Category:◆プレイステーション4 > ウイニングポスト8 2017

どうも、こんにちは!
ウイニングポスト大好きの俺だ!!

実はな、これの撮影自体は1ヶ月前に終わってたんだけど、記事に起こすのを忘れとったわww
たまにやるんだよな!!!(お前しょっちゅうだろ!)


皆さんは、グレイトドラゴンというふざけた名前の馬を覚えているだろうか?
てか記事にしたっけかな?ww

かつて、俺の牧場にはグレイトドラゴンという悲惨な名前を付けられた牝馬がいた。

セクレト×ダスゲニーで産まれたこのグレイトドラゴンの孫が、今まさに凄まじい事になっているのだ!!

グレイトドラゴン×ディープインパクトで産まれたダイブトゥブルー。

更にダイブトゥブルー×アメリカンファラオで産まれたラクーンラルクがダート最強馬かもしれん…
こいつの名前も酷いけどなwww
バイオハザードの『ラクーンシティ』と、『L'Arc〜en〜Ciel』から取ったこの名前…
最初の評価もあまり良くなく、しかも適正はダートのみ。
これは厳しいかな…と思っていたのに、名馬100選に載ってしまうほどのスーパーホースになったのだ!


まずは、現役中の成績をご覧いただこう!



2021年(2歳)
  • 7月 2歳新馬 - 1着
  • 8月 クローバー賞 - 1着
  • 10月 北海道2歳優駿 - 1着
  • 12月 全日本2歳優駿 - 1着
  • 最優秀2歳牝馬

2022年(3歳)
  • 6月 ユニコーンS - 1着
  • 8月 レパードS - 1着
  • 10月 シリウスS - 1着
  • 12月 チャンピオンズC - 2着
  • 12月 東京大賞典 - 1着

2023年(4歳)
  • 2月 フェブラリーS - 1着
  • 3月 ドバイワールドC - 1着
  • 5月 ラトロワンヌS - 1着
  • 6月 帝王賞 - 1着
  • 8月 パシフィッククラシック - 1着
  • 10月 南部杯 - 1着
  • 10月 BCクラシック - 1着
  • 12月 チャンピオンズC - 1着
  • 年度代表馬
  • 最優秀ダートホース
  • 最優秀4歳以上牝馬

2024年(5歳)
IMG_5916
  • 2月 佐賀記念 - 1着
  • 3月 ドバイワールドC - 2着
  • 5月 かしわ記念 - 1着
  • 6月 オグデンフィップスS - 1着
  • 10月 白山大賞典 - 1着
  • 10月 BCディスタフ - 1着
  • 12月 チャンピオンズC - 1着
  • 12月 東京大賞典 - 1着
  • 最優秀4歳以上牝馬
  • 最優秀ダートホース
  • 米国最優秀4歳以上牝馬

2025年(6歳)
  • 2月 フェブラリーS - 1着
  • 3月 ドバイワールドC - 1着
  • 5月 ラトロワンヌS - 1着
  • 6月 オグデンフィップスS - 1着
  • 8月 パシフィッククラシックS - 2着
  • 10月 南部杯 - 3着
  • 10月 BCクラシック - 6着
  • 12月 チャンピオンズC - 4着
  • 12月 東京大賞典 - 1着
  • 最優秀4歳以上牝馬
  • 最優秀ダートホース
  • 引退

最終成績
  • 戦績:34戦28勝
  • 収得賞金:15億1620万円
  • 総賞金:36億3935万円
  • 勝ち鞍:春秋ダート制覇、BCクラシック、ドバイワールドC、BCディスタフ
  • 殿堂入り
  • 称号:グレイテストG1ハンター
  • 名馬100選:3位

やばくないっすか?!?!wwwwww

ダートのみの出場で名馬100選の3位にまで食い込めるとは夢にも思わなかった!!!

海外のダートレースでもほぼ負けなしで、しかも6歳まで第一線で活躍したっていうな!
しかも牝馬だからなwwww
こいつが産む子供がどんな活躍をするのか楽しみで仕方がないんすわ!


FullSizeRender
お陰様で、名馬100選TOP3というトロフィーも獲得できました!
特に狙っていたわけじゃないんだけど(そもそもこのゲームのトロコンは目指してない)、たまたまゲットできてすげぇ嬉しかった!

4歳の時なんて、年度代表馬にまで選ばれてますからね!
これこそダートの帝王でしょ!!


FullSizeRender

FullSizeRender
有馬記念とか宝塚記念の人気投票も毎回ぶっちぎりで1位wwww
でも芝では全然走れねぇから毎回回避ww

6歳で引退を決めてから、最後に有馬記念に出して引退させようと思ったけど、
結局は東京大賞典に出場させました!
かなり衰えていたので勝てないかなって思ったんだけど、ここで1着を決めて引退。

やはり華がある馬は違うね!!!

アメリカでも最優秀牝馬に選ばれたし、もうなこの馬には本当に楽しませてもらった!
本当にセンキューですわ!
自家生産馬でこれ以上の成績を残せる馬が誕生するのかってくらいの活躍でしたな!

でもやはり芝でG1を総ナメにしたいよな!

てことで、俺のウイニングポスト人生はまだまだ続く。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは!
ウイニングポストをやっていきまっせー!

FullSizeRender
この世界では遂に2016年に!
手持ち金は165億というとんでもない馬主へと成長していた!!

牧場も現時点でできる最大の拡張をしているので、これから産まれてくる幼駒たちはきっと凄い能力を持ったやつらかもしれない!

IMG_5584
リンドブルムやレッドディラソンという名馬を産んだ牝馬・トーテムパルシェンとアドマイヤグルーヴの評価額が2億円を超えたぁ!

記事では紹介していないんだけど、レッドディラソンの1つ上の兄トサノリョーマ(名前わろす)もダービーを獲る活躍をしている。
父はあのテイエムオペラオー!
なんと、このトーテムパルシェンは、ディープインパクトとともテイエムオペラオーとも相性が良いとんでもない馬なのだ!

てことで話はかなりズレたけど、今回も1頭の馬を追って行こうかと思っとります!!!

今まで、リンドブルムとレッドディラソンという自家生産G1馬を排出してきましたが、今回もそれを成せる馬かもしれない!

それがこの馬だ!!!


FullSizeRender
※スクショを撮り忘れたので、3歳の頃の写真を掲載。

名前はデビルジェイド
牝馬に付ける名前じゃねぇよなwwww

由来は、デビルメイクライの『デビル』と、HONDAのハイブリッド車『ジェイド』からwwww
乙女のカケラもねぇーーー!!

しかも、ジェイドって車は俺と特に縁があるわけでもなく、ただ単にデビルに合いそうな単語をくっつけただけだ!

ちなみに、母親がレッドディラソンの母でもあるトーテムパルシェン、父親はディープインパクトでございます!

やはり、この組み合わせはなんでか分からんけど超最高なんだわなww
こいつの弟もめちゃくちゃ凄そうだかららな!

このデビルジェイドが産まれた時、美しい夜空が広がっていたんだよ…
そして、牧場ではデビルジェイドの背後で虹が架かる演出も…

きっとこの馬はやってくれるはずだ!
だけど、牝馬だし慎重に…

で!!!
とりあえずある程度のシステムは理解できてきたので、
今回からは海外レースも視野に入れて出走させていくぞ!!


※今回からゲームに合わせてレースクラスの色分けを変更しています。

G1=青
G2=赤
G3=緑


2016年(2歳)
  • 6月 2歳新馬 - 1着
  • 7月 中京2歳S - 1着
  • 8月 新潟2歳S - 4着
  • 11月 京都2歳S - 2着
デビュー戦、2戦目と好成績を残すが、続く新潟・京都2歳で惜しくも敗北。
負けた2戦はどちらも2番人気でした。
主戦は秋山真一郎さん。

ただ、この馬…
とんでもねぇスピードを持ってるぞ!!
差し方がまるでディープインパクト!!!
どんなに後ろにいても、最終的に矢のように差してくる。
こいつはロマンがある馬だでよ!!!

これは来年に期待!!!!

 

2017年(3歳)
  • 1月 フェアリーS - 1着
  • 2月 クイーンC - 1着
年が明け、とりあえずG3を2つ取り、桜花賞への出走権を得ました!
正直言って、めちゃくちゃ期待してる!

ぶっちぎりで優勝したレースってのはそんなに無いんだけど、まだまだ成長過程の段階だしそんなもんだろ。


  • 4月 桜花賞 - 1着
2番人気で迎えた桜花賞は、1番人気のネオロマンスを抑え見事1着を獲得!!
この瞬間な…リアルに声をあげたわwwぶ

これは牝馬3冠も夢じゃないっていう内容の走りでした。
残り200メートルで14番手くらいで大きく後ろだったんだけど、ゴール直前で差し切ったんよな!!
やっぱ、差し馬は燃えるし、萌えるわw
(何処に萌え要素があるんやw)

ただ、先行馬とか逃げ馬とは違って、差し馬はドキドキするわww

このままオークスも獲って、牝馬2冠を達成しよう!!! 


  • 5月 オークス - 1着
なんと桜花賞に続いてオークスでも1位を獲得!!!!!
今回は1番人気で迎えて、2番人気のソウルスターリングを5馬身差も付けて勝利ww
強すぎだろ、おい!!!!!
差し馬なのに、500メートル辺りで既に先頭に立ってて、そのままゴールインww

俺は確信したっ!!!
こいつはトーテムパルシェン以来の牝馬三冠を達成できるとね!!!

  • 9月 ローズS - 1着
  • 10月 秋華賞 - 1着

オークスから4ヶ月ほど明けて(わたくし健康重視)、9月のローズSで1着。

そして、牝馬三冠が掛かった秋華賞でも圧倒的な力を見せつけ1着!
なんと牝馬三冠をアッサリと達成してしまったのだ!!!
す、凄すぎるっ!!!!
この牝馬は本物だ!!!!!
めっっっちゃ嬉しい!
それも牝馬だから余計に嬉しい!
もう引退していいよ、って言いたいくらいである!

これは子供の評価額も上がるぞ!!


  • 11月 エリザベス女王杯 - 1着
続くエリザベス女王杯も1番人気で迎え、こちらも見事に1着で終える。
これぞ最強牝馬だろwwww
確か、母親のトーテムパルシェンは3冠と阪神JFを獲ったくらいかな。
こいつはマイル専門だったから、クラシックとかではあまり活躍できなかった。
それでも殿堂入りはしてるけどなww

でも、デビルジェイドは有馬記念もギリギリ行ける距離なので、母親を超えられるかもしれない!

とりあえず有馬記念で好成績を残して、来年はアメリカのG1を獲ろうぜ!


そして…有馬記念の人気投票の結果が発表されたぞ!

FullSizeRender
なんと!!!
俺の馬が10位以内に4頭も入っている!!
モーリスは史実馬で、テイオーブラッドはトウカイテイオーとアドマイヤグルーヴを親に持つ良血馬である!

4歳になってやっとジャパンCを獲って開花したのよ(泣)
その結果、人気投票では第3位に!

そして…
本記事の主人公であるデビルジェイドは堂々の1位でございます!!!!!!
これはマジで素晴らしい!!
古馬がガンガン揃う有馬記念でこれは凄い。

是非とも頑張ってもらいたいところなのだが…
ちなみにモーリスは回避だな。
テイオーブラッドとの主戦が被ってる上に、疲労が結構溜まってる。

これは楽しみだ!


IMG_5595
そんな有馬記念はとんでもない展開となった!!
これは俺も予想だにしなかったな!
1、2着で俺の馬がゴールしているのは勝負服を見ても間違いない。

FullSizeRender
なんと勝ったのはトウカイテイオーとアドマイヤグルーヴの間に産まれたテイオーブラッド!!!
すげぇーー!!!!
3歳ではG2でも勝てなかったお前が、4歳になってジャパンCと有馬記念を持って行くとは…!

これは本当に凄い!!!!
更に2着は、今年度のダービーを制したトサノリョーマ!
実はこのトサノリョーマは、デビルジェイドの兄貴やww
すげぇ兄弟姉妹だよ…

ちなみにデビルジェイドは惜しくも4着…
やはり距離が微妙に長かったのかもしれん。
これは嬉しいし嬉しくないwwww
微妙な感情が俺の心の中で渦巻いている!

いやー、でもすげぇレースを見せてもらったわ! 
まずな、トウカイテイオーの子供で有馬を取ったのが嬉しい!
デビルジェイドは来年に期待ですわ!


ちなみに…
年末の表彰式に出ようとしたら、間違えて飛ばしちまったよwwww
最悪ー!!!!!!!
絶対に俺の馬が年度代表馬だったよな!

でもさ!
宝塚記念、大阪杯、KGⅥ&QESを獲ったモーリス、
牝馬三冠、エリザベス女王杯を獲ったデビルジェイド、
ジャパンC、有馬記念を獲ったテイオーブラッド…
どいつが選ばれたんだろ…


2017年(4歳)
そして、年が明けて4月!!!!
遂に海外デビューの日がやってきた!

アメリカでの牝馬限定のアップルブラッサムHに出走しますぞ!!
海外でも最強牝馬になって帰って来い!

でも、ダートだからなぁ…


  • 4月 アップルブラッサムH - 14着
ビリ!!!!ww
やはりこいつはダートには向いてないのかw
もっと慎重にレースを選ばないとダメなんだな!
勉強になったどー!

海外のレースにはまた夏場に挑戦しよう。

同じ時期にテイオーブラッドも、アメリカのメーカーズマークマイルSに出走したんだけど、そちらは惜しくも2着!
やはり、海外はレベルが高いんだ!! 

  • 5月 ヴィクトリアマイル - 3着
2番人気で挑んだヴィクトリアマイルは3着に終わる。
騎手が言うには、道中かかってしまってリズムを崩してしまったとのことだ。
運がなかったと思うしかないなwwww


  • 6月 安田記念 - 5着
続く安田記念でも5着に終わる…。
これは…衰えてきてねぇ?!wwww
まぁ、1着にはサードステージというウイニングポストが誇る最強馬が入ったんだけど、それでもお粗末なレース展開…
最後が全く伸びないんですわ!!

これは海外へ行かせる暇などないぞ!ww


  • 6月 宝塚記念 - 6着
人気投票14位で迎えた宝塚記念だったが、こちらも6着に終わる。
騎手も「本来の力が出せなかった」の一点張りだった。
4歳になっても行けると思ってたんだけど、やはりかなりの早熟だったかぁ…

それとも、ダートで走らせたのがダメだったか?!


  • 10月 京都大賞典 - 4着
  • 10月 天皇賞(秋) - 4着
前哨戦である京都大賞典で4着、更には渾身仕上で臨んだ天皇賞も4着に終わってしまった!
これはもう…あかんな!
ここで引退させて、早いとこ繁殖牝馬として頑張ってもらおう!


IMG_5592
全盛期時のステータスが結構とんでもないのですよw
これが子供に引き継がれればすげぇことになるでよ!

  • 11月 エリザベス女王杯 - 2着
引退試合にはエリザベス女王杯を選択!
2番人気で迎えるが、約2馬身差を付けられて敗北!!


最終成績
  • 戦績:19戦9勝
  • 収得賞金:1億5265万円
  • 総賞金:6億8815万円
  • 勝ち鞍:牝馬三冠、エリザベス女王杯

こんな感じで引退となりました!!
一応、母親であるトーテムパルシェンよりは賞金を得たな!!

G1を4勝できただけでも相当凄いと思うぞ!!!
しかも三冠も取ったしな!
これは良馬をどんどん産んでもらいたいものだな!


IMG_5598
殿堂入りも果たしてくれました!!
牝馬三冠を取るとほぼ殿堂入りするのな!

いやー、それにしても、この馬にも楽しませてもらったなぁ。
この能力とかがこれから子に引き継がれて行くんだから、凄く楽しみだよな!

あまり勝ちすぎても面白くないし、逆に燃えてきたぜ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは、ウイニングポストにハマりまくっていますww

前回、自家生産馬リンドブルムがGI7勝を上げ、殿堂入りを果たす!
マイルに特化した馬だったので、若干距離が長いレースでは力を発揮できなかった。
しかし、そんなマイルでは無敵を誇っていた。
ヴィクトワールピサに一度も勝てなかったのが辛い…!!!

そして、そんなリンドブルムを超えられるかもしれない馬がまもなくデビューする!!


IMG_5116
産声を上げたのは、リンドブルムが安田記念を制した時だ。
雷鳴が響く嵐の中で誕生したのが、このレッドディラソンである!!

この馬の母親は牝馬三冠を達成した自家産馬トーテムパルシェン、
父親はあのディープインパクトである!!
この超良血馬がまもなくデビューする。


IMG_5111
また、この馬には事あるごとにイベントが発生して、他馬とか格が違うことが強調されていた。
なんだかシュンランっていう謎のニックネームも付けられていたぞww

ってことで、もしかしたらこれはマジでとんでもない馬が誕生してしまったかもしれない…
しかも、繁殖牝馬としても超優秀なディープインパクトを父親に持つからな…
本当に楽しみでならないわっ!!!!!

てことで、今回もこのレッドディラソンの現役
を追って行こう!


2013年(3歳)
IMG_5177
  • 2月 3歳新馬 - 1着
2月4週で遂にデビュー!
調子が△だったので不安はあったんだけど、それでも他馬を寄せ付けない圧倒的なレース展開で初戦を物にする。
ただ、問題はこの後だよね!
新馬戦で勝てないとその後もズルズルと勝てなくなるからなぁ…。

  • 4月 アザレア賞 - 1着
新馬戦よりもぶっちぎりで優勝w
やばい…
この馬…格が違いすぎるかも!!!!
これはもうG1で走ってもらうしかないと思う!
IMG_5178
調教師も、レッドディラソンの走りを見て父ディープインパクトの姿がオーバーラップしたという。
もうな、物凄いスピードだったんすよ!
ありゃ稲妻だわ!!
重賞レースでどれほどの成績を残すのかが楽しみ。
てことで、次は重賞レースに挑む。

  • 5月 プリンシパルS - 1着
ダービー出走権をかけて挑むプリンシパルS!
これも難なく1着でゴールするも今回は少し危なかった。
レッドレイヴンという外国馬とギリギリのゴール劇を見せた。
その差は3/4。
しかし、まだまだ本調子ではなくて、これが本調子だったらぶっちぎりで優勝していた可能性はある。

ただ、日本ダービーへの出走権は得たので、G1の大舞台でどれほどの走りを見せてくれるのだろうか…!

  • 5月 日本ダービー - 3着
迎えたG1初戦だったんだけど、キズナに負けて3着に終わる。
くそー、父のように無敗三冠は無理だったかぁ!
前走では調子が◯だったのが、ダービー本番になってから急に△に。
未だ一度も本調子になったことがないので、ここが凄く気がかり。
ディープインパクトの時もそうだったんだけど、本来の調子を得れば大活躍間違いなしなのだが…

  • 9月 神戸新聞杯 - 1着
4ヶ月と結構長めに期間を空けて、2番人気で迎えた神戸新聞杯は見事ぶっちぎりで1着!
地味にこれが初の重賞制覇となりましたぞ!
ちなみに今回は本調子まで持ってきたので、本来の調子だったらとてつもない話をしてくれるってことだな!
次走の菊花賞が楽しみになってきた!

  • 10月 菊花賞 - 6着
くそー!!!
何故本番で勝てない!!!!!
差し馬なのに、全く伸びて来ずに大惨敗!
騎手のコメントも、力を出し切れなかったの一点張り。
これは…騎手の責任?!?!
調子も◎だったし、負けた原因が分からん!
それとも、まだ成長しきってしないのだろうか?

  • 12月 チャレンジC - 1着(レコード)
G2、G3だったらタイムレコードも叩き出すほどの強さなのだが、どうしてもG1で勝てないんだなぁ。
有馬記念に出走できるならさせたいところだが。

  • 12月 有馬記念 - 2着
人気投票では22位だったが、ギリギリで出走できた。
しかし、8番人気で迎えた本戦ではなんとオルフェーヴルに次ぐ2着!!
これは大健闘だろ!!
来年が楽しみと言わざる得ない!

しかし、G1を1つも獲ることはできなかった。
このまま無冠の帝王で終わるのか、それとも4歳で巻き返すのか非常に気になるところである。



2014年(4歳)
IMG_5180
  • 1月 アメリカJCC - 1着
年明け初戦のアメリカJCCでは一番人気のキズナを破って制覇。
やはり、スピードが半端じゃない!!
どんなに後ろにいても突き刺すようなスピードで差し切る。
これぞまさにディープインパクトの息子!!

  • 3月 金鯱賞 - 1着
大阪杯の前哨戦である金鯱賞でも他馬を寄せ付けずに圧勝。
次走の大阪杯で初のG1制覇なるかが注目。
ちなみにこのレースによって総賞金が4億円に到達。

  • 4月 大阪杯 - 1着
そして、1番人気で迎えG1大阪杯!
目にも止まらぬ速さで独走して優勝!!
つ、遂に4歳にしてレッドディラソンがG1馬になったぞぉぉぉ!!!!
こ、これは嬉しい…(泣)
嵐の中で産まれたこの子がぁ!!

IMG_5179
☝️見てくれ、このぶっちぎりっぷりを!!
これは是非とも宝塚記念にも出したい!
きっと優勝できると思うぞよ!!!!!!

  • 5月 新潟大賞典 - 1着
  • 6月 宝塚記念 - 1着(レコード)
人気投票4位で迎えた宝塚記念。
遂にグランプリを制覇!!!!!!!
しかも、超ぶっちぎりで!!!!
更にはタイムレコードも叩き出すというとてつもない速さで!!!!

リンドブルムでは抑えることができなかった宝塚記念を、レッドディラソンで雪辱を晴らしたぞ!!
このまま有馬記念も取って、グランプリ連覇を成し遂げてもらいたい!!
大阪杯を皮切りに、レッドディラソンの時代が到来したようだ!

  • 10月 京都大賞典 - 3着
なんと主戦騎手だった横山さんの手配が付かないというとんでもない惨事になり、△しかない若手騎手が乗ることにww
その結果、京都大賞典で3着と惨敗!
やはり、騎手って大事なんだな!
これには俺もさすがに怒りがおさまらなかった!
  • 10月 天皇賞(秋) - 2着
続く天皇賞(秋)では主戦騎手を手配できたものの、持ち前である最後の伸びが出ず2着に終わる…。
な、なんなんだ、この安定性に欠ける馬はww

やはり4ヶ月も空けたのが悪かったか?
そもそもほとんど調教師に任せてるから、平気で10ヶ月放牧とかもあるからなw
次から自分で考えてやるべきかもな!!

  • 11月 ジャパンC - 1着
中々良い結果を残せないまま1番人気で迎えたジャパンC!!
ここではいつもの持ち味である力強い走りを見せ、奇跡の勝利!!
今回もダメかと思ったけど、やはりやってくれたぁぁぁ!
これで今年でGI3勝目!!

FullSizeRender
そして人気投票1位で有馬記念を迎える…が!



  • 12月 有馬記念 - 8着
チーーーーンww
俺わかった…
こいつ…
マイルの方が適してるんじゃね…ww
多分、宝塚記念くらいの距離が限界なんだと感じました…。

FullSizeRender
しかし、G1を3回も制したということで、年度代表馬には選出されましたぞ!
よかったぁぁぁ!
有馬記念でも人気投票は1位だったし、絶対に才能はあるんだよな!

来年は5歳。
でも、まだ期待していたいぞ!!!


2015年(5歳)
  • 4月 大阪杯 - 1着
惨敗に終わった昨年の有馬記念から明けての初出走が大阪杯。
5歳になったにも関わらず、相変わらずの強さを見せ見事1着。
やはり2000〜2500くらいが適正距離と見た!
しかし、地味にこれでGⅠ4勝目!
これに続いて、宝塚記念も制してもらいたいところだが!

  • 6月 宝塚記念 - 3着
またもや人気投票1位で迎えた宝塚記念!
このレースではゴールドシップと激闘を繰り広げて敗北…!
いやー、さすがはゴールドシップ…
しかし、思ってたよりも勝てない馬だなぁ…w
リンドブルムを超えるどころか足元にも及ばない感じ…
何が行けないんだろうか…
それとも、他の馬が強すぎる?!

  • 10月 京都大賞典 - 1着
  • 10月 天皇賞(秋) - 2着
天皇賞の前哨戦である京都大賞典では1着を飾るも、本戦ではまさかの俺の馬モーリスに負けるというww
待ってwww
俺に取っては嬉しくも悲しくもある!
この気持ちを何処へ持っていけばいいの?ww

  • 12月 チャレンジC - 1着
  • 12月 有馬記念 - 2着
そして、人気投票3位、2番人気で出場した有馬記念は惜しくも2位に終わる!
しかし、このレースを取ったのは俺の馬やwwww
天皇賞を取ったモーリスやww
しかもこいつさ、宝塚記念、安田記念、天皇賞(秋)に続いてG I4勝目www
年度代表馬にも選ばれてやんの!!
すごいー!!

でも、自家生産馬じゃないからなぁ…

だけどな!!!!!!!
レッドディラソン…まだ好調を維持してるし、6歳でも行けるじゃないかな…
成長が結構晩成型っぽいのよね。

いや!!!!
でも良いや!!!!
引退!!!!!
子供達に夢を託そう!!!!!

ということで、GⅠ4勝で引退することが決まりました。
この馬…能力はとてつもなく高くて化け物だったんだけど…
適正距離が2100〜2500と、出られるレースが限られすぎぃ!!!!!
これは本当にもったいない馬だったなぁ。
ついてねぇぜ…


最終成績
  • 23戦14勝
  • 主な勝ち鞍:ジャパンC、宝塚記念、大阪杯(2回)
  • 収得賞金:5億9350万円
  • 総賞金:15億5725万円

という結果で終わりました!
でもよ、ジャパンCと宝塚記念を取れただけでもかなり成功の部類よな!
まぁ、ゲームにしては少ないんだけどなww

しかし、能力は高いから、繁殖牡馬として今後は活躍してくれると思う!

一応殿堂入りもできたし、良かった良かった!
そして…このレッドディラソンの弟が…
とんでもねぇ能力を秘めた馬っぽそうなんだよなwwww

ディープインパクトの時と全く同じイベントが起きてるのよ!
産まれた時なんて、夜空がめちゃくちゃ輝いていたし!

父ディープインパクトを超える馬が現れることを願う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは!
最近ではお馴染みのマニアックな記事でございます!
そうだよ、ウイニングポスト8の記事よ!

でさ、2006年…気になる馬が産まれたんだよ!!

これはマジですげぇかもしれないww


IMG_5101
なんと、17億で競り落としたアドマイヤグルーヴの子供ぞ!!!!
父親は何の馬だと思う?!?!
オグリキャップなんだよ!!!ww

この二頭を組み合わせたら、配合評価A、爆発力25というとんでもないことに!

そこから産まれたのがこの馬だ!!

秘書、河童木、美香の評価が◎、牧場長の評価が◯という凄まじい内容だ!
まぁ、秘書の評価はあまり信用できねぇけどな!wwww

しかも、この馬な…
この世界での俺の息子が相当気に入っていて、何かあるたびに2人のイベントが起こるんだよね。

もしかしたら、この馬はマジで勝ちまくれる可能性がっ!!

てことで、今回はこの馬の現役生活を追って行こう!


IMG_5102
馬名はリンドブルム!!
どっから取ったかというと…

IMG_5103
ファイナルファンタジー9(FF9)の大都市の名前から取ったわww

俺さ、ブエナビスタっていう牝馬が大好きで、それに似た5〜6文字くらいのスッキリした名前を付けたかったんだよね!
ローレライとどちらにしようか迷ったよね!

この馬にはマジで期待してるっ!!


IMG_5104
しかしな、今回の同期馬は皆んな才能がある奴が揃ってんだよな!!!
ローズオブメイもFF9の曲名から取ったんだけど、こいつも中々やってくれそう!
テイエムオペラオーの血も引いてるしな!!

それしても他の名前は中々なテキトー具合。



では、リンドブルムの各年度別の成績をどうぞ!


2009年(2歳)
IMG_5105
  • 7月 2歳新馬 - 1着
  • 8月 クローバー賞 - 1着
  • 11月 東スポ杯2歳S - 2着
  • 12月 ホープフルS - 2着
2歳新馬、クローバー賞をぶっちぎりで制したんだけど、初の重賞戦でヴィクトワールピサに1馬身差で敗北!!!
そういえば…この年って…良い馬がたくさんいた年じゃねぇか!!!!!!!
この東スポ杯では3着にエイシンフラッシュ。
今思えば…ブエナビスタ、ローズキングダムなんかもこの年じゃねぇか!!!!!
超戦国時代にリンドブルムが産まれてしまったのかっ…!!!!

いや、それでも逆に燃える!!!
あのヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュと互角に戦ったんだからな!!
俺が以前持っていたテイエムオペラオーだって、最初はアドマイヤベガに勝てなかったんだからよ!

そして、12月のホープフルSでもヴィクトワールピサに敗北!!!
強すぎるだろぉ!!www

でも、悪くはないと思う!!
未だに2着以降が無いし、エイシンフラッシュには全勝してるからな!
問題はヴィクトワールピサだな…
あの馬も好きだったんだよなぁww



2010年(3歳)
IMG_5110
  • 3月 スプリングS - 1着
  • 4月 皐月賞 - 2着
  • 5月 日本ダービー - 12着
  • 8月 小倉記念 - 1着
  • 9月 新潟記念 - 1着(タイムレコード)
  • 10月 富士S - 1着
  • 11月 マイルCS - 1着(タイムレコード)
  • 12月 中日新聞杯 - 1着
  • 12月 有馬記念 - 2着
3月のスプリングSでは好走するも、またもや皐月賞でヴィクトワールピサに敗北!!
こいつなんでこんなに強いの…
続いて、日本ダービーに出走するも、12着と謎の大惨敗…

その後、放牧しても体調管理を徹底しても調子が×の状態がずっと続く。

そして、小倉記念、新潟記念、富士Sを制し、迎えたマイルCSで1着で決め、初のG1制覇!
いやー…長かった…
本当に長かった……

12月には中日新聞杯を挟み、挑んだ有馬記念はまたもやヴィクトワールピサに敗北し、2着で終わる…

中日新聞杯を入れなければ、もしかしたら1着を取れてたかもしれない!
これは俺の判断ミスだ!
調教師に全任せしてた俺が馬鹿だったww

ただ、G1をなんとか1つ取れて良かった…

来年が勝負だな…!
せめてあと2つくらいは獲ってほしい!!

この馬さ、スピードが凄いんだよな!!
1年の内に2つのタイムレコードを出してしまうくらいだから、相当な高レベルな能力を持ってるはずなんだよな!


2011年(4歳)
IMG_5112

  • 4月 大阪杯 - 1着
  • 6月 安田記念 - 1着
  • 7月 宝塚記念 - 6着
  • 8月 札幌記念 - 1着
  • 10月 天皇賞(秋) - 2着
  • 11月 マイルCS - 1着

まず、本調子では無かったけど4月の大阪杯でペルーサを破ってダントツで1着!
これでG1を2勝目!
このまま天皇賞!って行きたい所なんだけど、適正距離が最大で2100mだから、多分無理だ(;_;)

6月には安田記念に出走。
外国馬であるカンフォードクリフス、エイシンアポロン、カレージャスキャットを下しG1を3勝目!
やった……
遂に自牧場産の馬が3勝…!
これはめちゃくちゃ嬉しい!!!!
こいつが牝馬だったら…って少し思ったりもしたけど、全然かまわん!!
でもどうせだったらグランプリで勝ちたい!
ってことで宝塚記念に出走するもやはり距離が厳しかったのか6着に沈む。
やはり、適正距離って相当大事なんだな!
でも、このレースで1着を獲ったのが俺の所有馬ww
トーセンジョーダンなんだけどなw
まさかこの馬で宝塚を取れるとは思わなかった。

そして迎えた天皇賞(秋)!
またもやヴィクトワールピサに敗北www
こいつは一体何勝する気なんだよ!!!!
一回もこいつに勝てない!!!
ヴィクトワールピサがいなければ、今頃G1を6勝してるからな!

しかし、11月にはマイルCSを制し、安田記念と合わせてマイル戦線の頂点にww
これはこれで相当凄いぞ!!!!
マイルでは本当に敵無しなんだけどなぁ。


FullSizeRender
2011年の有馬記念の人気投票はこんな感じでした。
そりゃ、あんなに勝ってればヴィクトワールピサが1位になるわいww
ちなみにリンドブルムは4位!

でも、5歳とは言えブエナビスタを抑えての4位だし、凄いと思うぞ!!

ちなみに俺の所有馬は4頭がランクイン!

7位に入っているトチノヒメって馬が、予想に反してめちゃくちゃ勝ってるのよw
阪神JFと桜花賞を獲ったんだよね。
オークス、秋華賞とかも2着でとか。
有馬は散々だったけどね!


IMG_5115
年末の日本部門別表彰馬には、
リンドブルムとトチノヒメが選ばれました。

リンドブルムはもちろん最優秀短距離馬

本当は今年度で引退させようと思ってたんだけど、やはり来年までは期待したい!
牝馬じゃないんだし、別にいいわ!
牝馬だったらここで確実に引退させてたけどな!


2012年(5歳)
  • 3月 中山記念 - 1着
  • 4月 大阪杯 - 2着
  • 6月 安田記念 - 1着
  • 6月 宝塚記念 - 9着
  • 8月 札幌記念 - 1着
  • 10月 天皇賞(秋) - 1着
  • 11月 マイルCS - 1着
  • 12月 有馬記念 - 2着
  • 最優秀4歳以上牡馬
  • 年度代表馬
  • 引退
前年のマイルCSから4ヶ月が空いての初戦が中山記念。
これをぶっちぎりで制すが、続く大阪杯ではオルフェーヴルに敗北。

しかし、さすがはマイル最強馬!
安田記念を2年連続で制する。
宝塚記念の人気投票では3位に食い込み、調子に乗って出場させるも着外に…。

しかし、10月に天皇賞(秋)を初制覇!
続いてマイルCSも制し、これで2年連続春秋マイル制覇を達成!!
マジで凄いんだが!!!!!
これでG1通算勝利数は7勝に!!


FullSizeRender
そして、2012年の有馬記念人気投票では見事1位を獲得!!
これを引退試合にすることを決めた!!
キタサンブラックのように最後決めてくれ!


IMG_5119
しかし、やはりオルフェーヴルには敵わず2位で終わる。
めちゃくちゃ差を付けられて負けたわ!!
2着と言えど惨敗だったよ!気持ちいいほどにな!ww

これでリンドブルムは現役引退。
これからは我が牧場で子供を量産してもらうぞ!!


IMG_5127
また、年度代表馬にも選出された。
更には殿堂入りも果たし、自家産馬ではこれで2頭目!!

実は、トーテムパルシェンっていう牝馬三冠を達成した馬が2年ほど前に引退してる。
それが自家産馬では最初の殿堂入り馬!!

その馬は3歳で引退させて、将来を見越してすぐに繁殖牝馬にした!


IMG_5124
そして、リンドブルムにはシンジゲートのオファーもきました!
そりゃ、G1を7勝もしてりゃ来るわなww

マイルに特化した子供が産まれそうだね!


IMG_5126
更に!!!
歴代名馬100選ランキングには10位にランクイン!!!
まさか、ここまですげぇことになるとは思わなかったww
マイルの帝王という称号も頂いたし、もう言うことないわ!
この馬には本当に楽しませて貰った!

ありがとう、リンドブルム!😚


最終成績
  • 戦績:27戦17勝
  • G1:7勝
  • G2:4勝
  • G3:4勝
  • 主な勝ち鞍:2年連続春秋マイル制覇、天皇賞(秋)、大阪杯など
  • 収得賞金:6億6255万円
  • 総賞金:16億5720万円
テイエムオペラオーとディープインパクトと比べると雲泥の差なんだけど、
この金額も相当だぞ!wwwww
リアルだったら10位以内に入るだろうな!



俺の夢は終わらない…
そう…これで終わりじゃないんだよ…
2013年に、また凄そうな馬がデビューする…

IMG_5116
この、レッドディラソンと名付けられた馬だ!!
なんとこいつが産まれた日、外は大嵐で雷鳴が響いていたと牧場長が語っていた…。

そして…
親なんだけど…
母親は、先程話した牝馬三冠を達成したトーテムパルシェン

父親は、名馬100選ランキングの1位を飾ったディープインパクト!!

自家産馬かつ、とてつもない才能を引き継いだ子供なのだ!!

父親・ディープインパクトに似て成長が遅めなのでデビューは3歳からなのだが、こいつには相当期待している!!!

次回の記事は、このレッドディラソンの現役生活を追っていくぞ!

お楽しみに!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、こんちは!

ウイニングポストについての記事を書くぞ!

IMG_4957

実はね…
96年頃の幼駒セールで、テイエムオペラオーを8億円で落札した!!!ww

これさ!
思ったよりも安く買えた方だと思うんですよ!!!

その時、ちょうど8億3000万円の手持ちがあったんだよね…
で、そこそこの馬がいたら買おうと思ってたんですよ。

そしたら…
そこにはテイエムオペラオーの姿がっ!!
俺さ、この馬がすっごく好きなのよ!
凄く力があって、スピードもやばいのよね!

もうどうしても欲しくて、ダメ元でセリに参加してやろうと思ったのよ!

そしたらさ…
手持ち金ギリギリの8億で落札できたのよ!
もうな、リアルで声を上げたわwww

しかし、残りの手持ちは3000万にww
このあとマジで破産するかと思ったわ!

でも、コリユヘルサンダーとかトキノマジュツシの子供達がそこそこ勝ててたら、なんとか生き繋げたわww

今回はこのテイエムオペラオーが現役中にどのような活躍をしたのか紹介して行こう!(ゲーム中での話な)

赤字=G1
青字=G2
緑字=G3
1998年(2歳)
  • 11月 2歳新馬 - 1着
  • 12月 シクラメン賞 - 1着
  • 12月 ホープフルS - 2
98年にデビューし、2歳新馬・シクラメン賞をぶっちぎりで優勝。
更に3戦目でG1ホープフルSに出走するも、アドマイヤベガに僅差で負けて敗北。
以降、アドマイヤベガと幾度となく激戦を繰り広げることになる。


1999年(3歳)
  • 3月 弥生賞 - 2着
  • 4月 皐月賞 - 2着
  • 5月 日本ダービー - 1着
  • 6月 宝塚記念 - 2着
  • 9月 神戸新聞杯 - 1着
  • 10月 菊花賞 - 1着
  • 12月 チャレンジC - 1着
  • 12月 有馬記念 - 2着
  • 年度代表馬
8戦全てで重賞レースに出場。
昨年12月のホープフルSにてアドマイヤベガに敗れて以降、弥生賞・皐月賞と共に同馬に敗北!
しかし、5月のダービーではアドマイヤベガをぶっちぎりで破り優勝!!

続く宝塚記念ではグランプリを3勝も挙げた
あのグラスワンダーに惨敗し、2着に終わる。

その後、菊花賞をぶっちぎりで優勝し、今年G1を2勝目。
有馬記念では人気投票3位で出場し、スペシャルウィーク、グラスワンダー、アドマイヤベガとの激闘の末、スペシャルウィークに敗北!!
8戦4勝で97年を終えた。


2000年(4歳)
  • 1月 日経新春杯 - 1着
  • 3月 阪神大賞典 - 1着
  • 5月 天皇賞(春) - 1着
  • 6月 宝塚記念 - 1着
  • 10月 京都大賞典 - 1着
  • 10月 天皇賞(秋) - 1着
  • 11月 ジャパンC - 1着
  • 12月 有馬記念 - 1着
  • 最優秀4歳以上牡馬受賞
  • 年度代表馬
なんと8戦全勝wwww
天皇賞春秋連覇、更には両グランプリ制覇、ジャパンCなど全てのレースでぶっちぎりの優勝。

宝塚記念のみ人気投票でスペシャルウィークに譲るが、そんなこともお構い無しでぶっちぎり優勝。
この強さ…マジでヤバかったww
もうな、負ける気がしなかった!!

そして、ここへ来てG1通算7勝というとてつもない記録を樹立。
5歳となる来年がどうなるのか気になるところ…


2001年(5歳)
  • 3月 阪神大賞典 - 1着
  • 5月 天皇賞(春) - 1着
  • 6月 宝塚記念 - 1着
  • 8月 KGⅣ&QES - 1着
  • 10月 凱旋門賞 - 1着
  • 10月 BCターフ - 1着
  • 11月 ジャパンC - 1着
  • 12月 有馬記念 - 1着
  • 最優秀4歳以上牡馬受賞
  • 欧州年度代表馬受賞
  • 年度代表馬
これが5歳馬?!wwww
前年から引き続き、まさかのG1を12連勝wwww
G1通算14勝という化け物っぷりを発揮。
これはいくらなんでもやりすぎだね!
ディープインパクトですら7勝なのにww

そして驚いたのが、アメリカ・イギリス・フランスの重賞でも全て1位だったってこと。

これはさすがに驚いた。
99年に菊花賞、皐月賞って連続で落としてるから、G1を7勝するのもキツいかもとか思っていたけど、これはさすがに凄すぎる。  これは引退後の種付け料が楽しみで仕方ねぇな!
そして、強い子供が産まれることを強く望む!!

そして、来年は遂に6歳。
さすがに衰えるよなwwww
衰えなかったら、逆にゲーム性を疑うわ!


2002年(6歳)
IMG_5045
  • 3月 阪神大賞典 - 2着
  • 5月 天皇賞(春) - 1着
  • 6月 宝塚記念 - 2着
  • 8月 KGⅣ&QES - 2着
  • 10月 凱旋門賞 - 10着
  • 11月 ジャパンC - 1着
  • 12月 有馬記念 - 2着
  • 最優秀4歳以上牡馬
  • 引退
ぶっちぎりの優勝があったのはジャパンC時のみ。
それでも天皇賞(春)とジャパンCを獲って今年G1を2勝!
G1通算15勝というとんでもない歴史を残してしまった。

元々は去年で引退させようと思ったんですが、有馬記念の走りを見たら今年も行けるかも!とか思ってしまったんだけど、やはり衰えておりました…(泣)

凱旋門賞も1番人気で迎えたんですけど、着外に沈み、これは残りの試合で1着を取っても引退させようと決意しました!

もうな、この辺で繁殖牡馬として活躍して貰いたいと思ったのですよ!!
これからはゆっくりと牧場で暮らしてくれ!



最終成績
  • 戦績:34戦23勝
  • G1:15勝
  • G2:5勝
  • G3:1勝
  • 収得賞金:18億8630万円
  • 総賞金:42億6340万円
このような結果で現役引退!
42億とかリアルだったらダントツの歴代1位じゃねぇかww

最高でも20億行くか行かないかくらいじゃなかった?!
それが、ゲームだとこういうことになります!
テイエムオペラオーって、リアルでも最近までは総賞金歴代1位でしたよね!
アロゲートに抜かれたんだっけ?!
その辺が良く分からん。


しかし…俺の馬主伝説はこれで終わらない…


テイエムオペラオーが稼いでくれた42億で…
俺は新たな馬を買った……

  • 17億…アドマイヤグルーヴ
  • 10億…キングカメハメハ
  • 14億…ディープインパクト
やべぇだろ?!wwww
テイエムオペラオー、マジでありがとう!

いつか、アドマイヤグルーヴとの子供を産ませてみたい!!!!!

こいつらを礎にして、オリジナルの最近馬を量産したいものだ!!!!

この馬たちの活躍はまた後ほど別の記事で!ブックマークしてけよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ