• 読売ジャイアンツ(1976 - 1989, 1993 - 1994)
  • 横浜DeNAベイスターズ(2012 - 2015)
愛称『絶好調男』で親しまれた80年代を代表するジャイアンツの選手、中畑清さん。
俺は全く世代じゃないんだけど、めちゃくちゃ大好きな方で、あの元気な性格がたまらないよね。

ガキの頃に、中畑さんの野球教室に行ったことがあって、それ故に好きなのかもしれない!
実はツーショット写真も持っているww


中畑清さんは、1974年に読売ジャイアンツに入団。
入団当初は期待されていたものの、王さんや張本さんがいたこともあって中々出場機会に恵まれなかった。

入団から4年目の1979年に頭角を現し始め、一塁手として定着。
打率.294、12本塁打、45打点と活躍した。
1981年にはキャリアハイとなる打率.322を記録。更に最多三塁打も記録し、走塁能力の高さも垣間見せた。

1982年頃から本塁打もふえ、1984年に31本塁打を記録。この年は4番を任される事も多かったようだ。

しかし、度重なる怪我もあり、1989年にはレギュラーを奪われ、そのまま現役を引退した。

引退後、93〜94年の間は巨人にて打撃コーチを務めていた。
それからしばらくは一線から退いていたが、2004年には長嶋監督の元、アテネオリンピック日本代表のヘッドコーチを務める。
長嶋監督が具合を悪くしてからは日本代表の監督として、日本を銅メダルに導いた。

2012〜2015年にはベイスターズで監督を務め、当時の若手であった筒香選手や梶谷選手を積極的に起用して育てた。


今回はそんな中畑清さんの現役時代をパワプロ2018で再現してきました!


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


FullSizeRender
今回作成したのがこちら!
再現年は1984年。
  • 試合:130
  • 打率:.294
  • 安打:145
  • 本塁打:31
  • 打点:83
  • 盗塁:4
  • 盗塁死:1
  • 三振:64
昔の選手ですので、初球打率や得点圏打率などの情報が全然入手できず!
よって、特殊能力に関しては過去のパワプロも参考にさせていただいております!

『ケガしにくさ』をFにしたくてカレンを追ってたんだけど、我間が出てしまった…
しかし、この年は大きな怪我もしてないし、付けても付けなくてもって感じか。

また、パワプロでは『守備職人』が付いていないんだけど、個人的に付けたかった…
だって、7年連続ゴールデングラブ賞ですもの……

パワーも、本塁打を30本以上打っているのでAにさせていただきました。
パワーヒッターは付けてないけど、Aはあってもいいんじゃないかと。

まぁこんな感じです。

昔の選手のデータも仕入れられればいいんだけど、中々難しいんよねぇ。
サイトも中々ないし。

そういうのを調べて、ブログを書いたらめちゃくちゃ儲かりそうだなww
今度やろうかな…


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender