style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


こんちは!!

前回はアルバート・プホルスを作って紹介しましたが、プホルスを作ったのならこの人も作らねば!!

FullSizeRender
そうです!
最強外野手の一角、マイク・トラウト選手でございます!!
まだ26歳という若さだが、毎年一流の成績を残す彼。

2009年、高校を卒業と同時にドラフト1位でロサンゼルス・エンゼルスに入団。
2011年にはメジャーに昇格し、2012年には打率.326、30本塁打、49盗塁を記録。
新人で30本塁打、30盗塁を達成したのはメジャー史上初。
史上3人目となる新人でシーズンMVP獲得が注目されたが、この年にはまさかのミゲル・カブレラが三冠王を達成したため、惜しくも逃す。
後に、2014年と2016年にMVPを獲得。

また、俊足を活かした守備にも定評があり、ダイビングキャッチやホームランキャッチも時折見せることがあり、2012年にはフィールディング・バイブル・アワードに輝いている。

今回はそんなマイク・トラウト選手をパワプロ2016で再現してきました!!!


※あくまで個人的な見解です。

FullSizeRender
FullSizeRender
強すぎwwww
以前作ったジャコビー・エルズベリーっぽいステータスになっちゃったな!

再現年は2012年です。
  • 打率… .326
  • 安打… 182
  • 二塁打… 27
  • 本塁打… 30
  • 打点… 83
  • 盗塁… 49
  • 盗塁死… 5
  • 三振… 139
  • 出塁率… .399
  • OPS… .963
まず最初に言わせてもらうと、『三振』が番堂のイベントで消失(泣)
トラウトのウィークポイントと言ったら三振と肩なのに…
そこはご了承ください…

毎度のことなんだけど日本がベースのゲームということで、打撃は多少盛っております。
打率が.330を超えていたらAにしていたと思います!

それにしても驚異的なのが盗塁ですよね!
実施数が54回と多いのに、成功率90%というとんでもない数字を残している。
というわけで『盗塁A』にさせていただきました。
走塁もCくらいにしたかったんだけど、敏捷ポイント不足で断念…

てことで、是非とも使ってみてくれ!
パワプロ2018でまとめて作り直そうと思っている選手の一人なので、またその時に紹介しましょう!

FullSizeRender


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


FullSizeRender