Category:🎮プレイステーション4 > 実況パワフルプロ野球2018

ブログ内リンク
経歴
  • シアトル・マリナーズ(2006 - 2009)

捕手としては史上初で唯一の日本人メジャーリーガー。
現地では"ジョー・バズーカ"の愛称で親しまれた。
11年間をホークスで過ごし、2005年オフに海外FA権を行使してシアトル・マリナーズと契約。

1年目の2006年にシーズン18本塁打を記録し、2018年に大谷翔平が塗り替えるまでは日本人新人最多本塁打だった。(球団では新人本塁打記録)
またシーズン146安打はア・リーグ新人捕手最多安打記録であり、現在も破られていない。

2007年は多少数字を落とすも、打率.287、14本塁打をマーク。
またオフに送球の改善を指導され、リーグトップの盗塁阻止率.465をマーク。

出場機会の減少に伴い2009年に退団、日本球界に復帰した。


FullSizeRender

再現年:2006年をベースに2007年の要素も
参考データ:MLB公式サイト

今回はメジャーでキャリアハイの成績を残したデビュー年を再現。
城島さんの再現は日本時代のも含めて三度目というwww
ちなみに今回はリクエストにお応えしての作成でございます。

『対左投手』をEにするつもりだったのにすっかり忘れてDのままに。
ここはサイレントに修正しときます。

打撃能力は毎度のことながら盛っております。

その他に言うことは特にないかな。

FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

FullSizeRender


パワプロ2018で作成した再現選手一覧。
タイムスリップやOBなど多数あり。

※基本的にMLB公式データを基に作成していますが、個人的主観が入る場合もあるのでご了承ください。

NPB再現選手はこちら

随時更新中!


あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

アルファベット
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • カンザスシティ・ロイヤルズ(2011 - )
タイトル・表彰・記録
  • ワールドシリーズMVP:1回
  • ゴールドグラブ賞:5回
  • シルバースラッガー賞:2回
  • オールスターゲーム出場:6回


異次元の肩力を持ち、メジャーリーグを代表する捕手。
とにかく送球がエグすぎて引くくらいであるww
そして見ててめちゃくちゃ気持ちいい!

肩力もさることながら捕球から投げるまでの動作もめちゃくちゃ速く、間に合わないと判断した場合には座りながらでも二塁への盗塁を刺せるレベル。(良い子は真似しないでね)

リード面などでも定評があり、未だ28歳ながらゴールドグラブ賞を5度受賞。
2016年、2018年には盗塁阻止率.481を記録している。
これでリーグ1位じゃないという凄まじさ。
ただしクロスプレーが若干苦手とされている。

打撃にもパンチ力があり、2015年から4年連続でシーズン20本塁打以上をマーク。
ただし、打率と出塁率がものすごく低いのも特徴の1つか。
基本的に四球を選ばないので、なんと出塁率は毎回2割台後半である。

国籍はベネズエラで、2013年と2017年にはWBCベネズエラ代表として大会に参加している。


FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:129(一塁手:3)
  • 打率:.235
  • 安打:120
  • 二塁打:23
  • 三塁打:0
  • 本塁打:27
  • 打点:80
  • 盗塁:1
  • 盗塁死:1
  • 三振:108
  • 併殺:19
  • 守備率:1.000
  • 失策:0
  • 盗塁阻止率:.481
  • 対左打率:.241
  • 得点圏打率:.252
  • 満塁時打率:.444
  • UBR:ー3.3
  • 引っ張り率:46.7%

今回は盗塁阻止率.481を記録した2018年をベースにしております。

とにかくボールに手を出す印象が強いので、『悪球打ち』は付けるべきだったと今更ながら感じております。

それにしても『選球眼×』的なマイナス特殊能力的なものが欲しいなww


FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • ロサンゼルス・エンゼルス(2012)
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(2012 - 2015)
  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス(2016)
  • シアトル・マリナーズ(2017 - )


マリナーズのショートストッパーとして活躍する中心選手。

ドミニカ出身で、2007年にエンゼルスとマイナー契約。

2012年にメジャーデビューを果たし、ブルワーズ・ダイヤモンドバックスなどを経て、2016年にマリナーズへトレードで移籍し、現在に至る。

2016年にフォーム改造に取り組んだことが功を喫し、打率.319、203安打でナ・リーグ最多安打をマーク。
本塁打も前年(6本)を大きく上回る20本塁打をマーク。
元々俊足の選手で2013年には44盗塁を記録するが、足の怪我から影を潜めている。

2017年のWBCではドミニカ代表として出場。
マリナーズでは主に2番打者として活躍。





FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト、MLB The Show
  • 試合:144
  • 打率:.304
  • 安打:178
  • 二塁打:29
  • 三塁打:3
  • 本塁打:10
  • 打点:63
  • 盗塁:20
  • 盗塁死:11
  • UBR:2.8
  • 三振:69
  • 併殺:17
  • 守備率:.969
  • 失策:17
  • UZR:0.8
  • 肩の強さ指標:58
  • 送球の正確さ指標:53
  • 対左打率:.313
  • 得点圏打率:.303
  • アヘッドインカウント時:.385
2018年のシーズンをベースに再現。

今回からは守備指標や肩指標、ゾーン別チャート、打球方向などの細かいデータを集め、より再現度を上げております。

遊撃手なので強肩だと思われがちだが、指標を見ると近年は衰えが見られる模様。(全盛期は2013年)
よって肩力C(Dでも良いかも)、送球D。

守備指標ではマイナスになるシーズンが非常に多い。
ただ今シーズンはわずかながらプラスに転じているため、守備力をCに。
正直、Dでも良かったかなー。

打者能力は相変わらず盛っております。

ヘッドスライディング』も付けるべきだったなと思っているので、そこが反省点か。


FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


パワプロ2018で作成した再現選手一覧。
タイムスリップやOBなど多数あり。

※リクエストは受け付けていませんのでご了承ください。

※あくまで個人的な見解です。

随時更新中!



あ行

か行

さ行

た行


な行

は行

ま行

や行

ら・わ行



パワプロ2016の再現選手はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ