入団してから全く活躍できず、移籍をした途端に覚醒する選手が稀に現れる。

土谷鉄平さんはそのうちの1人でしょう。

2000年にドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。
当時は主に遊撃手として試合に出場していた。

しかし、思うような成績を残せずに2軍生活が続いた。

2005年オフ、落合博満さんの配慮により金銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。
移籍1年目で103試合に出場し、打率.303を残す。
それ以降もイーグルスのレギュラーとして出場し続け、2009年には打率.327を残し初の首位打者を獲得する。
その翌年も打率.318を残し、イーグルスの不動のレギュラーとなっていった。

しかしそれ以降は成績が振るわず2014年にトレードでオリックスブルーウェーブに移籍。
その後、2016年に現役を引退した。


鉄平選手は非常に身体能力が優れた選手で、走攻守揃ったバランスの取れた選手でした。
バッティングフォームがめちゃくちゃ好きだった!
守備範囲が広く肩も強かったが、捕球面にやや難があるシーズンが多かった。


今回はそんな鉄平さんの全盛期をパワプロ2018で再現してきました!



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


FullSizeRender
FullSizeRender
てことで、完成した選手がこちら!
再現年は、首位打者を獲得した2009年です。
  • 試合:132
  • 打率:.327
  • 安打:162
  • 三塁打:13
  • 本塁打:12
  • 打点:76
  • 盗塁:13
  • 三振:76
  • 出塁率:.391
  • 対左打率:.314
今回はかなり満足の行く出来となっております!
打撃能力や走力は文句なし。

捕球に関してはE。
過去のパワプロなんかではFだったと思うんだけど、今のパワプロでFってかなりの確率で落球するので今回はEで良いかなと。

また引っ張り方向への本塁打が多い印象があったのでプルヒッター
猛打賞を記録した試合が多いので固め打ち

三塁打を13も打っていることから走塁Bにしました!

まぁ、こんなもんでしょう!!


それにしてもそろそろサクセスのバグを修正してもらいたいんすよね…
このままだと強い再現選手が作れないんだよww

パワフェスだとマイナス能力を付けるのもめんどくさいし…



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">

FullSizeRender