Category:⚾️実況パワフルプロ野球/プロ野球スピリッツ > 実況パワフルプロ野球 '99開幕版


どうも、俺です!!!



FullSizeRender
前回、およそ20年ぶりにパワプロ99開幕版を起動してみたのだが、選手データを確認するだけで第1回のプレイ記録が終わってしまうというwwww

本当はサクセスまでやりたかったんだけど無理だったww



FullSizeRender
てことで今回はサクセスをやっぞ!!!

どんな内容なのか全く覚えてないんよなwww

前回言ったんだけど、これをリアルタイムでプレイしてた時ってめちゃくちゃガキンチョで、サクセスが難しくてクリアできなかったんだよなww
だから、専ら友達と対戦するか、ペナントで遊んでた!

サクセスを本気でやり始めたのは2002春とかの辺りだと思う。

だから99開幕版のサクセスはほぼ初見だわ!
もしかしたら、昔ガラケーでやってたかもしれんけどな!
ガラケーでは月額300円くらいで色んな種類のサクセスで遊ぶサービスが配信されてたんだよね!
それを延々とやっていた記憶があるわww



FullSizeRender
シナリオは(株)パワフル物産で!!
てか、これしか選べない。
シナリオをクリアしていくことで、新たなシナリオが解禁されると言った感じだ。




FullSizeRender
名前は"ジロー"www
ちなみに右投左打の外野手です。
イチローさんを目指す』という意思表示ね!😎
多分無理だろうww
当時のパワプロはオールAどころか、オールBの敷居も高かった記憶があるくらいだww

ちなみにこの時代ではまだ『振り子打法』が無いので『スタンダード』にしておく。
ちなみに『オープンスタンス』も無いww



FullSizeRender
主人公は、プロを目指して大学まで野球を続けてきたが、結局ドラフト指名されず社会人野球に入るところから始まる。
そこからプロを目指すのが今回の目的だ。



FullSizeRender
そして主人公は、出勤初日から寝坊をする大バカ者であるwwww
普通は緊張して眠れないものだが…

このふざけた性格って時点でプロへの道は詰まれているようなものだが、あの松井秀喜氏は遅刻魔で有名であった。
要はプロ野球選手になるにはセンスと努力があれば良いってことだww



FullSizeRender
そして、相変わらずこのメガネも登場www

そう、矢部くんである!
いや、矢部くんでやんす!!

ちなみに矢部はプロには全く興味がなく、ここしか就職できなかったという話だww
どんだけひどい会社なのだww
まぁパワフル物産っていうふざけた名前だしな……。



FullSizeRender
おおおお、始まった!
ってこの画面なっつwwwww
プレステのサクセスって全部こんな感じだったはず!!!

そしてこのハゲがパワフル物産の社長兼野球部の監督、大和球吉
"たまきち"って読むのかな??ww
ひでぇ名前だよ。
猫とかにもこんな名前つけないよwww



FullSizeRender
てかよ!!!!

初期能力が高くないか?!?!

E以下の能力が1つもないぞ!!!!!
おまけにDが2つ……。
まさかいきなり天才を引き当てた?!www

ちょいと能力を細かく見てみよう。



FullSizeRender
えええっ!!!

センス◯』が付いとるやんけ!!!

これは昔のパワプロでは超強力な特殊能力だ!
オールAの選手を作る際にはこれが欠かせない!!
ただ、『虫歯』と『ムダ遣い』というマイナス特殊能力も付いとるな…。

あーー、でも確かに昔のパワプロって、『センス◯』が付いてる代わりにマイナス特殊能力が付いてるって要素があったような気がするなぁ…!
でも治療が早いこと終われば、強い選手が作れるかもしれんなww


FullSizeRender
ああ、そうか!!!!
パワプロ物産のキャプテンは嶋田なのか!
今の若いパワプロプレイヤーも嶋田は知ってるだろ?!

そるにしてと、さすがはサラリーマンって感じに整えられた髪型www
でもさすがにワックスを使いすぎじゃないか?!?!w



FullSizeRender
とりあえず1ターン目に病院へ行き、虫歯を治療!!
幸運にも1発で治ってしまったww



FullSizeRender
ちなみにこのサクセスモードでは、『仕事』というノルマを課せられるようだ。

恐らくなんだけど、仕事をキッチリこなすことで昇進し、給料がたくさん貰えるようになるのではないだろうか。
それで良い野球道具を買ったりしてな!



FullSizeRender
そして、このおばさんお姉さんが嵐山美鈴先輩だ。
これも最近のパワプロで登場しているからみんなもご存知であろう!!
恐らくマネージャー的な立ち位置でもあるだろうから、好感度は上げておくべきだろう!



FullSizeRender
FullSizeRender
おおお、猪狩守もいるのか!!!
どうやら美鈴さんとデートした後のようでございます。

どういう関係なの……(・∀・)
って思ったら、猪狩が一方的にアプローチをかけているだけみたい。
自慢たらしくてムカつくとか言ってたからなww



FullSizeRender
って、ええええええええwwwww

ダイジョーブ博士がまさかの登場www

なんという奇跡でしょうww



FullSizeRender
こんなもん行くしかないだろwwww

俺が今失うものはないっ!!!!!




FullSizeRender
あああああああああああああああ

オールAへの夢はアッサリと散っていった…

てのは冗談で、実はセーブデータのバックアップを取ってありましゅーー!!🤩

てことで気を取り直して、セーブをした場所からやろうw



FullSizeRender
ちなみに俺の記憶だと、まずランニングとかストレッチをしてタフさを上げた方が良いんだよな!

タフさを上げるとケガ率が下がったような気がする。



FullSizeRender
ちなみに練習をしていると、勝手にステータスが上昇することがある。

そう、実は今作では自ら自由に能力値を上げることができないようなのだ。
確かに昔のパワプロってそんな感じだった気がするわww
よって、経験値が溜まっていくと勝手にCPUがステータスをアップしてくれる。
てことは、自分が思い描いた選手は作れないということだね。

今のパワプロに慣れてしまった世代にはビックリの要素だろう!



FullSizeRender
ってちょい待てぇぇぇwwww
またもやダイジョーブ博士が登場ww
お前出すぎぃぃぃ!!!

でももう一度改造手術にトライするっしょwww






FullSizeRender
成功したっぽいぞwwwwww

ちなみに成功率は40%のようなので、そこまで低いってわけでもない。




FullSizeRender
って、すっげぇぇぇぇwwww

パワーが15、走力が1、肩力が2もアップ!!!!!!!

これはすげぇぜ…
しかも昔のパワプロだとダイジョーブ博士って何度も出現したような記憶があるねw



FullSizeRender
ちなみに昔は恒例であった猪狩との直接対決を楽しむことができた。
ここで野球部分を少しかじることができる。

それにしてもガタガタのグラフィックだなww
昔は綺麗に感じたものだけどな…。

…が、クッソむずいwww

ミートカーソルを合わせるがクソ難しい!!

今と違ってロックオン機能はオフになっており、かつミートカーソルの移動がめちゃくちゃ遅いので変化球に対応できないのだ!
ここはもうストレートに一点絞りよ!!



FullSizeRender
ストレートだけに狙いを絞ると意外と打てるんよなwww
ちなみに昔のパワプロはミート打ちでもホームランが結構出る!

ただ3ランを含む4打点もあげて負けるとか酷いチームだよwww



 
FullSizeRender
そんなこんなで運命のドラフトの日…





FullSizeRender
ムズすぎ草wwwww

なんとプロ入りは叶わずwwww
そう、これが昔のパワプロwww

てかな、ダイジョーブ手術に成功した後が不運続きで、不眠症が2ヶ月間治らなかったり、そのせいで仕事のノルマが達成できなかったりというマジでクソゲーが展開してたからな!!!



FullSizeRender
しかも、試合は7回から自操作になるため、テンポもプレイ時間も非常に長くなる。

2時間くらいプレイしてコレであるwwww

そりゃガキンチョではクリア不可ですわww
慣れもあるんだろうけどな!

てことでこのゲームをプレイすることは二度とないでしょう!!!!!!(断言)


まぁまた別のパワプロをプレイすることがあったら、またブログを書くと思うわ!
一応、プレステ2のパワプロとかは全部持ってるからよww

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

皆さま、こんにちは!!

皆さんはこのゲームをプレイしたことがあるだろうか?!?!


FullSizeRender
実況パワフルプロ野球 '99開幕版』でございます!!!!!
いやー、懐かしいwww
実家から持ってきたわwwwwww

なんとこれは今から約20年前に初代プレイステーションから発売されたパワプロシリーズでございます!!!

この頃って、上原投手や松坂投手が入団した年で、パワプロも超人気だったww
俺の周りの友達はみんなプレイしてたもんな!

当時、このパワプロを親父が買ってきたのを借りて、ずーーーーーっと遊んでたんだよな。
この頃はサクセスよりも対戦に没頭してたんよね。
サクセスは当時の俺にしたら難しかったんだよね!
今やってもかなり難しいと思うよwww

今回はそんな懐かしのパワプロ99開幕版を、何回かに分けてブログで紹介して行きたいと思うぞ!!!




FullSizeRender
うっわ!!!!!wwww
この絵描き歌的なムービーがクッソ懐いwww

これはダイヤモンドヘッドと言って、かつてコナミ内に存在したプロダクションの名称。
後にパワプロプロダクションになって、近年無くなったもの。

このムービーって、PS2のパワプロくらいまでは恒例で流れてたよなww
陽気な音楽と共に!ww




FullSizeRender
FullSizeRender
​これがメニュー画面!!
今と比べるとめちゃくちゃシンプルよねww

対戦、ペナント、サクセス、リーグ、アレンジ、シナリオ、データあれこれ、ホームラン競争、キャンプ、公式戦記録、サウンドの11つのコンテンツがある。

今でも馴染みのあるものや、既に存在しない『ホームラン競争』などもこの頃ではお決まりのモードだった。
このホームラン競争をベースにしたアドベンチャーゲームみたいなものもかつてはあったんよね。
確かパワプロ8〜9とかその辺だったはず。

『シナリオ』は今で言うLIVEシナリオ的なやつね。
かつては『ホームラン競争』とか『シナリオ』をやっていかないとOB選手が解禁されなかったんだよね!

PS2だとホームラン競争で連続100本を打つと全てのOB選手が解禁されたから、最初はひたすらにホームラン競争で遊んでたよww



さぁ、パワプロと言ったらまずは収録選手データだろう!!!!!



FullSizeRender
だが…
昔のパワプロではデフォルトの選手データを見ることができないのであるwww
アレンジモードを使えば基礎能力は分かるんだけど、特殊能力が分からないのである!!

ただ!!!
選手能力を見る裏技ってのが1つだけ存在する!!!!
それが昔のゲーマーだったら誰もが知っているコナミコマンドである!!!

同社のゲームである、ときメモやグラディウスで使える共通の裏技コマンドがパワプロでも使用可能なのでございます!
これをパワプロで使用すると、収録選手のデータを確認することができる。



FullSizeRender
データあれこれ』→『サクセス選手見る・消す・パスワード表示』と進む。



FullSizeRender
このコマンドが出たら、
↑↑↓↓←→←→スタート』と入力すると…



FullSizeRender
選手能力を隅々まで確認することができるのだ!!!!!!

これで、99開幕版の選手データをお前らにも提供できるな!!!ww
気になったピックアップして行くぞ!!

ちなみに99年開幕版なので、98年の成績も半分反映されている。
よって、ベイスターズのマシンガン打線絶頂期というわけだwww
ベイスターズがめっっちゃ強いwwww

まず、この頃は斎藤隆さんがエースで、能力もめちゃ高いけど、得能ゼロって!ww
せめて何か付けてやってよぉ!!!!!
ちなみにこの頃の斎藤さんは先発投手として全盛期と言ってもいいほどの成績を残していた。



FullSizeRender
これが若かりし頃の番長・三浦大輔さんの能力だ!
この頃はまだ26歳とかそのくらいじゃないか?!www
既にプロ入り8年目だからルーキーではないのだが、98年に2年連続で二桁勝利を達成した。


FullSizeRender
大魔神つぇぇぇぇww

そういえば、98年は抑えとしてMVPに輝いたスーパーピッチャーだな。
しかも4年連続セーブ王かつ防御率は0.64ww
そりゃ『威圧感』が付くわけだ!!

ちなみに佐々木さんは2000年にメジャーへ移籍してるから、99決定版からしばらく収録されていない。



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
そして、これがマシンガン打線の中軸を担っていた打者たちを一部抜粋wwww

強すぎて引くだろwww

Aのバーゲンセールだよwww
今のパワプロでは中々見ることができないのではなかろうかwww

ちなみに鈴木尚典さんは98年に首位打者を獲得している。
そして、守備力が結構高めに設定されている気がする。
肩力・守備力はEってイメージが……ww




FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ドラゴンズは前年リーグ2位だったこともあり、投手陣がめちゃくちゃ強い!!!

川上憲伸さんは入団2年目で、前年は高橋由伸さんと新人王を競り合ったことで有名だ。
しかし、99年は打ち込まれる場面が多く、能力が下げられてるっぽい。

ただ、98〜01年にかけてのエースはやはり野口茂樹さんでしょうな!
98年は最優秀防御率を獲得し、99年には19勝を挙げる大活躍をしている。

山本昌さんも能力が高くて驚いた!
97年に18勝を挙げて最多勝を獲得しているが、98年は防御率3.66で二桁勝利を逃している。

しかし、こう見るとこの当時の中日の先発三本柱はヤバイなwww
この投手力を上回るマシンガン打線www



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ドラゴンズの野手陣ではなんと新人の福留孝介選手がっ!www
未だに現役ってのがすごすぎ!!!
この頃はメインポジションが遊撃手で、三塁手も守っていた。
本格的に外野手に転向したのは2002年。
そこから守備が開花したと言われている。
ちなみに、入団1年目のルーキーとしてはかなりの高能力よな。

そして当時のドラゴンズの主砲だったレオ・ゴメスがクソ懐いwww
入団してから数年は結構活躍していたイメージ!
しかし、ブランコとかと比べると微妙なところかw




FullSizeRender
ジャイアンツの投手陣は、ベイスターズ・ドラゴンズと比べると1ランク下がるかなってイメージ。

長年ジャイアンツの先発の要だった斎藤雅樹さんや槙原寛己さんが落ち目になっていた頃だからね。



FullSizeRender
そんな落ち目になった先発投手陣の中に彗星の如く現れた新人の上原浩治選手!!

入団1年目ながら既に能力が高いwwww
99決定版だったら、コンスタAになっているだろうな!!



FullSizeRender
しかも99年と言ったら、槙原さんが阪神の新庄剛志さんに敬遠球サヨナラ打を打たれた年よなwwwwwwww

あの打たれた時の槙原さんの表情が今でも忘れられないww
皆んなもYouTubeで槙原さんの打たれた後の顔を見てほしいwww

それにしても赤特ばかりで抑えとして機能するのかどうか分からんな!
抑えで『寸前×』とかやばいだろww



FullSizeRender
FullSizeRender
松井秀喜さんと高橋由伸さんもまだまだ若い頃ですな!

松井秀喜さんは98年に自身初となる本塁打王を獲得している。
この頃は毎年のようにペタジーニと本塁打王を競っていた。
この頃は肩力や守備力もかなり評価されていたんだな。
既に『威圧感』が付いているのもさすがだw


そして高橋由伸さんは入団2年目のシーズン。
99年は本塁打数が単独で1位だったんだけど、あのフェンス激突による大怪我でチームを離脱してしまった…。
この頃の由伸さんの守備はマジでヤバかったww
松井さんとかアレックス・ラミレスがべた褒めするくらいの逸材だったのだ。



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ヤクルトはやはり打者陣がかなり豪華だね!!

そして、古田敦也さんはやはり凄いwww
肩力と守備力がMAXだものww
間違いなく99開幕版最強捕手!!!
アレンジチームを作った間違いなくスタメンね。

稲葉篤紀さんがまだヤクルトに在籍していた頃ってことですごく時代を感じるwww
真中満さんも全盛期だものww

それにしてもこの頃のヤクルトの外野陣は飯田・真中・稲葉と鉄壁だなww



FullSizeRender
広島ではエースが佐々岡真司さんで、黒田博樹さんはまだ入団3年目のシーズン。
黒田さんはこの頃から同い年である松井秀喜さんをライバル視していたって話だよな!

黒田さんと松井さんの対談で、この話が出ててすげぇ熱い内容で面白かったのよね!!!



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
この当時の外野陣は相当ヤバイwww
緒方・前田・金本は不動の外野陣だったし、鉄壁だった!!!
打撃もヤバイしなwww

この頃は過去に2度の本塁打王を獲得した江藤智さんも4番に座ってて、すげぇ打線だったよなwww
それに加えて野村謙二郎さんもいたからねw

俺の記憶では1番緒方、3番前田、4番江藤、5番金本みたいな感じだったような気がする!



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
この頃のタイガースと言えば、暗黒時代で有名。
とにかく酷かった記憶しかないww
特にピッチャー陣が酷かったって記憶がある。

でも野手陣は結構良かったイメージで、新庄剛志さんとか桧山進次郎さんなど今も大好きな選手がたくさんいた。
この頃の阪神の4番って確か新庄さんか桧山さんだったよな??
1番は坪井智哉さんだった記憶がある。
ただ、こんな打者陣でも、他のセリーグ5球団と比べるとイマイチ感が強いんよな。

まぁこの時代はバケモノしかいなかったわけだがwwwww



FullSizeRender
そして98年のパリーグの覇者であるライオンズには入団1年目の松坂大輔さんがおります!!
しかも強いwwww
球速155km/hって、当時では想像を絶する速さに感じたんよなぁ!!

今では結構普通の速さだけど、当時はここまで速い球を投げる投手ってあまりいなかった記憶がある。
石井一久さんの153km/hですらすげぇって思ってたもの!
まぁ実際にはめちゃくちゃ速いんだけどなww
現代の投手陣がおかしいんだよwwww

そして、当時の子供達はみんな「松坂、松坂!」と盛り上がってたよな!
これのお陰でライオンズファンが随分と増えたのではないだろうか?!



FullSizeRender
そして相変わらずチート級の能力を持つ松井稼頭央さんww
特殊能力もゴリ盛りだし、とんでもねぇぞww
97〜99年に3年連続で盗塁王を獲得していて、打率も3年連続で3割超えと理想の一番打者だった。

当時のパワプロの俺のアレンジチームは、1番イチロー、2番稼頭央がオーソドックスな感じだったww
そして、3番由伸、4番松井みたいな!!
この頃の松井稼頭央さんの能力をそのままコピーして、2018で再現してみようかな?



FullSizeRender
日本ハムは、小笠原道大さんがまだ入団3年目というなww
だから捕手として出場していた頃よね。
99年は1試合しか捕手として出場していないけども。

ただ98年にリーグ2位になった日本ハムだが、選手の能力は全体的に微妙である。
田中幸雄さんや片岡篤史さんもいるんだけどピックアップするほどではないというww




FullSizeRender
そしてお待たせいたしました!!!
この頃のイチローさんの能力がこちらwww
控えめに言ってチートwww
マイナス部分が一切無いというとんでもねぇ能力である!
ただ、走力と守備力はMAXではないんだな。

ちなみにこの頃はまだ『レーザービーム』の特殊能力は存在しない。
そもそもこの特殊能力は、イチローさんがメジャーリーグに移籍後の解説者が例えに使ってから生まれたという逸話がある。

 

FullSizeRender
FullSizeRender
ちなみにこの頃は田口壮さんや谷佳知さんと外野陣を形成しており、とにかく鉄壁だったイメージがある!!
しかも全員の足が速かったしねww

しかし、この頃のオリックスはホームランバッターがいなかったイメージだ。
投手陣もかなり微妙だったが、チームはリーグ3位。



FullSizeRender
ホークスはまだダイエーだった頃だ。
しかも工藤公康さんが現役でバリバリ投げていたことに時代を感じるwwww
現役生活29年はプロ野球最多記録。

篠原貴行さんもまだ入団2年目というねww
ただ、この頃のホークスの投手陣はパッとしない印象。
てか、やはりこの頃はセ・リーグの方がメンツが豪華だったなって印象。

この頃のパ・リーグの試合って客がガラッガラだったもんなww



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
そして、後にダイバード打線と呼ばれた恐怖の打撃陣を担った選手たちもまだまだ若手という!!!

小久保裕紀さんは既に中心打者として活躍していたが、松中信彦さん、井口資仁さん、城島健司さんなどはまだまだ期待の若手と言った感じだった。

そして既に落ち目となっていた秋山幸二さんも在籍しているが、落ち目とは言え守備方面の能力がさすがって感じ!




FullSizeRender
近鉄は中々懐かしい選手揃いである!!
大塚晶文さんがまだ近鉄にいた頃だもんなww
大塚さんは意外と早い段階でメジャーへ行ってしまったので、個人的にメジャーリーガーとしての印象がかなり強い。



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
そして、近鉄の強打者の筆頭と言えば中村紀洋さんとタフィ・ローズさんだろう!!

ノリさんはこの時点でプロ年数は比較的経っているんだけど、この頃から打撃センスが開花し始めた。
ガキの頃、ノリさんのフォームとかバット投げを真似して、よく監督に叱られたものだwwww
いや、あんなん真似するって!!!!!
そのノリさんのバット投げは、田淵幸一さんに影響されたものだとテレビで語ってたね!

ちなみにローズも全盛期前というねww
そして能力がクソ高い!!!
でも確かにローズはホームランバッターでありながら足が速く、巧打も良く、守備も上手かった印象が強い!!
身体能力で言ったら、助っ人外国人でナンバーワンだと思うわ!!



FullSizeRender
ちなみに、今や"リアル野球盤の人"で有名となった吉岡雄二さんもこの頃から打撃センスが開花した。

野球盤の時もそうだが、当時から迫力のある本塁打が印象的だったよなww




FullSizeRender
FullSizeRender
そして、98年リーグ最下位のロッテだが、投手陣は先発・リリーフも含め結構強い!ww

小宮山悟さんは97〜98年に2年連続で二桁勝利を挙げており、97年には最優秀防御率を獲得しているため、先発投手として全盛期だったと言っても過言ではない。

そして、黒木知宏さんはかっこよかったよなぁ!!!
選手生命はめちゃくちゃ短かったけど、当時は小宮山さんとダブルエースって言われるくらいにすごかった。

中継ぎ陣も新人の藤田宗一さんがいたり、抑えには小林雅英がいたりと中々素晴らしい投手陣だった。

それなのに何故リーグ最下位だったのか…
打撃陣であるwwww



FullSizeRender
守備面では小坂誠さんや堀幸一さんなど素晴らしい選手がたくさんいる。



FullSizeRender
だが、打撃面で好成績を残したのが初芝清さんくらいというwww
福浦和也選手も入団したてでまだまだ活躍できていないし、フランク・ボーリックも99年に入団したばかりだからね。。

でもチーム改革をするには楽しそうな球団であるww


そんなわけで、今回は選手能力だけでありえねぇくらいにページが長くなってしまったwww
昔のデータを見てるだけでも楽しいわw

こりゃ、サクセス編はまた次回だな!!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ