• 広島東洋カープ(1999 - 2007)
  • 阪神タイガース(2008 - 2014)
  • 広島東洋カープ(2015 - )
タイトル
  • MVP(2016)
  • 本塁打王(2005)
  • 打点王(2010)
  • ベストナイン(2005、2016)
  • ゴールデングラブ賞(2008)

広島の"顔"と言ってもおかしくない新井貴浩選手。
41歳となった今でもカープの中心選手として活躍している。

新井選手は1998年にドラフト6位でカープに入団。
ルーキーイヤーから7本塁打を放つなどして期待の新人となった。

2000〜2001年にかけて出場機会が大幅に増加。
2001年には124試合に出場し、打率.284、18本塁打、56打点と活躍した。

2002年には自身初となる試合出場果たし、28本塁打を記録。

2005年は打率.305、43本塁打、94打点という好成績を残し、本塁打王とベストナインを獲得した。
この年は三塁手としての出場が多かったが、一塁手としてベストナインに輝いている。

三塁手での守備は精彩を欠くが、一塁手としての守備力がかなり高い。

2007年オフにFA宣言をし、阪神タイガースへ移籍。
2010年には打点王に輝いている。

2014年には自ら球団に自由契約を申し入れ退団、広島東洋カープに復帰となった。

広島に復帰してからは主に4番打者として活躍。
2016年には2000本安打を達成し、シーズンでも打率.300、19本塁打、101打点と素晴らしい成績を残し、リーグ優勝に貢献した。


今回はそんな新井選手の全盛期をパワプロ2018で再現してきました。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


FullSizeRender
こんな感じでございます!
再現年は本塁打王を獲得した2005年。
  • 試合:142
  • 打率:.305
  • 安打:165
  • 本塁打:43
  • 打点:94
  • 盗塁:3
  • 三振:126
  • 対左打率:.363
  • 併殺:16
このシーズンの得点圏打率は.274で強くなかったんだけど、いちごのイベントでチャンスが上昇&赤特本が買えず『チャンスC』でエンド。

送球もFまで下げたかったのですが、赤特本が一度しか店に出品されずにE止まり。
併殺も同じ。

やはり今作のパワプロは、赤特に関しての運要素が酷すぎますね…😭

マイナス能力なのに付けにくいって、普通は逆よな?ww
逆でもイラつくけども!

赤特くらいはいつでも好きに付けられるようにしてもらいたいものです。

で、パワーヒッターは今回見送り!!
プルヒッターだけあれば十分だろうと判断。

パワー85でプルヒッターを付いていれば、ペナントでかなりホームランを打つ。

てことで今回はこんな感じでございます!


本当に赤特だけはどうにかならんかな?ww


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender