【あつ森】番外編 3月中にしか釣れない魚を見逃すな!!ついでに魚の生態についても語ろう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どうも俺です!!!!!!!

現時点で俺の島(北半球)で釣れる魚はコンプリートしたと思われるので、今更ではあるけど3月中に逃したらやべぇ魚を紹介して行こうと思う!(ついでに釣れる場所もな)

今作ではおさかな図鑑に、釣れる月と時間が掲載されているので、友人と情報を交換する際に非常に役立つな!!!

この記事を公開するのはもう3月の終わりくらいになりそうだけど勘弁な!!!!!!!

俺みたいに時計を動かさない派の人にとって、魚の釣れる時期ってのは死活問題だからな!

スポンサーリンク

3月までしか釣れない魚

タナゴ

  • 生息時期:11月〜3月
  • 時間帯:1日中
  • 釣れる場所:基本、川ならどこでも

なんとタナゴは地味に出現時期がイトウに次いで少なくてビックリ!!!なんと3月を逃すと出現するのは12月!!!

ただ、めちゃくちゃ釣りやすいので、川でそれなりに釣りをしていれば釣ることができるだろう。

ちなみにタナゴは日本固有種。要するに日本にしか生息していないってこと。

実は人間による開発や外来魚の増加により絶滅危惧種に指定されている。めちゃくちゃ小さいから、ブルーギルにでさえ捕食されてしまう。

外来魚を持ち込んだやつ…許さん……。

現実世界で釣り上げたら、リリースしてあげるのが良い…って思うかもだけど、逃しても地獄というまさに生きる場所を侵されてしまっている状況だ。

しかし、このゲームでは大量に釣れる魚なので、ガンガン釣って家に飾ろう!!ちなみに飾った時の水槽がとても可愛いのも特徴。

イエローパーチ

生息時期:10月〜3月

時間帯:1日中

釣れる場所:基本、川なら何処でも

この魚もこの世界ではよく目にする種で、タナゴやイトウほどではないが生息時期が結構短い魚。3月を逃すと次に釣れるのは10月。

現実世界では"ヨーロピアンパーチ"と呼ばれ、その名の通りロシアやヨーロッパなど比較的寒冷地に生息する。日本には生息していない。日本でこいつが釣れたら完全に外来魚なので、家に持ち帰って食おう。

サイズはあのブルーギルよりも大きく育つ。ルアーなどでも釣れるため、欧州では釣りの魚として人気があるようだ。

イトウ

  • 生息時期:12月〜3月
  • 時間帯:16時〜9時
  • 釣れる場所:崖の上

このゲームで最も希少かもしれないこの魚…。出現時期が非常に限られており、かつ昼間は全く釣れず、出現率も超絶に低いという三重奏である。

生息場所は、崖の上の河川なら何処でも釣れるという報告あり。

ゴールデントラウトの釣れる場所も同様に『崖の上』と書いてあるが、ゴールデントラウトが崖の上の池でも釣れたのを俺は確認しているので、イトウも池で釣れる可能性あり。

ちなみにこのイトウも現実世界ではかなり希少で、絶滅危惧種に指定されている。しかもレッド指定。まさに幻の魚。なんとあのイリオモテヤマネコと同区分という事実が希少性を物語っている。

現在は北海道にのみ生息が確認されていて、日本最大の淡水魚である。記録史上最大サイズは2.1mと言われている。

チョウザメ

  • 生息時期:9月〜3月
  • 時間帯:1日中
  • 場所:河口

上記の3種ほどではないが、チョウザメも生息時期が限定されている。

3月を逃すと次に出会えるのは9月からになる。

チョウザメは河口に出現することがある。画像でも分かるように、川と海の境目に出現する。

3月に河口に巨大な魚影が泳いでいたら、かなりの確率でチョウザメである可能性が高いので、とりあえず釣竿を投げておこう。

なんとこの魚は古代魚(生きる化石)であり、シーラカンス同様に約3億年前から姿を変えずに存在してきた種と言われている。しかもかなり長寿で100年以上生きた個体もいるとか。

この種は川から海に渡る種がいることから、ゲームでは河口に出現するのだと思われ。

ちなみにチョウザメは養殖もされており、個体数もかなりいるようで、普通に料理して食われているww俺は食ったことがない。

クリオネ

  • 出現時期:12月〜3月
  • 時間帯:1日中
  • 場所:基本、海ならどこでも

この時期の海では大量に釣れるクリオネだが、なんと出現時期はイトウと同等に短いという。

これは結構意外だった!!1年中釣れるものだと思ってたよ。

クリオネは部屋に飾ったときの水槽が可愛いし、水槽に触れた時のリアクションもすごく特徴的なので、部屋のレイアウトとして飾りたいと思っている人は今のうちに釣っておこう。今を逃したら、次に出会えるのは12月だ。

クリオネは基本的に寒冷な海に生息しており、北海道でも見ることができるらしい。ウィキには富山県に日本固有種のクリオネがいるとかなんとか…。

俺は実際に水族館で何度も見たことがあるが、天使のような姿をしていてやはりめちゃくちゃ可愛いwww動きもとてもキュート。

だが、捕食時はグロテスクな見た目になることで有名。そのギャップがまた良い。

チョウチンアンコウ

  • 生息時期:11月〜3月
  • 時間帯:16時〜9時
  • 場所:基本、海ならどこでも

最後はチョウチンアンコウでございます。夕方から朝にかけて出現し、そこそこ頻繁に釣れるけど買取金額は結構高い。

この種もタナゴ同様に5ヶ月間しか釣ることができない魚で、3月を逃すと11月まで出会うことができないため、今のうちに釣っておくが吉。

ちなみに魚影のサイズはスズキやヒラメと同等くらいか。

チョウチンアンコウは言わずと知れた深海魚であり、水深200〜800mの中層に生息していると言われている。

頭の先端には誘引突起と呼ばれる明るく発光する触覚みたいなものが飛び出しており、これを用いて餌を誘き出していると言われている。

ちなみに俺たちがよく見るでけぇチョウチンアンコウは全てメス個体であり、オスは驚くほどに小さくて笑えるくらいであるww

リアルに人間とクジラくらいの体格差がある。

てことで、以上が3月までしか釣ることができない魚たちでした!!

今回紹介した魚たちは今回を逃すと再登場するのは数ヶ月先になってしまうため、なるべく釣っておきたいところだな!