【パワプロ2018】再現選手 – 2002 佐々木主浩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • 横浜ベイスターズ(1990 – 1999)
  • シアトル・マリナーズ(2000 – 2003)
  • 横浜ベイスターズ(2004 – 2005)

選手の特徴

"大魔神"の愛称で親しまれた日本を代表するクローザー。
 
日米通算381セーブを記録し、日本では252セーブ、メジャーでは129セーブを記録。
 
日本では12年間のプレーで野球殿堂入りを果たしており、セーブ数で殿堂入りを果たした選手は史上初。
 
メジャー在籍期間は4年。
1999年にFA権を取得し、シアトル・マリナーズへ移籍。
 
移籍1年目からクローザー争いを制し、63試合に出場。
防御率3.16、37セーブをマークする活躍を見せ、新人王を獲得。
 
2001年はリーグ2位となる45セーブをマークし、惜しくも最多セーブのタイトルを逃した。(1位はマリアノ・リベラの50セーブ)
WHIPはメジャーキャリアハイの0.89をマーク。
 
2002年は防御率2.52、37セーブを挙げる。
6月26日にはメジャー史上最速で通算100セーブを達成。
 
2003年は中々調子が上がらず、リリーフとしての登板が多くなり、同年に退団。
翌年には古巣ベイスターズに復帰する。
 
 
スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:2002年
  • 試合:61
  • 防御率:2.52
  • 投球回:60.2
  • 勝敗:4勝5敗
  • セーブ:37
  • 被本塁打:6
  • 与四球:20
  • 奪三振:73
  • 被打率:.201
  • 対左被打率:.207
  • 対右被打率:.194
  • 得点圏被打率:.174
  • K/BB:3.65
  • 球種:フォーシーム、フォーク、カーブ

補足

かつてはベイスターズ時代をベースに作成したけど、今回はマリナーズ時代っす。
防御率でメジャーキャリアハイの成績を残した2002年をベースに作成。
 
 
ただ、日本時代のと比べるとかなり弱体化しているが。
 
フォークは『Hフォーク』としてオリジナル変化球で再現。
球速ランクを1、キレを2、重さを1ずつ上げてます。
 
選手完成時までは『四球』を付けてたんだけど、最後の最後で外しましたw
でもやっぱあっても良かったかなぁ。
与四球率がそこそこ高いシーズンなんだよね。
 
 
スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender