Category:💿ポケットモンスター > ポケモンカードGB


チュートリアルをクリアしたので、
胡散臭い博士からデッキを貰えることになりました!

この3つの中から1つを選びます。
そりゃあ、
ヒトカゲととともだちデッキにしますよ!!

俺は炎タイプが好きなのだ。



早速デッキを確認してみる!
デッキは最大60枚!
最初からリザードンが入ってますね!

HP120で、
ほのおのうずの威力が100!wwww
しかし炎エネルギーカードが4枚も必要だという鬼畜っぷりである。
しかも発動には炎エネルギーを2枚捨てなければいけないのだ!

威力は低いが出しやすい、
威力は高いが出しにくい。
上手く出来たゲームだ。


だから場合によってはリザードの方が使いやすい!
って場面も結構出てくる。


ピッピカチュウも入ってました!
デブだけど可愛いwwww

ヒトカゲとともだちデッキに入っていたカードは以下の通り。

・炎エネルギー ×10
・雷エネルギー ×8
・闘エネルギー ×6
・ヒトカゲ ×2
・リザード ×1
・リザードン ×1
・ガーディ ×2
・ウィンディ ×1
・ポニータ ×2
・ブーバー ×1
・ピカチュウ ×2
・ライチュウ ×1
・コイル ×2
・レアコイル ×1
・サンダー ×1
・ディグダ ×2
・ダグトリオ ×1
・ワンリキー ×1
・ゴーリキー ×1
・コラッタ ×2
・ラッタ ×1
・ニャース ×1
・オーキドはかせ ×1
・マサキ ×2
・ポケモンいれかえ ×1
・パソコン通信 ×1
・プラスパワー ×1
・きずぐすり ×2
・なんでもなおし ×2

てな感じた。

ブーバーなんかは結構使いやすそうだ。


サンダーも入ってたけどクッソ重いじゃねぇかwwww
これなんで電気カードが入ってるんだろう?
って思ったんだけど、
炎主体デッキだから水対策するためにってことか。


マサキのカードは超強カード!
このカードゲームはいかに山札からカードをドローするかが重要になってくるからね!

ではテキトーに対戦してみようか!


そこら中にいるプレイヤーとの勝負に勝つことで、
報酬としてカードパックが貰えます。
これでどんどんデッキを強化していくのである。

こいつはエネルギーカードが入ったパックをくれるみたい。
そうそう、エネルギーカードもめっちゃ重要ですからね!

エネルギーカードが枯渇してしまったら負け確定ですから、
なるべく多くデッキに入れたいところ。


とりあえず楽勝勝利!
拡張パック第1弾をゲットだ!
まぁ中身はエネルギーだけって言ってたからな。。


炎エネルギーカードが2枚も入ってましたぜぇ!
やったねww



今のままじゃデッキが弱いので、
テキトーに戦ってカードを集めよう。
やはり草エリアだろう!wwww


まずはこのなんとも斬新な格好のアヤコさんとバトルです。


エネルギーカードが1枚も来ないんですけど。。。
なにこれ。。
攻撃ができない。


なんとエネルギーカードが1枚も来ないまま2体殺されました。
なにこのクソゲー。。


手も足も出ないまま敗北wwww
なんと反撃できたのは3匹目を殺された後でした。


2回戦目。
今度はたねポケモンが1匹しか来ず、
モンスター不足で敗北。













お疲れ様でしタァ!




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


いやー、懐かしいなぁww
こんにちは、皆さん。

皆さんってポケモンカードって知ってます?
このブログを読んでいる層の方ってあんまりポケモンに興味はないかもしれませんけど、
俺が小学生の頃にアホみたいに流行ったんですよねー。

当時は遊戯王カードが全盛期でその影に隠れていたんですけど、
ポケモンカードも実は戦略性が高くて凄く面白いんですよね!

最近たまたまVCのカタログを眺めていたら見つけてしまったんですねーww
ポケモンカードGB』を!

これはねー、
ポケモンカードをそのままゲームにしたってやつですよ!
結構楽しいんだよなぁ。
ハマったらもう抜け出すことができないほどに中毒性があるゲームです。

カードゲームって大体そうだけどね!

ポケモンカードってルールが結構複雑で、
当時俺はこのゲームでルールを初めて知ったんですよ!

今回は少しだけこのゲームに触れてみようと思います。
いやー、懐かしいなぁw


名前なんかもうテキトーだよね。
そしてなんともシュールなナレーション。
「ジャギはポケモンがだいすきです!」


どうやら伝説のポケモンカードを4枚集める旅らしいよ。
よく分からんけどもwwww


昔のゲームですけど、
ちゃんと最初にチュートリアルがあります。
ルールの説明も交えてプレイをして行きましょう!


、山札(デッキ)からガードを7枚引く

、たねポケモンを場に出す。

たねポケモンというのは未進化のポケモンのことを言います。
今の手札から言うと『トサキント』と『ヒトデマン』です。
手札には『アズマオウ』もありますが、
これはこのままでは場に出すことはできません。


まずはトサキントを場に出します。
最初に出したモンスターカードが戦闘で使われます。

たねポケモンが手札に無い場合は、
デッキをシャッフルしてたねポケモンが出るまで繰り返す。

この絵なつかしいなぁ、おいww
持ってましたよーww
初代のカードは全種類持っていたかもしれない。
親にひたすらねだったものだ。


、ベンチにたねポケモンを出す

ベンチ、いわゆる控えポケモンとして最大5匹までセットすることができます。
これは1ターンのうちに何匹でも出すことが可能。

出すポケモンがいなくなったらBボタンで終了。


、次にサイドカードを2枚セットします

ゲーム中で勝手にやってくれます。
これは恐らくデッキから引いてセットしている。


、コインを投げて先行後攻を決める

これが終わるとバトルがスタートします。


今回は俺が先行。
デッキからカードを1枚引きます。
水エネルギー』ガードを引きました。
このカードのデザインが懐かしすぎて泣きそうwwww


これが戦闘画面でございます。

「こういうふうにやるんですよー」
てな感じで教えてくれます。


まずは攻撃をしていこうと思います。
トサキントが使える技は「つのでつく」。
これを発動するにはエネルギーカードが必要です。

左に水のマークが1つ付いていますが、
これは水エネルギーを1つ装備した状態で使うことができますよ、
ってこと。

ですので先ほど引いた水エネルギーをトサキントに装備します。


このように水エネルギーを着けます。
ちなみにエネルギーカードは1ターンに1個しか付けることができません。

大技を使うには多くのエネルギーカードが必要になります。

さ、早速攻撃しましょう!


ワンリキーにダメージ10が入りました。
ダメージ10=◯1つ
となっています。

攻撃が終わると自動的に相手のターンに移ります。

攻防はこんな感じの流れ。


次は「トサキント」を「アズマオウ」に進化させます。


手札のアズマオウを選択し、
場に出ているトサキントに重ねることで進化させることが可能!


進化をするとHPが増え、
使える技もターンに増えました。

ここで「たきのぼり」を発動したいのですが、
発動には水とノーマルエネルギーが必要となります。

ノーマルエネルギーは何のエネルギーを乗せても対応しますので、
水と、何でもいいからとにかくエネルギーを装備すれば「たきのぼり」を発動することができます


今回は超エネルギーカードをアズマオウにセット。
これでたきのぼりが使用可能に!
30もダメージが入ります!


またエネルギーカードは控えモンスターにも装備することができます。

控えモンスターがすぐに行動できるように今のうちにエネルギーカードを蓄積させておこう。


相手のモンスターを倒すことで、
先ほどセットしたサイドカードを1枚引くことができます。

このサイドカードを全て取り終えるとこちらの勝利!
要するに今回はモンスターを2体倒せばクリアということだ。

もしくはサイドカードが残っていても、
相手の控えモンスターが0になれば勝利もいうこと!


チュートリアルなので勝って当たり前ですが勝ちました!!!!wwww
プラチナトロフィーゲットだぜ!

以上がポケモンカードでの勝負の流れですね。
結構奥深いし、よく出来てますよねw



《後編》へ続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ