Tag:パワフェス


コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-28



※パスワードはページ最後に掲載

※本記事は4月18日に書かれた記事です。追記箇所があるので再投稿しています。

高い才能とポテンシャルを秘めながらも、
怪我に泣かされて思うような結果を残せずに引退していく選手は多い。

高橋由伸さんや前田智徳さんを筆頭に、
かつてホークスに所属した斉藤和巳さんもその1人でしょう。

スザンヌさんの元夫と言えばピンと来る人もいるんじゃないかな。

実はあのダルビッシュさんが憧れていた選手である。

俺は彼の大ファンでした。
ファンになったのは2003年頃だろうか。
俺がまだ中学生の頃、
たまたまつけたテレビでホークスとロッテの試合を放送していたんです。
その時にマウンドに立っていたのが斉藤和巳さんだったんです。

その投球を見た時に、
俺はかつてない衝撃を覚えたんです。

一球一球にここまで感情が込められる選手がいるのか!

って。
それはもう表現できないほどに気迫に満ちたピッチングだったんです。

そこから1発で大ファンになってしまったんですけど、
実は2006年くらいまでしか活躍できなかったんですよね。。。



🔳どんな選手だったのか

MAX球速152km/hのストレートと落差のある高速フォークを武器としていた本格派投手。

速いストレートとフォークという組み合わせは、
少年野球漫画の主人公では結構多い要素。
H2の国見比呂や、MAJORの茂野吾郎など。


斉藤和巳のエピソードとして切っても切り離せないのが2006年のプレーオフではないでしょうか。

この年は全盛期とも言える活躍を見せ、
最優秀防御率、最多勝、奪三振王、最優秀投手のタイトルを獲得し、投手四冠王を獲得する。

主要タイトルによる投手四冠王は1999年に上原浩治が達成してから約7年ぶりの快挙となった。

またこの年は交流戦の巨人相手に被安打1で準完全試合を達成している。
(牽制でランナーを刺して27人で試合が終了している)

そんな斉藤率いるソフトバンクは、
日本シリーズ出場をかけたプレーオフ・日本ハム戦で敗北。
そのマウンドに立っていた斉藤は9回途中まで無失点の好投を見せるも稲葉篤紀さんの一打でサヨナラ負け。

斉藤は悔しさのあまりにその場で泣き崩れ、
立てなくなるまでに至った。

そこまで勝利への執念は強く、
闘志溢れたピッチングをする投手であった。


🔳パワプロでの能力を考える

斉藤の全盛期は2003年、2005年、2006年辺りでしょうか。

しかしやはり圧倒的な投球を見せていた2006年が妥当ではないでしょうか。


☑️2006年の成績

防御率 1.75(リーグ1位)
勝利数 18 (リーグ1位)
完封数 (リーグ1位)
勝率 .783 (リーグ1位)
投球回 201 (リーグ1位)
与四死球 46
奪三振 205 (リーグ1位)
WHIP 0.96

この数字を見ただけでもバケモノである。
当時は投低打高の時代だったので、
その時代でのこの成績は圧巻だった記憶があります。


☑️パワプロの能力にしてみる

※筆者個人の見解ですので自由にやらせて!

球速 152km/h
コントロール 
スタミナ 

変化球 SFFスライダースローカーブ

スプリット(SFF)に関してですが、
斉藤はフォークもSFFもどちらも投げるんですよね。

ですがスプリットを決め球として使っていたような気がするので今回はSFFを採用。
第2球種としてフォークを採用するのも手でしたけど、
その他にもスライダーやカーブも多投していたのでそちらを採用しました!

あとは特殊能力ですけど、
闘志は必須ですかね。
あとは勝ち運

これらを踏まえて作っていこう!



結果的に完成した選手はこちら!!
ちょっとしょっぱいかな?www

特殊能力にはノビB、奪三振、根性◯、牽制◯を付けました!

牽制◯だけはすげぇ迷ったんですよねw
準完全試合をした時の牽制のイメージが強すぎて付けてしまった。。www

あと今になって思うのが、
尻上がりとか対ピンチを付けても良かったかもしれませんねぇ。
あとキレ◯とか!

まぁでもこの辺が妥当ではないでしょうかね!
結構思った通りに完成したと思います!

SFFはレベル6にまでしたかったんですけど、
変化球ポイントがわずかに足らなくて、
スライダーを3にしました。。


ちなみに顔はこちら!
これは結構似てると思いますよ!!


装備品はこれです。
確か斉藤和巳はリストバンドを着けていなかったような気がします。。

画像を検索しても着けてるのが無かった。
まぁピッチャーでリストバンドを着けてる人って滅多にいないか?!



やはりパワプロで過去の選手なんかを再現するのって楽しいっすよね!

完全に自己満足でしかないけどね!

ていうかゲームなんて全部自己満足の世界だわ!!www


次もなんか作ろうって思ってるんだよね。
やっぱり2000〜2010年くらいまでの選手が作りたいんだよなぁ。

小笠原とか上原とか!!




🔳7/1 追記

てか、自分で記事をチェックしてて思ったのですが、パスワードとパワナンバーを載せてないですやん!!!

本当に申し訳ございません!




コナミデジタルエンタテインメント
2016-12-15

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


「巨人の二塁手と言えば誰?」

と聞かれたら俺は間違いなくこの人を挙げるでしょう。

そう、仁志敏久元選手です。
本当に大好きな選手でした。

俺より前の世代の方は「篠塚さん!」って名前が挙がるでしょうけど、
俺は間違いなく「仁志世代」ですね。

「1番、セカンド、仁志」

当時はこれ以外あり得ないと思ってましたからねww
原さんが監督になってからはこのジンクスは無くなってしまいましたが。。ww

1番仁志、2番二岡or清水の並びは驚異的でしたよねw
そして3番高橋、4番松井と続いていく。。

1番清水も好きだったけどねww

ああ、恐ろしいww


というわけで今回は仁志元選手の現役時代をパワプロで再現してきました!



🔳仁志敏久ってどんな選手?

俺の中で一番印象に残っているのは守備ですね!

広島の菊池とはタイプの異なる守備でしたね。
仁志選手はポジショニングが非常に巧みだったな、という記憶がありますね。
非常に安定感のある守備だったと思います。

あとは打撃力!
今でこそ山田哲人という打てる二塁手がいますが、
当時としては仁志ほど打てる二塁手ってのは少なかった印象があります。
(まぁ横浜のローズはあれだが、、ww)

本塁打20本以上を3回も達成しているんですねー。

更には走力も高く、とてもバランスの取れた選手でした。
(盗塁技術は微妙だったが、2002年には盗塁成功率100%を記録)




🔳いつの仁志が良いだろうか

これは人によって結構意見が分かれると思うんですよ!

2000年と2004年とで!


2つの年の成績を比べてみよう。


2000年
試合135 打率.298 安打163 20本 58点 盗塁11 出塁率.348 OPS.810

2004年
試合137 打率.289 安打176 28本 60点 盗塁3 出塁率.329 OPS.804

これを見て、
俺はやっぱり2000年かなーって思いました。
まずね、2004年は超絶ラ◯ッドボールでしたからねぇ。。
走塁技術も2000年の方がまだ安定していた気がします。
盗塁成功率は最悪でしたけど、
それは2004年も同じww

OPSも2000年の方が上だし、
今回は2000年の仁志選手で行かせていただきます!!



🔳実際に作ってみた!

さ!今回完成した選手はこちら!

弾道:
ミート:(58)
パワー:(74)
走力:(72)
肩力:(49)
守備力:(78)
捕球:(73)
特殊能力:固め打ち、内野安打◯、初級◯、意外性

サブポジ:三塁手

捕球はCでも良かったかな、、、
って今更感じましたけどBでも良いんじゃないかな。

入団当時は三塁手だったので、
一応サブポジを付けました!
ただもっとリアリティを出すなら、
盗塁Fとかも付けるべきだけどめんどくせぇからなぁ。。www

でも過去のパワプロでもこんな感じだったし良いんじゃないかい?!


装備品はこんな感じで、、、



一応パスワードとパワナンバーも載せときます。
良かったら使ってみてにょーーーー!



コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-28


コナミデジタルエンタテインメント
2016-12-15

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-28



※本記事は2/8に投稿された記事です。

多彩なモードがある実況パワフルプロ野球。
その中でもパワプロの醍醐味はやはり自由に選手を育成することができるサクセスモードでしょう!

サクセスモードの遊び方は人によって様々でしょう。
アニメのキャラクターを作ったり、
自分の分身を作ってみたり。

筆者もどれもやりますが、
実在選手実在した選手を再現する遊び方も好きで、
自分がファンだった選手(OB)の全盛期を再現したり、
ってのをよくやるんです。

今回はですね、
少年時代の筆者のヒーローだった高橋由伸元選手の全盛期を再現して行こうかと。





🔲高橋由伸選手の特徴
高橋由伸選手は1997年に巨人に入団し、
2015年に引退するまでの18年間をずっと巨人でプレー。
引退してからは巨人の監督に就任した。

入団時から天才と称され、
入団1年目にして打率.300、19本塁打、75打点を記録。
プロ1年目での打率3割超えは長嶋茂雄以来となる快挙。

しかし1999年以来はケガに悩まされながらも、
巨人の中心選手として活躍。
日本代表として北京オリンピックへも出場した。






🔲1999年か2007年
「高橋由伸の全盛期と言えば?」
と聞かれ、
大半の方は『1999年』と答えるかもしれない。

そのくらいプレーに関しても成績に関してもインパクトが凄かった年であったのは間違いない。


しかし2007年も捨てがたい。

2007年には原監督のもと開幕から1番打者として指名され(当時としては異例だった)、
シーズン初回先頭打者本塁打の日本記録を樹立している。

シーズンの成績を比較してみよう。


1999年
打率.315 打席505 安打140 本塁打34 打点98 出塁率.378 OPS.966

2007年
打率.308 打席590 安打155 本塁打35 打点88 出塁率.404 OPS.982


どちらも甲乙付けがたい成績ですね。
ただケガがあり欠場が多かった1999年のこの成績は凄い。

しかし2007年の成績で注目すべき点はやはり出塁率。
1999年時よりも四球も約2倍に増え、
1番打者として良く機能しているように見えます。(素人目線だけどね。。)

OPSも2007年の方が上だが、
やはり1999年かなぁ。

守備に関しても2007年の方が(若干)上ではあるのですが。



てことでこの年のデータをパワプロ風にしてみました。
※完全なる独断かつ自己満足ですので勘弁。


弾道
ミート
パワー
走力
肩力
守力
捕球

特殊能力 チャンスC、パワーヒッター、広角打法、ケガしにくさG、初球◯


こんな感じかな、、と。
広角打法をつけようかどうか迷ったんですが、
レフト方向への本塁打が結構多いイメージが強かったので思い切って付けました。

パワフェスで作ろうと思うのですが、
果たしてこれに沿って作れるかどうか。。





🔲完成した選手がこちら!

。。。。。。

ごめん、ちょっと言い訳させてくれ!!!



あんな、
筋力ポイントが全然足らんねん。。。



肩をBまで上げてしまうと、
走力がEになってしまうねん。。。。



更に言い訳させてくれ!
筋力ポイントが枯渇する事は始める前から分かってたんですよ!


だからパワーのコツが貰えるキャラのチームを選ぼうとしたら、、、。

出てこない。。

一切!!!


唯一4回戦で帝王が出ただけ。


一 1回戦から酷くてな、

1回戦 聖ジャスミン
2回戦 パワフルズ
3回戦 神楽坂グループ

って、、
これらが1番マシだったチームな。。。

3回戦までキャッチャーすら獲得できなかったしさ。


さすがにここまで運が無いと、、。



次はちゃんと作ります。。




🔳[5/1追記]またつくりました。。

結局あれでは納得いかなかったので、
サクセスの独立リーグ編で作り直させていただきましたwww


しかし、、、
バント◯がついちゃったぁぁぁぁ!
間違えて終盤にキリギリスの特訓を行ってしまいました。。。wwwwww

これのせいで計算が狂い、
送球Bにできず、、、www

でもまぁケガしにくさE盗塁E三振の特殊能力が付けられたし良いかなー、
って思ってます!

独立じゃないとマイナス特殊能力が再現できないからなぁ。

バントだけは目をつむってくださいwww



パスワードとパワナンバーはこちら!
使ってみてねー!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


今回は久々にパワフェスをプレイして行こうと思います!

実在選手を作るシリーズ第4弾となる今回は上原浩治選手

もうめっちゃ大ファン!
上原投手が巨人に入団した時、
俺はちょうど小学5年生くらいでした。

上原投手が投げている試合は実際に観に行ったことがあって、
その年は丁度絶不調だった前年からクローザーとして投げていた年で絶対的守護神だった頃だったんですよね。

皆さん覚えてるかなぁ?w
豊田→上原という継投の流れが大好きだった!

思い出したら泣きそうになってきたわww
坂本がまた19歳だったんだなー、とかwww

当時小学生の頃に俺が見ていた投手が未だに投げてるんすよ?!
これ凄くないっすか?!?!www
あー、あの頃に戻りてぇw

投低打高だった1999年だった当時、
新人ながら防御率2.09、20勝4敗、179奪三振、勝率.833を記録し、
最優秀防御率、最多勝、最多奪三振、最優秀投手賞、新人王、沢村賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞など主要タイトルを総ナメにしました。

新人投手でシーズン20勝は19年ぶりの快挙であり、
この記録は上原以降で達成した者はいない。

日本球界における10年間で、
シーズン10勝以上を5回、
通算WHIPは1.01と驚異的な数字を残している。

一方で怪我に悩まされた選手であり、
それでも歴史的な記録を残した大選手であることには間違いない。



🔳40歳を超えてもメジャーリーグの第1線で活躍

2009年にはFA宣言をしメジャーリーグへ。
ボルチモア・オリオールズへ入団する。
彼は巨人時代から先発としての拘りが非常に強く、
メジャーへ行ってすぐの時もその拘りは強かった。
しかし怪我がキッカケでセットアッパーへと転向。

それからはセットアッパーやクローザーとしての意識も高くなったようで、
それ以降はリリーフ投手に専念するようになる。

2歳となった2017年では強豪カブスへ移籍、 チーム最年長選手となる。
しかし投球技術は衰えるどころか更に磨きが掛かっており、
今でも第一線で活躍し続けている。

この活躍の要因として針の糸をも通すと言われた制球力である。
日本球界での通算与四球率は1.20であり、
投球回1000以上を投げた選手の中では歴代1位の記録である。

その制球力はメジャーへ行っても衰えることはなく、
投球回437回で与四球数はなんと66個!
与四球率は1.35であり、
メジャー平均が3.1〜3.2だということを見ると驚異的な数字だということが分かる。

このレジェンド級の選手をパワプロで再現していく。



🔳パワプロ2016で能力値を考察

※俺個人の見解ですので個人差があると思いますので、そこはご了承を!

一応パワプロ2016では上原選手は『OB枠』として実装されているんですよね。
ただ何故かメジャーでの上原がベースになっているため、巨人時代の能力とはちょい違うんですよね。

だからやはり巨人時代で、もちろん1999年の上原投手を再現して行こうと思います。


☑️目標能力

球速:148〜151km/h
コントロール
スタミナ
変化球:フォーク5、SFF4、カットボール1〜2

特殊能力:ノビB、奪三振、テンポ◯、打たれ強さ、根性◯、低め◯、リリース◯


こんな感じで作りたいな、、
と考えてます。
ルーキーのお守り有りパワフェスで作れるかなぁ。。。

とりあえず作っていきます!



🔳実際に作る

結構高ステータスなので色々とコツが必要ですね。

・鋼+乙女
・友沢+アルヴィン
・パピヨン+神高
・猪狩守+一ノ瀬

この辺りのコンボは確実に狙っていきたいところ。


上原投手のフォームはオーバースロー22でっす!


最初の参加選手の選択。。
んーーーーーー。
微妙。
リセットしたいところですけど、
鋼がいるからなぁ。。

今回は鋼、小平、グラビドン新井、番堂で行こうと思います!
2回戦目でするめ大学が来なかったらリセットします。

はい、出ませんでした。
リセットします。
パワプロの大嫌いなところはこの運要素。


2回目はこの段階でリセット。


3週目は最初に乙女が来るも、
1回戦でラグナロクが来なかったためリセット。

そしてリセット地獄は7回にも渡って続けられた。


そして8回目。
今回は鋼、ゴウ、香本、友沢を選択。
この段階で今回は良いかも?!って思いました。


レジェンズとも戦いましたけど、
とんでもなくギリギリの試合でしたよ。。。
終盤までドキドキが止まりませんでしたwww



さ、、、遂に完成しますヨォ!


つ、、、つぇぇぇwwwwww
俺が考えていた通りの上原投手が完成しました!!!

勝ち運、クイックなども付けさせてもらいました!
実力もそうですが、やはり20勝を達成するには運も必要ですしね。


グラブは黄色い感じのものを使っていた記憶があるんですよね。


パワナンバーはこちら!
ぜひ使ってみてください!

俺のスターチームに入れて使わせていただきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


コナミデジタルエンタテインメント
2016-04-28


みなさん、こんにちは!
結構前になりますけどパワフェスで新チーム『あかつき大付属高校OB』が追加されました。

そこで今回は、
初期ステータス(レベル1)のご紹介をできればと思ったので、
書いて行こうと思います!



🔳一ノ瀬 塔哉
・球速142km/h
・コントロール C(60)
・スタミナ C(65)

・スライダー 2
・カーブ 2
・スクリュー 3
・シュート 1

・調子安定、威圧感

・弾道 3
・ミート E(40)
・パワー D(50)
・走力 C(60)
・肩力 D(59)
・守力 E(40)
・捕球 E(40)


🔳二宮 瑞穂
・弾道 3
・ミート D(50)
・パワー C(65)
・走力 D(50)
・肩力 C(60)
・守力 E(45)
・捕球 F(25)

・キャッチャーE、調子極端、アベレージヒッター、ブロック◯


🔳三本松 一
・弾道 4
・ミート G(10)
・パワー B(70)
・走力 F(30)
・肩力 F(27)
・守力 F(27)
・捕球 F(30)

・パワーヒッター、プルヒッター


🔳四条 賢二
・弾道 2
・ミート F(20)
・パワー E(45)
・走力 C(65)
・肩力 C(65)
・守力 E(45)
・捕球 S(90)

・盗塁C、調子安定、粘り打ち、バント◯


🔳五十嵐 権三
・弾道 4
・ミート G(10)
・パワー A(80)
・走力 G(15)
・肩力 S(90)
・守力 G(15)
・捕球 G(15)

・送球F、三振、逆境◯


🔳六本木 優希
・弾道 2
・ミート E(40)
・パワー F(25)
・走力 D(55)
・肩力 C(65)
・守力 B(70)
・捕球 C(60)

・守備職人


🔳七井 アレフト
・弾道 3
・ミート E(40)
・パワー C(64)
・走力 F(32)
・肩力 F(32)
・守力 F(32)
・捕球 F(37)

・パワーヒッター、広角打法、逆境◯


🔳八嶋 中
・弾道 3
・ミート F(35)
・パワー D(50)
・走力 A(80)
・肩力 C(60)
・守力 E(40)
・捕球 F(20)

・盗塁C、走塁C、内野安打◯、ヘッドスライディング


以上が新キャラ8名の初期ステータスです。
九十九は今回は除外。

それにしても五十嵐がひどい!!!!wwwwww
「火野はエラーしまくりで使えん!!」
とか言ってるレベルの話じゃないぞwwwwww
守備G、捕球Gwwwwwwwww

思わず笑ってしまったのは俺だけじゃないはず。

しかしこう見るとレベルを10にした時のステータスが楽しみですね!

本来のステータスよりかなり上乗せされますから、
一ノ瀬、二宮、六本木、八嶋、四条、七井あたりの成長が楽しみである。


コナミデジタルエンタテインメント
2016-12-15

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ