Category:🎮プレイステーション4 > 実況パワフルプロ野球2018

経歴
  • ヒューストン・アストロズ(2011 - 2013)
  • デトロイト・タイガース(2014 - 2017)
  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス(2017)
  • ボストン・レッドソックス(2018 - )
タイトル・表彰・記録
  • 打点王:1回
  • シルバースラッガー賞:3回
  • ハンク・アーロン賞:1回
  • オールスターゲーム出場:2回


広角に本塁打を量産するレッドソックスの主砲。

シーズン30本塁打以上を3回、40本塁打以上を2回記録したメジャーを代表するバッターで、それに加えて4年連続で打率3割を達成している。

OPSも非常に高く、3年連続で1.000を超える化け物である。

2018年に5年総額1億1000万ドルでレッドソックスに移籍し、1年目から打率.330、43本塁打、130打点で打点王を獲得。
打率、本塁打も共にリーグ2位であり、現在三冠王に一番近い選手かもしれない。

今回は今シーズンのマルティネスをパワプロ2018で再現。


FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:150
  • 打率:.330
  • 安打:188
  • 二塁打:37
  • 三塁打:2
  • 本塁打:43
  • 打点:130
  • 盗塁:6
  • 盗塁死:1
  • 四球:69
  • 敬遠:11
  • 三振:146
  • 併殺:19
  • OPS:1.031
今回は2018年をベースに作成しました。

特に言うことはない。

選球眼』は付けるべきだったかも、と今更ながら反省中。(作り直す可能性あり)

元々守備力は平均的だったようだが、近年ではものすごい勢いで劣化している模様。
よって、守備力はFでも良いかも。

ただし、めちゃくちゃ強肩でシーズン15補殺をマークしたこともある。


FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(1989 - 1996)
  • サンディエゴ・パドレス(1997 - 1998)
  • シンシナティ・レッズ(1999)
  • タンパベイ・デビルレイズ(2000 - 2002)
  • コロラド・ロッキーズ(2003)
タイトル・表彰
  • シルバースラッガー賞:1回
  • カムバック賞:1回
  • オールスターゲーム出場:4回

メジャー通算355本塁打をマークした90年代を代表する打者。
シーズン40本塁打以上を3度、50本塁打以上を1度記録しているが、本塁打王を獲得したことがない。

また生粋の強振バッターで、シーズン最高打率は98年に記録した.272で、大半は.200前後。

俊足ではないが盗塁成功率は比較的高く、通算121盗塁を記録している。

プロ入りする前は、カージナルス・ブルワーズ・パイレーツ・エンゼルスのドラフト指名を断ったことで有名。


今回はパドレス時代のボーンをパワプロ2018で再現!

FullSizeRender
再現年:1998年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:158
  • 打率:.272
  • 安打:156
  • 二塁打:28
  • 三塁打:4
  • 本塁打:50
  • 打点:119
  • 盗塁:11
  • 盗塁死:4
  • 四球:79
  • 三振:121
  • 併殺:7
  • 守備率:.993
  • 失策:2
  • 補殺:5
  • 対左打率:.267
  • 得点圏打率:.214
ツイッターで地味にリクエストをいただいた選手です。

今回はシーズン50本塁打を放ち、シルバースラッガー賞を獲得した1998年を再現してみました。

ただ、情報があまりにも無さすぎて苦労しました。

特に動画が全然なくて、サヨナラ本塁打を打ったのかとかそういった情報が全く得られず…。

守備なんかも成績を見て判断するしかございませんでした。


FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • アトランタ・ブレーブス(1996 - 2007)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2008)
  • テキサス・レンジャーズ(2009)
  • シカゴ・ホワイトソックス(2010)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2011 - 2012)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス(2013 - 2014)
タイトル・表彰・記録
  • 本塁打王:1回
  • 打点王:1回
  • シルバースラッガー賞:1回
  • ハンク・アーロン賞:1回
  • ゴールドグラブ賞:10回
  • プレイヤーズ・チョイス・アワーズ:2回
  • プレイヤー・オブ・ザ・マンス:2回
  • フィールディング・バイブル・アワード:1回
  • オールスターゲーム出場:MLBで5回、NPBで1回


メジャー通算434本塁打を記録した化け物で、走攻守揃ったメジャーを代表する外野手。

7度にわたってシーズン30本塁打以上をマークし、2005年には2年連続で40本塁打・100打点を記録。
また守備の名手でもあり、1998年から10年連続でゴールドグラブ賞を獲得するほどの腕前。
なんと通算守備率は.990。
また歴代11位となるシーズン刺殺数を記録している。

デビューから数年は俊足を誇っており、97年から4年連続で20盗塁以上をマークしていた。

そんな選手が、衰えたとは言え楽天に入団したのは当時かなりの衝撃だったwww
日本でも通算50本塁打をマークしている。

今回はブレーブス時代のジョーンズをパワプロ2018で再現。


FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2005年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:160
  • 打率:.263
  • 安打:154
  • 二塁打:24
  • 三塁打:3
  • 本塁打:51
  • 打点:128
  • 盗塁:5
  • 盗塁死:3
  • 四球:64
  • 敬遠:13
  • 三振:112
  • 併殺:19
  • OPS:.922
  • 守備率:.995
  • 失策:2
  • 補殺:11
  • 対左打率:.256
  • 得点圏打率:.207
今回は本塁打王と打点王の二冠に輝いた2005年をベースに多年度の要素も合わせて再現。

特にこれといって言うことはないが、守備力はSでも良いくらいにポテンシャルが高い。
肩力はBでも良いかもしれない。

基本的に打率は低くて、3割を超えたシーズンは2000年の一度きり。


FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

FullSizeRender


パワプロ2018で作成した再現選手一覧。
タイムスリップやOBなど多数あり。

※基本的にMLB公式データを基に作成していますが、個人的主観が入る場合もあるのでご了承ください。

NPB再現選手はこちら

随時更新中!


あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

アルファベット
  • J.D.マルティネス(2018)J.D.Martinez
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • シアトル・マリナーズ(2007 - 2009)
  • シンシナティ・レッズ(2009)
  • 東京ヤクルトスワローズ(2011 - )
タイトル・表彰・記録
  • 本塁打王:3回
  • 最高出塁率:2回
  • 打点王:1回
  • 最優秀選手:1回
  • 月間MVP:4回
  • ベストナイン:2回
  • オールスターゲーム出場:6回
  • WBCオランダ代表:2回
日本プロ野球のシーズン本塁打記録を保持する助っ人外国人スラッガー。
シーズン本塁打30本以上を7度記録するなど安定感がある。
オランダの国民的英雄である。

2010年オフにスワローズと2年契約を交わして来日。
入団1年目から31本塁打をマークし、本塁打王のタイトルを獲得。
この年から3年連続で本塁打王を獲得し、3年連続はセ・リーグでは王貞治以来となる史上2人目の記録となった。

2013年、怪我により開幕に出遅れるが、プロ野球新記録である月間17本塁打などを記録するなど物凄いスピードで本塁打を量産し、最終的に60本塁打を放って日本プロ野球のシーズン本塁打記録を樹立。
OPSもリーグ最多の1.234という異次元の数字を残している。

その後も安定した活躍を続け、2018年は日本8年目にして初の打点王に輝く。


今回はシーズン最多本塁打記録を樹立したバレンティンをパワプロ2018で再現!


FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2013年
参考データ:パワプロ2013など
  • 試合:130
  • 打率:.330
  • 安打:145
  • 二塁打:17
  • 本塁打:60
  • 打点:131
  • 四球:103
  • 敬遠:
  • 三振:105
  • 併殺:14
  • 出塁率:.455
  • 長打率:.779
  • OPS:1.234

今回は2013年がベースで、ほぼ過去作のパワプロのコピー。

ただ、パワーだけは93に下げた感じ。(パワプロ2013ではパワー100)

対左投手』はAでも良かったかもしれない。

また『ケガしにくさE』はプロスピ2013を参考に。

その他、基礎能力や特殊能力は全てパワプロから。


FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ