【日記】DeAGOSTINIの『週刊ゴジラをつくる』に挑戦!第4話 左メインフレーム下の作成!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

よぉぉぉぉぉっす!!!!!

珍しく単発スパンでの更新になりまんな!!!wwそう、ゴジラを作るシリーズPart.4でございます!!!!

この4号なんだけど、今までに比べて箱が薄いww今までの1/3くらいの薄さじゃなかろうか!

てことはだ、今まで続いてきた外皮系の付録が付いてねぇってことだと思いますよ!!!!!!

とても地味な工作になりそうですわww

ブログ自体も内容が薄めになりそうだから、このページはお昼の部に公開だな!!!

スポンサーリンク

雑誌

  • 本編撮影現場
  • ゴジラ VS 自衛隊
  • ゴジラ 誕生の秘密②

今回はこの3つの内容が雑誌に書かれております!

ゴジラ誕生の秘密は、第3号に書かれていた内容の続きだね!前回ね、この部分がめちゃくちゃ面白かったんだよね!

そして今回俺が興味を惹かれたのが『本編撮影現場』である!!

ここには約60年前の当時の撮影現場の写真と説明文が掲載されている!

初代ゴジラに出演していた俳優さんたちの撮影の様子が写真で見ることができる。当然のことながらモノクロ写真であり、時代を感じられるページになってるね!

ゴジラVS自衛隊』の項目では、劇中に登場していない戦車の写真など貴重な資料がたくさん載ってたわ。これはゴジラファンにはたまらない雑誌になってると思うよ!!

雑誌がオマケと思われそうだけどあくまでメインはこっちで、たった数ページだけど読み応えのある内容なんだよな!

スポンサーリンク

制作

そして、お前たちが最も興味のある制作部分だけど、今回の部品はこれだけwwwwwそりゃ薄いわけだよなぁww

3号の次号予告の写真を見た時に、「こりゃ地味な工作になりそうだな…」なんて思ってたんだよなぁ!!wwwww

しかし、これで約1800円は少し高杉晋作だな!

いいか、創刊号だけは500円くらいだけど、2号以降は1800円以上するから気を付けろよ!!

タモリ倶楽部でデアゴスティーニの特集をやっていた時、創刊号は毎回大赤字だって広報スタッフが言ってたな!

今回付属されていたパーツはこちら!!

  • 左メインフレーム下
  • ピボット
  • ピボットカラー ×2
  • M3×10mmタッピングネジ ×2
  • M3×18mmタッピングネジ ×2

ピボットってなんねんwwwww人生で初めて聞いた単語だよww画像の右下に写ってるH型のプラスチック部品がピボットっていうらしいよ。

ファイアーエムブレムとかに出てきそうなキャラの名前かと思ったよ。

ちなみにこのパーツは左腰部分らしいよ!この工程で作成したものが今後どう組み上がるのが楽しみね!

まずは、左メインフレーム下ってのにピボットを接続する。マジで文章に表すと何言ってるか分からんなwwww

フレームとピボットは10mmネジで固定する。ねじ穴が3つ連なってるんだけど、内側にネジを入れるようでございます。

ここは間違いやすいであろう要チェックポイントですな!!!!

ピボットは突起が短い方をメインフレームに接続する。

ここも間違いやすそうな要注意ポイントっすな!!!!

メインフレームとピボットの固定が可能!ねじ穴が狭いんだかどうか分からんけど、めちゃくちゃ硬くてネジを締めるのに苦労したわよww

力が無い人は手にマメが出来ることであろう。

続いて、ピポットの穴にピボットカラーを嵌めて、18mmネジで固定する。

でな、このネジは完全に締め切らないで、7mmほど飛び出た状態で締めるのをやめろってよ。

7mmって中々判断しにくい長さだが、まぁ程よく飛び出ていれば良いってことだろ!!!

ネジなんだからいくらでも修正は効くさ!!!

てことで、今回完成したものがこちらwwww

なんなのこれwwww

なんかさ、ガンダムのプラモデルでこういう別途パーツが売ってたよな!!!!ガンダムが飛んでるように飾るベースみたいなやつよ!!!!

それに似てるわwww

まぁこれが後々ゴジラの重要な骨格になるんだろうね!最終的にどんな感じになるのか想像もつかんな…。

てことで今回はこれにて終了ですwいやー、楽で良かったぜ🤪

次号では外皮パーツが付属されてるっぽいから、多少はゴジラを作ってる感じになるかもなww