Category:🎮プレイステーション4 > 実況パワフルプロ野球2018

FullSizeRender


パワプロ2018で作成した再現選手一覧。
タイムスリップやOBなど多数あり。

※基本的にMLB公式データを基に作成していますが、個人的主観が入る場合もあるのでご了承ください。

※作成リクエストは受け付けていません。

NPB再現選手はこちら

随時更新中!


あ行

か行

さ行


た行

な行

は行

ま行

や行

ら・わ行

アルファベット
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

更新情報
  • 2019.04.08 バレンティン選手のリンクを修正しました。

パワプロ2018で作成した再現選手一覧。
タイムスリップやOBなど多数あり。

※リクエストは受け付けていませんのでご了承ください。

※あくまで個人的な見解です。

随時更新中!



あ行

か行

さ行

た行


な行

は行

ま行

や行

ら・わ行



パワプロ2016の再現選手はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • サンディエゴ・パドレス(2002 - 2009)
  • シカゴ・ホワイトソックス(2009 - 2013)
  • ボストン・レッドソックス(2013 - 2014)
  • サンフランシスコ・ジャイアンツ(2014 -2016)

タイトル・表彰・記録
  • 投手三冠:1回
  • 最優秀防御率:2回
  • 最多勝:2回
  • 最多奪三振:1回
  • サイ・ヤング賞:1回
  • オールスターゲーム出場:4回
  • ゴールドグラブ賞:1回
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス:4回
  • プレイヤーズ・チョイス・アワーズ:1回
  • WBCアメリカ代表:1回


平均152km/hの速球や超一級品の変化球を武器に、2000年代に活躍したスーパーピッチャー。

2007年には史上27人目となる投手三冠を達成。(最優秀防御率、最多勝、最多奪三振)

基本的にフォーシームとツーシームの速球を中心に組み立てており、投球割合は全体の5〜6割を占めるが、キレの良い変化球を決め球として使用する。
最も自信がある球種はスライダーだと言う。

スライダーは2種類あって、カットボールのように真横に変化するもの高速のものと、カーブのように斜めに大きく落ちるものがある。
大半は速球とスライダーのみの投球が多かった。
そのほか、タイミングをずらすためにフォークのように落ちるチェンジアップを投げたり、ごく稀に縦に割れるカーブを投げることもあった。

2010年頃から緩急をつけた投球を心掛けるようになり、チェンジアップとカーブの投球割合が上昇している。
一方でスラーブの投球割合は減少傾向にあった。

全盛期は制球力が良いものの四球が結構多かった(意図的なものも多かった)が、晩年は改善しメジャー屈指の制球派投手となる。

また地味に守備も上手い。
特に、打球反応と捕球に優れている。
デビューしてから守備率10割を4度記録したことがあり、2012年にはゴールドグラブ賞を獲得している。

バッティングも意外と良く、2008年には打率.265、2006年には2本塁打を記録している。


FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2007年
  • 試合:34
  • 投球回:223.1
  • 完投:0
  • 完封:0
  • 防御率:2.54
  • 勝敗:19勝6敗
  • 被本塁打:13
  • 奪三振:240
  • 与四球:68
  • 被打率:.208
  • 対左被打率:.242
  • 得点圏被打率:.243
  • 投球割合:フォーシーム31.8%、ツーシーム24.6%、カットボール(高速スライダー)22.9%、スライダー12.2%、チェンジアップ6.5%
  • 平均球速:フォーシーム95.4マイル、カットボール88.5マイル

投手三冠に輝いた2007年をベースに作成!!

今回は変化球に非常に悩んだ。
特にスライダーね。
カットボールか高速スライダーのどちらにしようかな…って感じだったんですよ。
最初は球速的にもカットボールにしようかと思ったんだけど、変化量が微妙なんすよねぇ…。
ピービーのカットボールって、変化量が大きいのもあれば小さいのもあるから、高速スライダーの方がよりリアルかな…って。

オリジナル変化球で再現することも考えたんだけど、こっちはツーシームで使いたかったから、結局高速スライダーにした感じ。

ツーシームは球速をMAXにまで振り、ブレーキのパラメータを4段階ほど上げてます。
これでシンカーっぽい変化をしてくれます。



FullSizeRender

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

更新情報
  • 2018.11.28 ページ公開
  • 2019.04.13 選手能力を修正・再アップロードしました


経歴
  • デトロイト・タイガース(2005 - 2017)
  • ヒューストン・アストロズ(2018 - )
タイトル・表彰・記録
  • 最多勝:2回
  • 最優秀防御率:1回
  • 最多奪三振:5回
  • MVP:1回
  • サイ・ヤング賞:1回
  • 新人王
  • プレイヤーズ・チョイス・アワード:3回
  • ルーキー・オブ・ザ・マンス:1回
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス:3回
  • リーグチャンピオンシップシリーズMVP:1回
  • ベーブ・ルース賞:1回
  • 投手三冠:1回
  • ノーヒットノーラン:2回
  • オールスターゲーム出場:7回


2018年時点で通算204勝、2706奪三振を誇るメジャー代表するピッチャーがジャスティン・バーランダーである。

なんと全盛期には球速164km/hをマークするなど、物凄い豪速球を放つ。
その一方で変化球もヤバイwwww
カーブ、スライダー、チェンジアップを持ち球としていて、なんと全ての球種で三振が取れるほどのキレと球威を持つ。

カーブは133km/h程度で、なんとフォーシームとの球速差は30km/h近い!!!!
しかも変化量もエグい。
またクイックも速くてリリースも良いので、これはマジで打てない。

しかもチェンジアップなのに球速は140km/hを超えることがある。
あの握りでどういう投げ方をしたらそんな球が放ることができるのかが謎であるwwwww

2015年頃から衰えが見え始め(球速が大きくダウン)、故障も増える。
2017年にトレードでアストロズに移籍。
翌年2018年には完全復活を果たし、35歳ながら防御率2.52、16勝9敗、290奪三振をマークして、通算5度目となる最多奪三振のタイトルを獲得した。


今回はデトロイト時代のバーランダーをパワプロ2018で作ってみました。


FullSizeRender
再現年:2011年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:34
  • 防御率:2.40
  • 完投:4
  • 完封:2
  • 勝敗:24勝5敗
  • 勝率:.828
  • 投球回:251.0
  • 被本塁打:24
  • 与四球:57
  • 奪三振:250
  • WHIP:0.92

今回はサイ・ヤング賞を獲得した2011年を再現。

以前作ったバーランダーは個人的に微妙な出来だったので今回作り直し。

前回と変わって点は…
  • 回復B』『勝ち運』『ケガしにくさB』を新たなに追加。
  • オリジナル変化球をドロップカーブではなく、チェンジアップで作成。
  • 『打たれ強さ』を1ランクダウン。
こんな感じかな。
基礎能力はスタミナ以外変わってません。

オリジナル変化球はチェンジアップをベースに"Hチェンジアップ"として再現。
平均球速が140km/h前半台になるように調整し、打者から見て左方向に落ちる変化を追加してます。

結局『威圧感』は付けませんでした。



FullSizeRender


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

経歴
  • ロサンゼルス・エンゼルス(2006 - 2016)
  • サンディエゴ・パドレス(2017)

タイトル・表彰・記録
  • 最多勝:2回
  • 最多奪三振:1回
  • オールスターゲーム出場:3回
  • ノーヒットノーラン:1回



エンゼルスに長らく在籍し、最多勝2回、最多奪三振1回を獲得した技巧派ピッチャー。

平均球速は84〜91マイル前後で、メジャーの選手の中ではとても遅い部類に入るが、ボールの出所が見えにくいフォームと緩急を駆使して活躍。

投げる変化球はそれぞれ一級品で、右打者の足元にチェンジアップは変化量を微妙に変えながら投げてるように見受けられる。
またカーブもものすごい勢いで落ちていく。

2006年にメジャーデビューを果たし、9年連続で二桁勝利を達成。
2014年にはマックス・シャーザー、コーリー・クルーバーなどと言った名投手と並んで最多勝を獲得している。

マウンドに上がる際に、2009年に不慮の交通事故で亡くなった同僚ニック・エイデンハートのイニシャルを書いてから登板していたことは有名な話のようだ。





FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2012年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:30
  • 投球回:180.2
  • 完投:3
  • 完封:2
  • 防御率:2.81
  • 勝敗:20勝5敗
  • 勝率:.800
  • 被本塁打:20
  • 与四球:45
  • 奪三振:142
  • 被打率:.214
  • 対左被打率:.199
  • 得点圏被打率:.204
  • 投球割合:フォーシーム29.4%、シンカー33.2%、チェンジアップ13.4%、スライダー13.3%、カーブ10.7%
  • 平均球速:フォーシーム141km/h

今回は最多勝の獲得、そしてリーグ最多となるWHIPを記録した2012年をベースに作成。

投球回数は180回と少なめだが、完投を3回達成していることを考慮してスタミナAに。

実は得点圏被打率や対左被打率は、被打率に比べて低い。
それにも関わらず防御率が2点台後半なのは、被本塁打が多いことが挙げられる。
2016年にはリーグ最多となる37被本塁打を記録している。

また、田中将大選手ばりの雄叫びをあげることで知られているので『闘志』を付けました。

球種については特にいうことも無し。
ただ、サークルチェンジでは球速か遅いので、フォークをベースにオリジナル変化球で再現しても良かったかも。
もちろん打者側から見て、左斜めの変化を追加して。



FullSizeRender


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ