【イルルカSP】Part.13 「世界の半分をやろう…」ドラクエ1のラスボス『りゅうおう』を生み出せ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どうも俺です!!!!!

今日はね、ストーリーを進めようかなって思ってたんだけど、ちょいとパーティメンバーが足りなくなっちゃって、新たなモンスターを作って行こうかなって思ってるのよ!

そう、今までのレギュラーメンバーだったキラーマシンゴールデンゴーレムを配合してキラーマシン2を生み出しちゃったから、1枠足らなくなっちまったんだよなww

そこで俺が持っているモンスターで生み出せるのを模索してたら、俺は閃いちゃったのよ!!!

アイツが作れるって!!!!!!!

それが…

あのドラクエ1で強烈なセリフを残して多数のプレイヤーにインパクトを与えたラスボス『りゅうおう』を生み出して行こうかなって!!

モンスターズの魅力と言えば、歴代の魔王モンスターを生み出せて、パーティに組み込んで使えるって点なのよね!

それを今回実現するのだ!!!!!!

スポンサーリンク

りゅうおうを生み出そう!

りゅうおうの配合方法

あ、ちなみに今回作るりゅうおうは仮初の姿ね!あの魔法使いみたいな姿。

真化したりゅうおうはMサイズになっちゃうし、ちょいと配合素材を入手できないので、今回は真化前の姿ね!

あんまり強くないんだけどさっww

りゅうおうの配合方法は以下の2パターン。

  • 魔王の使い × グレイトドラゴン
  • 魔王の使い × コアトル

1番目の配合方法はゲームボーイ時代のテリワンと全く同じってところがまたすげぇんだよなww

昔はグレイトドラゴンじゃなくてアンドレアルでも生み出せたんだけど、どうやら今作ではできないっぽいんよな。(試してみた)

そして、今回はあえて2番目のコアトルを使った配合方法を紹介して行こうかなって思ってる!

はざまの世界までストーリーが進んでる人は、そこでグレイトドラゴンがスカウトできるのでそっちの方が楽だけどなっ!!

魔王の使いを生み出す

まずは魔王の使いを生み出そう!!!

こいつはAランクモンスターではあるんだけど、なんと位階配合で生み出すこともできる。

悪魔系モンスターをベースにひたすら配合を続けていれば、進行具合がオアシスの世界でも作れるってわけ!しかも魔王の使いって単体でもめちゃくちゃ強いから、わざわざりゅうおうにしなくてもいい説まである。

ただ、今回はもっと簡単な方法を使って魔王の使いを生み出して行こうぜ!

まずは、クリア後の氷の世界の北の山にいるマムーをスカウトしよう。

こいつは夜にしか出現しないから、イーストリア辺りの宿屋で『休む』を選択して夜にしよう。

ちなみにマムーが出現するのはスマホ版のみ。

このマムーテキトーな悪魔系を組み合わせることで、なんとビックリ!こんなにも簡単に魔王の使いを生み出すことができてしまうのだ!!

すっげぇ簡単でしょ?!www

魔王の使いはシドーなんかを作るのにも必要だったりするから、配合方法を覚えておくと良いかもな!

コアトルを生み出す

続いてはコアトルを生み出す方法を紹介しよう!

まずは、クリア後の氷の世界のまよいの森にいるマンイーターをスカウトしよう。

マンイーターのいる場所は、まよいの森をグルーーーーーーッと回って、空渡りを使った先の毒沼がある場所にいる。

こいつも配合でめちゃくちゃ使い勝手が良いから、可能ならば複数体集めておいた方がいいかもな!

このマンイーターランクの低いテキトーなドラゴン系を掛け合わせると、簡単にコアトルが作れてしまう!

コアトルのバトエンがめちゃくちゃ強かった記憶があるんだよなww懐かしいぃぃ!

その他、マンイーター×ゾンビ系でフラワーゾンビが作れたりと、マンイーターってマジで便利なんよなぁww

りゅうおうが誕生!!!!

てことで、めちゃくちゃ簡単にりゅうおうを生み出すことに成功!!!!!!

こいつにはくりゅうおうってモンスターを掛け合わせると竜王に進化するって感じだね!!

特性は、

  • スタンダードボディ
  • ギロギロ
  • 封じブレイク

の3つ。

+50まで成長させると、

  • ひん死で会心
  • ギラブレイク

が解放されるから、+50まで成長させないとあまり戦力にはならないかなって感じだな!ww

てかさ、作ってみたはいいけど…

やはりこのままだと微妙だよなぁwwwww

これだったら何とかしてはくりゅうおうを作って、竜王にグレードアップした方が良いかもしれんね。ちょっと挑戦してみようかな!

初代ドラクエのラスボスでストーリークリアとか胸熱じゃね?!?!?!

てことで今回は超簡単なりゅうおうの作り方でした!!!!

まぁ正直言って結構使いにくそうな感じがするから、本当にりゅうおうが好きな人は作ってみてはどうだろうかw