こんちは!

一流の実力を持ちながらも怪我に悩まされた元ホークスの大エース・斉藤和巳さん。

あのダルビッシュ有選手も憧れたとんでもないピッチャーでした。

1996年にドラフト1位でダイエーホークスに入団。
それからしばらくは活躍できずにいたが、2000年に頭角を表し始める。
しかし怪我を負い、またしばらく活躍できない日々が続く。

迎えた2003年のシーズンでは当時プロ野球記録となる先発16連勝含むシーズン20勝を達成。
最多勝、最優秀防御率、最優秀投手賞、ベストナイン、沢村賞など多くのタイトルを獲得。

その後、怪我と戦いながら2006年には最優秀防御率、最多勝、最優秀投手賞、最多奪三振、沢村賞、ベストナインを獲得し、投手タイトルを総ナメにした。
また、城島健司さんと共に最優秀バッテリー賞も獲得。

当時のパ・リーグでは最強の投手であった。

その後、肩の故障により約6年間をリハビリに励むが復帰は叶わず2012年に現役を引退した。

今回はそんな斉藤和巳さんの全盛期をパワプロ2018で再現してきました!

パワプロ2016でも作ったんだけど、前回の出来にあまり満足できていなかったので、今回新たに作り直しましたぞ!!




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


FullSizeRender
FullSizeRender
今回はこんな感じでございます!
めちゃくちゃ強いのだがww
再現年は投手五冠を達成した2006年!
  • 試合:26
  • 防御率:1.75
  • 勝利:18
  • 敗戦:5
  • 勝率:.941
  • 与四球:46
  • 奪三振:205
低反発球じゃなくむしろ跳ぶボールだったこの頃でこの成績は凄いの一言に尽きます。
とにかく敵なしというような印象でした。

これと言って不満がない出来なんだけど、斉藤さんってクイックがあまり得意じゃなかったんだっけ?!
その辺が全然頭に入ってなかった。

変化球はカーブを習得させてるけど、実際はスローカーブに近い球速なんだよな。

落ちる球はフォークではなく、スプリットにしました。
スプリットだから変化量6でも良かったかもしれん。


てことで、想像以上に再現通りにできたので、是非とも使ってくださいませ!


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender