【トロフィー】トロコンの歴史 2016〜2017

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どうも俺です!!!!!

気付いている人もいると思うけど、このブログの過去記事(ライブドアブログ時代に書いた記事)を全て消去したんです。

長い期間をかけて書いて来た俺の歴史を消すのには非常が勇気が必要だったよ。。。

その理由としては、引っ越し後の記事が重複コンテンツと見なされて、301リダイレクトという転送機能を使っても改善されなかったってのがあるんよね。

何故か分からんけど、SSL化を進めてないのに正規URLがhttpsの方になってるし…って、こんなことを言っても分からんよなwwやめやめ!!

てことで、このページではブログを通して達成したトロコンの歴史を振り返って行こう。

とりあえず今回は2016年と2017年の特集だ。

スポンサーリンク

2016年

バイオハザード4

●達成日:2016年12月26日

俺が人生で初めてトロコンを達成した………わけではなくて、実はPS3版のバイオ4のトロコンを達成したことがある。

すなわちのトロコンを2回達成している唯一の作品。

プラチナトロフィーは存在せず、トロフィーも全部で12個しか無いんだけど、トロコンはトロコンだからっ!!!!!wwwww

最も苦労して獲得したトロフィーはやはり『A Heart of Steel』。

バイオ4の最高難易度であるProfessionalモードをクリアすると獲得できる唯一のゴールドトロフィー。

苦労したと言っても、コスチュームを全解放し、それをアシュリーに着せることで攻略難易度が格段に下がるというちょっとした小技がある。

隠しコスチュームを纏って無敵となったアシュリーを囮に戦えば超絶楽だが、逆にアシュリーが不在の時の難易度が魔界村さえも超越する。

この辺の小ネタ記事を後々書いてみようかな?

スポンサーリンク

2017年

ウィッチャー3 ワイルドハント

●達成日:2017年1月7日

俺が人生で初めてプラチナトロフィーを獲得した作品。

同時に俺がブログを始めるキッカケとなった作品で、「ただトロコンするだけではつまらない。何かの形で痕跡を書き残したい」ってのが理由だった。

俺の中でこの作品はPS4の作品の中で三本指に入るくらいにハマった作品で、これから先これを超える作品は中々出てこないと思う。

獲得するのに一番苦労したトロフィーは、記憶に残ってる中では『カードコレクター』。

言わずもながら全てのグウェントカードをゲットするというものなんだけど、ストーリーを進めすぎるとそのデータでは2度と入手できないカードや、イベントで正しい分岐を踏まなければ入手できないカードなどがあるのがヤバイ。

それを知ったのは、ストーリーが後半に差し掛かった時だったwwww

その辺の事情もあってか、このゲームを2周半くらいプレイした。ただ、作業的に周回したわけではなくて、分岐するエンディングを全て見たくて自ら2周目をプレイすることを選択したって感じ。

操作に癖があるのと、前作をプレイしていないと中々ストーリーが理解できないため、非常に人を選ぶゲームだなって思うが、俺的には是非とも一度は手に取ってみて欲しい作品だ。

バイオハザード7 レジデントイービル

●達成日:2017年2月9日

ウィッチャー3がブログの起源だとしたら、バイオ7はスタート地点である!

俺がこのブログで書いた初めての記事がバイオ7のトロフィーに関するものだ。既にストーリーなどが終わったあとだったので、書いた記事はほとんどトロフィーに関するもの。

ストーリークリア後にトロフィー関連の記事を書きながらやり込むというスタイルは、昔も今も全く変わっていない。

獲得に最も苦労したトロフィーは『こんな薬信用できない』かな。

なんと回復系アイテムの使用を3回以下に抑えてクリアすることで獲得できるトロフィー。最低難易度でプレイしても獲得できるが、その難易度でも敵の攻撃力が結構高いからめちゃくそ難しい。

ただ、計4回入手機会がある体力上限アップ&体力全回復アイテム『スタビライザー』は使用回数にカウントされない。これを知ってるか知ってないかでは獲得難易度が一気に下がる。

その他、アイテムボックスを一度も開けずにクリアする獲得できるトロフィー『あんな箱信用できない』も苦労した記憶あり。

使い道が無くなっても捨てられないアイテムなどで持ち物が圧迫され、超絶ストイックなアイテム管理をする必要があった。

持ちたいアイテムが持てない"というシステムはかなりのストレスを感じる要素で、このトロフィーは次回作のバイオRE2でも引き継がれている。

ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて

●達成日:2017年8月16日

バイオ7から約半年ぶりにトロコン達成を果たした『ドラクエ11』。これまでに『仁王』や『DQMJ3』などが発売されて熱中していたので、トロコンに頭が回らなかった😱

めちゃくちゃ久々に発売された本作だが、システム自体は古臭いんだけど、それがドラクエの良さとか面白さなんだよね。ストーリーも相変わらず魅力的で、シリーズの中でもトップクラスにハマった作品だ。

このゲームはまた記憶を失くしてプレイしたいレベル。また再プレイしたいね!ブログは書かないけどww

このゲームで獲得に苦労したトロフィーってのはパッと思い浮かばないんだけど、敷いて言うなら『おしゃれマスター』が一番面倒だったような記憶がある。

全てのおしゃれ装備を集めることで獲得できるトロフィーなんだけど、ゲームの攻略には全く関係のない見た目を変えるだけの衣装(確か)なので、スルーしているプレイヤーも結構多いはず。

バイオハザード

●2017年8月30日

ゲームキューブで発売された初代バイオハザードのリメイクをPS4版にHD化した作品。

PS4で再販されるとトロフィー集めという新たな要素が追加されるから、俺みたいな真のバイオファンにはたまらん…🤤(変態)

このゲームのトロコンを難易度は今までの作品とは一線を画していて、心が折れそうになるようなトロフィーがめちゃくちゃ多かった印象ww

記憶に残ってる印象的なトロフィーはやはり『ナイフで十分』。

そう、バイオファンの中ではお馴染みのナイフクリアをテーマにしたトロフィーで、初めてトロフィーリストを見てこれを発見した時、まさに顔面蒼白状態になったよねwww

難易度EASYでも獲得できるんだけど、ナイフの攻撃力が絶望的なので全てのゾンビがタイラント級と化すww一方でタイラントは逆に弱かったというね…

その他、『ゴーストハンター』というトロフィーも頭を抱えさせた。

インビジブル・エネミー・モードでゲームをクリアすると獲得できるトロフィーなのだが、このモードでは全ての敵が消える。

「は?!どゆこと?!?!?!」って思うんだけど、そのまんまよww敵が見えなくなるんだよね😱😱😱😱😱

敵の配置はされてるんだけど目視できなくなる上にオートエイムが発動しなくなる恐ろしいモードだ。

ただ、これをプレイする頃には敵の配置場所って大体頭に入ってるんよなwwwwwwだから、想像していたよりもクリアは簡単だったんだよね。個人的にナイフクリアよりも楽だった。

敵の姿は消えるけど、声とかは聞こえるし、中々面白いモードだった。

ファイナルファンタジーⅦ

●達成日:2017年9月22日

言わずと知れた名作『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル』のHD版。ダウンロード専用ソフト。PS1のソフトが俺が最もやり込んだ作品だろう。

この作品もPS4版のHD化に伴い、32個のトロフィーが追加。倍速モードなども追加されて、より遊びやすくなった。

トロフィー難易度自体は全く高くないんだけど、やり込み系のトロフィーが多いから結構時間が掛かった印象がある。

  • ギルマスター(99,999,999ギルを獲得する)
  • トップレベル(レベル99にする)
  • マスターしょうかん

辺りにかなりの時間を費やした記憶があるんだけど、上記の通り倍速モードが実装されたので思った以上にすんなりと終わった気がする。(感覚麻痺)

内容は25年近く経った今でも最高で、色褪せない普及の名作と言えよう。

ドラゴンクエスト

●達成日:2017年12月13日

ドラクエ11のクリア特典としてPSストアが無料でダウンロードできる初代ドラクエ

7個とわずかな数だけどトロフィーシステムにも対応。

実はドラクエ1をプレイするのは人生初で、やはり色んな面で物足りない部分はあるものの、普通に楽しかったwww

「絶対に序盤で飽きる」なんて思ってたけど、気が付いたら全クリしてたっていうねww

プラチナトロフィーは存在せず、ゲームをクリアするだけでトロコンが達成できる。

強いて言うなら、『せかいのはんぶんなんていらない』というゴールドトロフィーに苦労したかなって感じ!

ラスボスがとにかく強かったのよ!😭何回か負けては宿屋に戻されるってのを繰り返して、心が折れそうになったりしたが、今ではいい思い出だな😁

昨今のドラクエに慣れてしまった今では物足りなさを感じるのは否めないけど、それでもドラクエファンなら是非ともプレイしてみてほしい作品。

ちなみに、ドラクエ11がドラクエ1よりも過去の設定ってところを踏まえるとより楽しめると思うよ!

時系列的に、ドラクエ11→ドラクエ3→ドラクエ1→ドラクエ2

てことで、以上が2016〜2017年にトロコンを達成した作品でした!

やっぱね、数年経ってはいるけど、ブログ執筆を相まって当時の思い出がはっきりと記憶に残ってるわ!

「あー、これには相当苦労したなー」って思い出すことができる存在がトロフィーなのかもしれない。