王を獲得している。

2018年に現役引退を表明。
通算登板数、通算セーブ数は現在の日本プロ野球記録、シーズンセーブ数はセ・リーグ記録になっており、将来の殿堂入りは確実だろう。

今回は岩瀬さんの全盛期をパワプロ2018で再現してきました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2005〜2006年
  • 試合:60
  • 防御率:1.88
  • 勝敗:1勝2敗
  • セーブ:46
  • ホールド:2
  • 投球回:57.1
  • 被本塁打:
  • 与四球:8
  • 奪三振:52
  • WHIP:1.03

今回は2005〜2006年どちらの成績も参考にしています!
投手と野手の基礎能力はほぼパワプロやプロスピの過去作を参考に。

特殊能力は『リリース◯』『威圧感』『球速安定』を独断で付けております。

過去のパワプロでは付いてないんだけど、スクリューはプロスピや選手名鑑などを参考に付けてます。

対ピンチ』と『ノビ』はもう1ランク上げても良かったかなと思ってます。

バント◯』はプロスピから。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • ヤクルトスワローズ(1992 - 2001)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2002 - 2004)
  • ニューヨーク・メッツ(2005)
  • 東京ヤクルトスワローズ(2006 - 2007)
  • 埼玉西武ライオンズ(2008 - 2013)
タイトル・表彰・記録
  • 最多奪三振:2回
  • 最優秀防御率:1回
  • 最高勝率:1回
  • 月間MVP:2回
  • 日本シリーズ優秀選手賞:2回
  • ルーキー・オブ・ザ・マンス(MLB)
  • オールスターゲーム出場:1回

左腕でありながら150km/hを超える速球と、落差の大きいカーブを武器に奪三振を量産した石井一久

石井さんは1991年にドラフト1位でスワローズに入団。
入団から3年ほどは先発と中継ぎ両方で登板し経験を積み、1995年に先発ローテーションに定着すると13勝をマーク。
最高勝率のタイトルを獲得した。

1998年、241奪三振をマークし、初の最多奪三振のタイトルを獲得。
加えて105四球という数字もリーグ最多だった。

2000年、4度目の二桁勝利を達成し、防御率2.61で自身初の最優秀防御率、210奪三振で2度目の最多奪三振を獲得。

その後、2001〜2002年にかけてポスティングシステムを行使し、ドジャースへ移籍。


その後、メッツ、ヤクルト、西武と3球団を渡り歩き、2013年に現役引退。

現在は楽天のGMを務めている。


今回はスワローズ時代の石井さんをパワプロ2018で再現!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2000年
参考データ:パワプロ2000決定版など
  • 試合:29
  • 防御率:2.61
  • 完投:3
  • 完封:1
  • 勝敗:10勝9敗
  • 投球回:183.0
  • 被本塁打:15
  • 与四球:73
  • 奪三振:210

今回は最優秀防御率と最多奪三振の二冠に輝いた2000年を再現してみました。

このくらい昔になってくると、細かいデータを集めるのがなかなか難しいんよなww

基礎能力はすべて過去のパワプロを参考に。

独断で付けた特殊能力は『打たれ強さE』『ノビC』『回復C』『奪三振』『一発』でございます。

クロスファイヤー』も付けようか悩んだんだけど、今回は見送らせていただきました。

コントロールに関してはGにしてしまおうかと思ったんだけど、五稜郭高校でGに下げるのって地味にめんどくさいのよねww



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • 北海道日本ハムファイターズ(2006 - 2016)
表彰・記録
  • 月間MVP:1回
  • オールスターゲーム出場:1回
  • 開幕投手:1回

抜群の制球力と質の高い変化球を武器にファイターズの先発ローテーションを担った武田勝

武田さんは2005年にドラフト4位でファイターズに入団。

入団当初は主に中継ぎ投手として活躍し、2008年頃から先発に専念するようになると2009年には10勝をマーク。

2010年には防御率はリーグ2位となる2.41、14勝7敗と大活躍した。

2011年は防御率2.46、11勝と好成績を残すも、リーグ最多の12敗を喫してしまう。
5試合連続完封負けの敗戦投手という不運に見舞われた年であった。

2013年には自身初の開幕投手を務める。

2016年のオフに現役引退し、ファイターズの球団職員に就任すると共に、石川ミリオンスターズのコーチに就任。

2018年はファイターズに籍を置きながら、ミリオンスターズの監督に就任した。

今回は現役時代の武田勝さんをパワプロ2018で再現。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2010年
参考データ:パワプロ2010、プロスピ2010など
  • 試合:26
  • 防御率:2.41
  • 完投:3
  • 完封:1
  • 勝敗:14勝7敗
  • 勝率:.667
  • 投球回:168.1
  • 被本塁打:12
  • 与四球:19
  • 奪三振:106

今回はシーズン14勝をマークした2010年を再現!

球速は作品によってバラバラ。(135〜138)

基本的に過去作を参考にしています。
野手能力はすべてプロスピから。

独断で付けたのは『軽い球』。
プロスピでは『一発』なんだけど、今回は『軽い球』にさせていただきました。

ちなみに、球速が遅いとパワプロだとオートで恐ろしいくらいに打たれます。(手動でも打たれやすい)
コントロールとかがめちゃくちゃ良くても驚くほどに打たれることが多い。
よって、ペナントなどでリアルな数字は出せないと思っておいた方が良いかも。

その分、他の基礎能力や特殊能力を盛っても良いかもしれない。
低め◯』とか『内角攻め』とか。

ちなみに『人気者』は付けておりません。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • 東京ヤクルトスワローズ(2002 -)
タイトル・表彰・記録
  • 最優秀防御率:1回
  • 新人王
  • スピードアップ賞:1回
  • 月間MVP:3回
  • 最優秀バッテリー賞:1回
  • 開幕投手:7回
  • オールスターゲーム出場:2回

『小さな巨人』『カツオ』などと言った愛称で親しまれ、通算7度の開幕投手を務めたヤクルトの左腕エース・石川雅規

石川さんは2001年に自由獲得枠でスワローズに入団。
入団1年目から開幕ローテーション入りを果たし28試合に先発し12勝をマークし、新人王に輝く。

2003年にも12勝、2004年に11勝、2005年に10勝、2006年にも10勝を挙げ、入団から5年連続で二桁勝利を達成。
これはヤクルトでは史上初、セ・リーグでは堀内恒夫・江夏豊に次ぐ3人目の達成だったという。

2008年は2年ぶりに12勝を挙げ、自身6度目となる二桁勝利を達成。
更にここから4年連続で二桁勝利を達成し、最終的に通算11回の二桁勝利を達成している。
また防御率2.62をマークし、自身初の最優秀防御率のタイトルを獲得。

今回は若き頃の石川さんをパワプロ2018で再現!!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2008年
参考データ:プロスピ5決定版、パワプロ2009など
  • 試合:30
  • 防御率:2.68
  • 完投:3
  • 完封:1
  • 勝敗:12勝10敗
  • ホールド:1
  • 勝率:.545
  • 投球回:195
  • 被本塁打:21
  • 与四球:41
  • 奪三振:114

今回は最優秀防御率のタイトルを獲得し、オールスターゲームにも出場した2008年をベースに作っております。

最高球速は過去の作品によって違うんだけど、今回はプロスピの方を参考にしました。

石川選手と言えば"多彩な変化球を投げる"が持ち味だと思うので、4球種にしました。

スロースターター』のみは独断で付けていて、その他はほぼほぼプロスピから。
この年のパワプロは2008年の決定版が発売されていないのでプロスピから拝借したものが多いです。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • 読売ジャイアンツ(2000 - 2009)
  • ニューヨーク・メッツ(2010)
  • ロサンゼルス・エンゼルス(2011 - 2012)
  • ピッツバーグ・パイレーツ(2012)
  • シカゴ・カブス(2013)
  • 横浜DeNAベイスターズ(2014 - 2015)
タイトル・表彰・記録
  • 最優秀防御率:1回
  • 最高勝率:1回
  • 最優秀バッテリー賞:1回
  • ベストナイン:1回
  • 最優秀投手:1回
  • 日本シリーズ優秀選手賞:1回
  • 月間MVP:2回
  • オールスターゲーム出場:1回

かつて巨人の左腕エースとして00年代中期に活躍した高橋尚成

高橋さんは1999年にドラフト1位でジャイアンツに入団。

入団1年目から先発ローテーションの一角として活躍し、初先発・初勝利を達成している。
2000年は防御率3.18、9勝6敗で新人王の候補にも挙がった。

2002年、防御率3.09、10勝4敗をマークし、自身初の二桁勝利を達成。
チームの日本一に大きく貢献した。

その後は怪我などに悩まされ、成績も中々上がらず中継ぎに配置転換されるなどもあったが、
2007年に防御率2.75、14勝4敗と大復活。
オールスターゲームに初選手され、最優秀防御率、最高勝率、最優秀バッテリー賞、ベストナインなどを獲得し、左腕エースと呼ばれるようになる。

2009年、防御率2.94、10勝6敗を記録し、2年ぶりとなる二桁勝利を達成。
オフには海外FA権を行使して、ニューヨーク・メッツへ移籍。

2015年オフに現役引退。


今回はジャイアンツ時代の高橋さんをパワプロ2018で再現。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2007年
参考データ:パワプロ14決定版、プロスピ5
  • 試合:28
  • 防御率:2.75
  • 完投:2
  • 完封:2
  • 勝敗:14勝4敗
  • 勝率:.778
  • 投球回:186.2
  • 被本塁打:21
  • 奪三振:141
  • 与四球:50

今回は、最優秀防御率と最高勝率のタイトルを獲得した2007年がベース。
この頃は毎日のように野球を観てたなぁ…

基礎能力はほぼほぼパワプロとプロスピから。
ただ、コントロールはCまで落としてます。(パワプロだとB)

特殊能力はプロスピから拝借。
勝ち運』は独断で付けさせていただいてます。

変化球はシュートも覚えさせようかどうか迷ったんだけど、結局付けなかったわ。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ