【WP8 2017】また凄い馬が誕生!デビルジェイドが目指すは牝馬3冠!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
こんにちは!
ウイニングポストをやっていきまっせー!

FullSizeRender
この世界では遂に2016年に!
手持ち金は165億というとんでもない馬主へと成長していた!!

牧場も現時点でできる最大の拡張をしているので、これから産まれてくる幼駒たちはきっと凄い能力を持ったやつらかもしれない!

IMG_5584
リンドブルムやレッドディラソンという名馬を産んだ牝馬・トーテムパルシェンとアドマイヤグルーヴの評価額が2億円を超えたぁ!

記事では紹介していないんだけど、レッドディラソンの1つ上の兄トサノリョーマ(名前わろす)もダービーを獲る活躍をしている。
父はあのテイエムオペラオー!
なんと、このトーテムパルシェンは、ディープインパクトとともテイエムオペラオーとも相性が良いとんでもない馬なのだ!

てことで話はかなりズレたけど、今回も1頭の馬を追って行こうかと思っとります!!!

今まで、リンドブルムとレッドディラソンという自家生産G1馬を排出してきましたが、今回もそれを成せる馬かもしれない!

それがこの馬だ!!!


FullSizeRender
※スクショを撮り忘れたので、3歳の頃の写真を掲載。

名前はデビルジェイド
牝馬に付ける名前じゃねぇよなwwww

由来は、デビルメイクライの『デビル』と、HONDAのハイブリッド車『ジェイド』からwwww
乙女のカケラもねぇーーー!!

しかも、ジェイドって車は俺と特に縁があるわけでもなく、ただ単にデビルに合いそうな単語をくっつけただけだ!

ちなみに、母親がレッドディラソンの母でもあるトーテムパルシェン、父親はディープインパクトでございます!

やはり、この組み合わせはなんでか分からんけど超最高なんだわなww
こいつの弟もめちゃくちゃ凄そうだかららな!

このデビルジェイドが産まれた時、美しい夜空が広がっていたんだよ…
そして、牧場ではデビルジェイドの背後で虹が架かる演出も…

きっとこの馬はやってくれるはずだ!
だけど、牝馬だし慎重に…

で!!!
とりあえずある程度のシステムは理解できてきたので、
今回からは海外レースも視野に入れて出走させていくぞ!!


※今回からゲームに合わせてレースクラスの色分けを変更しています。

G1=青
G2=赤
G3=緑


2016年(2歳)
  • 6月 2歳新馬 – 1着
  • 7月 中京2歳S – 1着
  • 8月 新潟2歳S – 4着
  • 11月 京都2歳S – 2着
デビュー戦、2戦目と好成績を残すが、続く新潟・京都2歳で惜しくも敗北。
負けた2戦はどちらも2番人気でした。
主戦は秋山真一郎さん。

ただ、この馬…
とんでもねぇスピードを持ってるぞ!!
差し方がまるでディープインパクト!!!
どんなに後ろにいても、最終的に矢のように差してくる。
こいつはロマンがある馬だでよ!!!

これは来年に期待!!!!

 

2017年(3歳)
  • 1月 フェアリーS – 1着
  • 2月 クイーンC – 1着
年が明け、とりあえずG3を2つ取り、桜花賞への出走権を得ました!
正直言って、めちゃくちゃ期待してる!

ぶっちぎりで優勝したレースってのはそんなに無いんだけど、まだまだ成長過程の段階だしそんなもんだろ。


  • 4月 桜花賞 – 1着
2番人気で迎えた桜花賞は、1番人気のネオロマンスを抑え見事1着を獲得!!
この瞬間な…リアルに声をあげたわwwぶ

これは牝馬3冠も夢じゃないっていう内容の走りでした。
残り200メートルで14番手くらいで大きく後ろだったんだけど、ゴール直前で差し切ったんよな!!
やっぱ、差し馬は燃えるし、萌えるわw
(何処に萌え要素があるんやw)

ただ、先行馬とか逃げ馬とは違って、差し馬はドキドキするわww

このままオークスも獲って、牝馬2冠を達成しよう!!! 


  • 5月 オークス – 1着
なんと桜花賞に続いてオークスでも1位を獲得!!!!!
今回は1番人気で迎えて、2番人気のソウルスターリングを5馬身差も付けて勝利ww
強すぎだろ、おい!!!!!
差し馬なのに、500メートル辺りで既に先頭に立ってて、そのままゴールインww

俺は確信したっ!!!
こいつはトーテムパルシェン以来の牝馬三冠を達成できるとね!!!

  • 9月 ローズS – 1着
  • 10月 秋華賞 – 1着

オークスから4ヶ月ほど明けて(わたくし健康重視)、9月のローズSで1着。

そして、牝馬三冠が掛かった秋華賞でも圧倒的な力を見せつけ1着!
なんと牝馬三冠をアッサリと達成してしまったのだ!!!
す、凄すぎるっ!!!!
この牝馬は本物だ!!!!!
めっっっちゃ嬉しい!
それも牝馬だから余計に嬉しい!
もう引退していいよ、って言いたいくらいである!

これは子供の評価額も上がるぞ!!


  • 11月 エリザベス女王杯 – 1着
続くエリザベス女王杯も1番人気で迎え、こちらも見事に1着で終える。
これぞ最強牝馬だろwwww
確か、母親のトーテムパルシェンは3冠と阪神JFを獲ったくらいかな。
こいつはマイル専門だったから、クラシックとかではあまり活躍できなかった。
それでも殿堂入りはしてるけどなww

でも、デビルジェイドは有馬記念もギリギリ行ける距離なので、母親を超えられるかもしれない!

とりあえず有馬記念で好成績を残して、来年はアメリカのG1を獲ろうぜ!


そして…有馬記念の人気投票の結果が発表されたぞ!

FullSizeRender
なんと!!!
俺の馬が10位以内に4頭も入っている!!
モーリスは史実馬で、テイオーブラッドはトウカイテイオーとアドマイヤグルーヴを親に持つ良血馬である!

4歳になってやっとジャパンCを獲って開花したのよ(泣)
その結果、人気投票では第3位に!

そして…
本記事の主人公であるデビルジェイドは堂々の1位でございます!!!!!!
これはマジで素晴らしい!!
古馬がガンガン揃う有馬記念でこれは凄い。

是非とも頑張ってもらいたいところなのだが…
ちなみにモーリスは回避だな。
テイオーブラッドとの主戦が被ってる上に、疲労が結構溜まってる。

これは楽しみだ!


IMG_5595
そんな有馬記念はとんでもない展開となった!!
これは俺も予想だにしなかったな!
1、2着で俺の馬がゴールしているのは勝負服を見ても間違いない。

FullSizeRender
なんと勝ったのはトウカイテイオーとアドマイヤグルーヴの間に産まれたテイオーブラッド!!!
すげぇーー!!!!
3歳ではG2でも勝てなかったお前が、4歳になってジャパンCと有馬記念を持って行くとは…!

これは本当に凄い!!!!
更に2着は、今年度のダービーを制したトサノリョーマ!
実はこのトサノリョーマは、デビルジェイドの兄貴やww
すげぇ兄弟姉妹だよ…

ちなみにデビルジェイドは惜しくも4着…
やはり距離が微妙に長かったのかもしれん。
これは嬉しいし嬉しくないwwww
微妙な感情が俺の心の中で渦巻いている!

いやー、でもすげぇレースを見せてもらったわ! 
まずな、トウカイテイオーの子供で有馬を取ったのが嬉しい!
デビルジェイドは来年に期待ですわ!


ちなみに…
年末の表彰式に出ようとしたら、間違えて飛ばしちまったよwwww
最悪ー!!!!!!!
絶対に俺の馬が年度代表馬だったよな!

でもさ!
宝塚記念、大阪杯、KGⅥ&QESを獲ったモーリス、
牝馬三冠、エリザベス女王杯を獲ったデビルジェイド、
ジャパンC、有馬記念を獲ったテイオーブラッド…
どいつが選ばれたんだろ…


2017年(4歳)
そして、年が明けて4月!!!!
遂に海外デビューの日がやってきた!

アメリカでの牝馬限定のアップルブラッサムHに出走しますぞ!!
海外でも最強牝馬になって帰って来い!

でも、ダートだからなぁ…


  • 4月 アップルブラッサムH – 14着
ビリ!!!!ww
やはりこいつはダートには向いてないのかw
もっと慎重にレースを選ばないとダメなんだな!
勉強になったどー!

海外のレースにはまた夏場に挑戦しよう。

同じ時期にテイオーブラッドも、アメリカのメーカーズマークマイルSに出走したんだけど、そちらは惜しくも2着!
やはり、海外はレベルが高いんだ!! 

  • 5月 ヴィクトリアマイル – 3着
2番人気で挑んだヴィクトリアマイルは3着に終わる。
騎手が言うには、道中かかってしまってリズムを崩してしまったとのことだ。
運がなかったと思うしかないなwwww


  • 6月 安田記念 – 5着
続く安田記念でも5着に終わる…。
これは…衰えてきてねぇ?!wwww
まぁ、1着にはサードステージというウイニングポストが誇る最強馬が入ったんだけど、それでもお粗末なレース展開…
最後が全く伸びないんですわ!!

これは海外へ行かせる暇などないぞ!ww


  • 6月 宝塚記念 – 6着
人気投票14位で迎えた宝塚記念だったが、こちらも6着に終わる。
騎手も「本来の力が出せなかった」の一点張りだった。
4歳になっても行けると思ってたんだけど、やはりかなりの早熟だったかぁ…

それとも、ダートで走らせたのがダメだったか?!


  • 10月 京都大賞典 – 4着
  • 10月 天皇賞(秋) – 4着
前哨戦である京都大賞典で4着、更には渾身仕上で臨んだ天皇賞も4着に終わってしまった!
これはもう…あかんな!
ここで引退させて、早いとこ繁殖牝馬として頑張ってもらおう!


IMG_5592
全盛期時のステータスが結構とんでもないのですよw
これが子供に引き継がれればすげぇことになるでよ!

  • 11月 エリザベス女王杯 – 2着
引退試合にはエリザベス女王杯を選択!
2番人気で迎えるが、約2馬身差を付けられて敗北!!


最終成績
  • 戦績:19戦9勝
  • 収得賞金:1億5265万円
  • 総賞金:6億8815万円
  • 勝ち鞍:牝馬三冠、エリザベス女王杯

こんな感じで引退となりました!!
一応、母親であるトーテムパルシェンよりは賞金を得たな!!

G1を4勝できただけでも相当凄いと思うぞ!!!
しかも三冠も取ったしな!
これは良馬をどんどん産んでもらいたいものだな!


IMG_5598
殿堂入りも果たしてくれました!!
牝馬三冠を取るとほぼ殿堂入りするのな!

いやー、それにしても、この馬にも楽しませてもらったなぁ。
この能力とかがこれから子に引き継がれて行くんだから、凄く楽しみだよな!

あまり勝ちすぎても面白くないし、逆に燃えてきたぜ!