【遊戯王LotD】パワーでねじ伏せるブルーアイズカオスMAXデッキでストーリー完全攻略!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どうもこんちは!!!🤣

実はわたくし…あのクソゲーと名を馳せた『遊戯王レガシー・オブ・ザ・デュエリスト』を未だに遊んでおります!👻笑

いやさ、やはり俺はカードゲームとしての遊戯王がすごく好きで、シンプルにデュエルがしたいんだけど、俺は遊戯王をやってる友達が1人もいない悲しき人間ので、使ってみたいテーマがある時に本当にちょうどいいゲームなんよね🤣

で!!!

今回は俺がこのゲームのストーリーを全て攻略する上で使用したゴリ押しの超スーパー脳筋デッキというものを紹介したいと思ってワードプレスのアプリを起動中!

俺が遊戯王で最も好きなテーマで、かつ豪快でカッコいい、そしてバカ強いという『ブルーアイズ・カオスMAXデッキ』というものを紹介して行こうと思う!!!

このデッキさ、リアルOCGでも組んでみたいんよねぇ🤣遊戯王友達いないけどさ!!(2回目)

本当に最高のデッキですよ!

スポンサーリンク

カオスMAX超脳筋デッキ

コンセプト

このデッキのコンセプトは、パワーでゴリ押して一瞬で勝利を手にするといういかにも小学生とかが好きそうなもの。

そのコンセプトを現実のものとするのが、【ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン】というチートカードであるww

効果の内容が頭おかしいもんなwwww

  1. このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
  2. このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力を超えた分の倍の数値だけ戦闘ダメージを与える。

要するに、守備力0の守備表示モンスターを攻撃した時点で勝利が確定するというとんでもねぇカードなのである🤮🤮🤮🤮これはマジで吐くww

しかもだ!!

①の効果がまたエグくて、例えば【サンダー・ボルト】とか【聖なるバリアーミラー・フォースー】などの破壊効果を一切受け付けないというとんでもねぇ耐久力も持ち合わせている。

もうバウンスとか除外するしかねぇよな🤣

こいつが場に出たら、相手の顔は真っ青であろう。

何とかこいつを召喚して、一瞬でデュエルを終わらせるというものである。しかも事故もかなり少なく、安定してバカ強いデッキなので、ストーリー攻略に役立ててもらいたいところ。

まぁ、若干ロマンも入ってる部分があるけど🤣

デッキレシピ

  • メイン
    • 青眼の白龍 ×3
    • 青き眼の賢士
    • 白き霊龍
    • 青眼の亜白龍 ×3
    • 太古の白石 ×3
    • 伝説の白石
    • マンジュ・ゴッド ×2
    • ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン ×3
    • カオス・フォーム ×3
    • 高等儀式術 ×2
    • サンダー・ボルト
    • 龍の鏡
    • ドラゴン・目覚めの旋律 ×2
    • トレード・イン ×3
    • ハーピィの羽根箒
    • ビンゴマシーンGO!GO! ×3
    • 闇の護封剣 ×2
    • ライトニング・ストーム
    • 竜の霊廟 ×2
    • 神の宣告 ×2
  • エクストラ
    • 真青眼の究極竜 ×2
    • 青眼の究極竜
    • 青眼の究極亜竜 ×2
    • 青眼の双爆裂龍 ×3
    • 蒼眼の銀龍 ×3
    • 青眼の精霊龍
    • ヴァレルソード・ドラゴン
    • ヴァレルロード・ドラゴン
    • リンクリボー

本当は【復活の福音】とか【灰流うらら】もぶち込みたいんだけど、どのパックから手に入るのか分からなくて、「とりあえずこれで…」みたいな感じ!

回し方など

カオスMAXや儀式魔法をサーチしよう!

このデッキには、カオスMAXを召喚するための術を2パターン用意している。

  1. 【高等儀式術】でデッキから【青眼の白龍】またはレベル8モンスターを捨てて召喚。
  2. 【カオス・フォーム】で手札・フィールドから【青眼の白龍】を除外して召喚。

どちらかと言うと①の方が召喚がしやすいんだけど、やはり2つの召喚方法を取り入れているとより召喚がしやすくなるためどちらも採用してる。

そこで最低でも【高等儀式術】と【カオスMAX】をデッキに加える必要があるのだが、そこで必須になってくるカードが【ビンゴマシーンGO!GO!】【マンジュ・ゴッド】である!

ビンゴマシーンGO!GO!】

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

  1. デッキから以下のカードを合計3枚選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
    • 「ブルーアイズ」モンスター
    • 「ビンゴマシーンGO!GO!」以外の、「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」のカード名が記された魔法・罠カード。

なんとこのカードで、【カオスMAX】と【カオス・フォーム】がサーチが可能!これらだけでなく、【青眼の白龍】と【青眼の亜白龍】もサーチできるから、ブルーアイズデッキでは汎用性が異常なまでに高いのが特徴。

もし、既に手札に儀式魔法が揃ってるならこれでカオスMAXや青眼の白龍をサーチすれば良い。

とにかくこのカードは本当に強い!このカードがこのデッキのキーパーソンになってると言っても過言ではないかな、って感じ。

また、カオスMAXなら【ドラゴン・目覚めの旋律】でもサーチが可能だ!!

  • 手札を捨てて発動できる。攻撃力3000以上で守備力2500以下のドラゴン族モンスターを2体までデッキから手札に加える。

手札を1枚捨てて発動する魔法カードなんだけど、そのコストを【太古の白石】にすればむしろアドというとんでもないカードであるww

もしこれを使ってもカオスMAXを召喚できない場合は、【青眼の白龍】と【青眼の亜白龍】をサーチして、そのままオルタナティブを召喚してしまえば良い。

そして、【カオスMAX】【カオス・フォーム】【高等儀式術】の3種類をサーチできる超万能カードが【マンジュ・ゴッド】!!!

  1. このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

これって結構昔に出たイメージのあるカードだけど、これも強すぎな!!www今でも儀式デッキではやはり必須級になってくるカードなのだろうか?🤔

手札に足りないパーツがあった時にサーチする際に超絶便利。

そして、【高等儀式術】

  • 儀式モンスターの降臨に必要。
    1. レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、デッキから通常モンスターを墓地へ送り、手札からモンスター1体を儀式召喚する。

これもめちゃくちゃ強い儀式魔法カードよな🤣

【カオス・フォーム】と違って、これは手札にカオスMAX、デッキに青眼の白龍があれば召喚できるから、結構お手軽な召喚方法。

もし既にカオスMAXが手札にあるなら、【マンジュ・ゴッド】で【高等儀式術】をサーチすれば召喚が可能。マジで強すぎ。

しかもこのデッキでは、青眼の白龍を墓地に落とすことがアドになるから、デメリットが無いんよね。

これらの方法を用いて、なんとか短時間でカオスMAXを召喚するって感じである。

  • このカードは発動後、2回目の自分のスタンバイフェイズに破壊される。
    1. このカードの発動時の効果処理として、相手フィールドに表側表示モンスターが存在する場合、そのモンスターを全て裏側守備表示にする。
    2. このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターは表示形式を変更できない。

また、【闇の護封剣】もカオスMAXではめちゃくちゃ相性が良くてビビる!カオスMAXのために生まれてきたカードではなかろうかってくらいに!🤣

俺が高校生くらいの時なんて「こんなカード何に使うねん」みたいな感じでバカにしてたくらいだからな🤣ごめんな、闇の護封剣…。

最初は1枚だけ入れてたんだけど、今はデッキに2枚入れてる。カオスMAXをサポートする以外にも、相手がモンスターを場に展開しまくった時に止めて、その間にカオスMAXを召喚したり…などとこのデッキではめちゃくちゃ使い勝手が良い印象。

もっと良いカードがあるかもしれんけど、ニワカだから詳しくないのよ🤣

第二の切り札は"青眼の究極竜"

カオスMAXなどが全て除外されたりなどして打つ手が無くなることも稀にあることだろう。

そんな時のために、このデッキには第二の切り札を仕込んである。まぁこれはロマン要素と言ってもいいけども🤣

それが3種類の【青眼の究極竜】である!!

遊戯王の醍醐味と言ったら、俺的にはやはり究極竜の召喚ですわよ!!本当にかっこいい!

まぁ通常の究極竜を召喚することは99%無いんだけど、特に【真青眼の究極竜】は召喚頻度がすこずる高い!

効果がものすごくて、こいつがフィニッシャーの役割を狙えることもあると思う。その時の効果の弾として通常究極竜は使うことになろう🤣

【青眼の究極亜竜】はデザインがめちゃくちゃかっこいいんだけど、召喚条件の割にはそこまで強い効果ではないのかな〜って印象。

オルタナティブと違ってモンスター以外も破壊できるってのはかなりの強みだけど、恐らく真の方が使いやすいかなって思う。

俺のこのデッキ構築だとブルーアイズが墓地に溜まる可能性がかなり高いから【融合】ではなく、【龍の鏡】を採用。

墓地に落ちた【青眼の白龍】と【青眼の亜白龍】を素材にして、究極竜を召喚するのがこのデッキと1番相性の良い方法だと言えよう!

ブルーアイズシンクロも展開できる!

また、このデッキにはチューナーが5枚投入されているため、シンクロ召喚との相性もめちゃくちゃ良い。

前述したように、このデッキでは青眼の白龍を墓地に落とす機会が多いので、【蒼眼の銀龍】の蘇生効果との相性も抜群なのである!

蒼眼の効果でよく蘇生することが多いのは【白き霊龍】なんだけど、蘇生でも魔法・罠カードを除外できる効果は本当に便利で重宝してる。

で、蘇生した【白き霊龍】は【青眼の白龍】を手札から召喚するためのコストにしたり、【カオス・フォーム】でのコストして墓地に送ってまた蘇生みたいな戦法を繰り返すことができるので本当に強い。

ただ、それでも【白き霊龍】はデッキに1枚で十分かなって感じね!!

まとめ

以上が俺が遊戯王LotDのストーリー攻略に使用していたデッキである。

このデッキは、ブースターパック『海馬瀬人』を購入すれば大体のパーツが揃うから、買いまくって組んでみてはどうだろうか!!