【WP8 2017】リンドブルムを超える?!良血馬レッドディラソンの生涯!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
こんにちは、ウイニングポストにハマりまくっていますww

前回、自家生産馬リンドブルムがGI7勝を上げ、殿堂入りを果たす!
マイルに特化した馬だったので、若干距離が長いレースでは力を発揮できなかった。
しかし、そんなマイルでは無敵を誇っていた。
ヴィクトワールピサに一度も勝てなかったのが辛い…!!!

そして、そんなリンドブルムを超えられるかもしれない馬がまもなくデビューする!!


IMG_5116
産声を上げたのは、リンドブルムが安田記念を制した時だ。
雷鳴が響く嵐の中で誕生したのが、このレッドディラソンである!!

この馬の母親は牝馬三冠を達成した自家産馬トーテムパルシェン、
父親はあのディープインパクトである!!
この超良血馬がまもなくデビューする。


IMG_5111
また、この馬には事あるごとにイベントが発生して、他馬とか格が違うことが強調されていた。
なんだかシュンランっていう謎のニックネームも付けられていたぞww

ってことで、もしかしたらこれはマジでとんでもない馬が誕生してしまったかもしれない…
しかも、繁殖牝馬としても超優秀なディープインパクトを父親に持つからな…
本当に楽しみでならないわっ!!!!!

てことで、今回もこのレッドディラソンの現役
を追って行こう!


2013年(3歳)
IMG_5177
  • 2月 3歳新馬 – 1着
2月4週で遂にデビュー!
調子が△だったので不安はあったんだけど、それでも他馬を寄せ付けない圧倒的なレース展開で初戦を物にする。
ただ、問題はこの後だよね!
新馬戦で勝てないとその後もズルズルと勝てなくなるからなぁ…。

  • 4月 アザレア賞 – 1着
新馬戦よりもぶっちぎりで優勝w
やばい…
この馬…格が違いすぎるかも!!!!
これはもうG1で走ってもらうしかないと思う!
IMG_5178
調教師も、レッドディラソンの走りを見て父ディープインパクトの姿がオーバーラップしたという。
もうな、物凄いスピードだったんすよ!
ありゃ稲妻だわ!!
重賞レースでどれほどの成績を残すのかが楽しみ。
てことで、次は重賞レースに挑む。

  • 5月 プリンシパルS – 1着
ダービー出走権をかけて挑むプリンシパルS!
これも難なく1着でゴールするも今回は少し危なかった。
レッドレイヴンという外国馬とギリギリのゴール劇を見せた。
その差は3/4。
しかし、まだまだ本調子ではなくて、これが本調子だったらぶっちぎりで優勝していた可能性はある。

ただ、日本ダービーへの出走権は得たので、G1の大舞台でどれほどの走りを見せてくれるのだろうか…!

  • 5月 日本ダービー – 3着
迎えたG1初戦だったんだけど、キズナに負けて3着に終わる。
くそー、父のように無敗三冠は無理だったかぁ!
前走では調子が◯だったのが、ダービー本番になってから急に△に。
未だ一度も本調子になったことがないので、ここが凄く気がかり。
ディープインパクトの時もそうだったんだけど、本来の調子を得れば大活躍間違いなしなのだが…

  • 9月 神戸新聞杯 – 1着
4ヶ月と結構長めに期間を空けて、2番人気で迎えた神戸新聞杯は見事ぶっちぎりで1着!
地味にこれが初の重賞制覇となりましたぞ!
ちなみに今回は本調子まで持ってきたので、本来の調子だったらとてつもない話をしてくれるってことだな!
次走の菊花賞が楽しみになってきた!

  • 10月 菊花賞 – 6着
くそー!!!
何故本番で勝てない!!!!!
差し馬なのに、全く伸びて来ずに大惨敗!
騎手のコメントも、力を出し切れなかったの一点張り。
これは…騎手の責任?!?!
調子も◎だったし、負けた原因が分からん!
それとも、まだ成長しきってしないのだろうか?

  • 12月 チャレンジC – 1着(レコード)
G2、G3だったらタイムレコードも叩き出すほどの強さなのだが、どうしてもG1で勝てないんだなぁ。
有馬記念に出走できるならさせたいところだが。

  • 12月 有馬記念 – 2着
人気投票では22位だったが、ギリギリで出走できた。
しかし、8番人気で迎えた本戦ではなんとオルフェーヴルに次ぐ2着!!
これは大健闘だろ!!
来年が楽しみと言わざる得ない!

しかし、G1を1つも獲ることはできなかった。
このまま無冠の帝王で終わるのか、それとも4歳で巻き返すのか非常に気になるところである。



2014年(4歳)
IMG_5180
  • 1月 アメリカJCC – 1着
年明け初戦のアメリカJCCでは一番人気のキズナを破って制覇。
やはり、スピードが半端じゃない!!
どんなに後ろにいても突き刺すようなスピードで差し切る。
これぞまさにディープインパクトの息子!!

  • 3月 金鯱賞 – 1着
大阪杯の前哨戦である金鯱賞でも他馬を寄せ付けずに圧勝。
次走の大阪杯で初のG1制覇なるかが注目。
ちなみにこのレースによって総賞金が4億円に到達。

  • 4月 大阪杯 – 1着
そして、1番人気で迎えG1大阪杯!
目にも止まらぬ速さで独走して優勝!!
つ、遂に4歳にしてレッドディラソンがG1馬になったぞぉぉぉ!!!!
こ、これは嬉しい…(泣)
嵐の中で産まれたこの子がぁ!!

IMG_5179
☝️見てくれ、このぶっちぎりっぷりを!!
これは是非とも宝塚記念にも出したい!
きっと優勝できると思うぞよ!!!!!!

  • 5月 新潟大賞典 – 1着
  • 6月 宝塚記念 – 1着(レコード)
人気投票4位で迎えた宝塚記念。
遂にグランプリを制覇!!!!!!!
しかも、超ぶっちぎりで!!!!
更にはタイムレコードも叩き出すというとてつもない速さで!!!!

リンドブルムでは抑えることができなかった宝塚記念を、レッドディラソンで雪辱を晴らしたぞ!!
このまま有馬記念も取って、グランプリ連覇を成し遂げてもらいたい!!
大阪杯を皮切りに、レッドディラソンの時代が到来したようだ!

  • 10月 京都大賞典 – 3着
なんと主戦騎手だった横山さんの手配が付かないというとんでもない惨事になり、△しかない若手騎手が乗ることにww
その結果、京都大賞典で3着と惨敗!
やはり、騎手って大事なんだな!
これには俺もさすがに怒りがおさまらなかった!
  • 10月 天皇賞(秋) – 2着
続く天皇賞(秋)では主戦騎手を手配できたものの、持ち前である最後の伸びが出ず2着に終わる…。
な、なんなんだ、この安定性に欠ける馬はww

やはり4ヶ月も空けたのが悪かったか?
そもそもほとんど調教師に任せてるから、平気で10ヶ月放牧とかもあるからなw
次から自分で考えてやるべきかもな!!

  • 11月 ジャパンC – 1着
中々良い結果を残せないまま1番人気で迎えたジャパンC!!
ここではいつもの持ち味である力強い走りを見せ、奇跡の勝利!!
今回もダメかと思ったけど、やはりやってくれたぁぁぁ!
これで今年でGI3勝目!!

FullSizeRender
そして人気投票1位で有馬記念を迎える…が!



  • 12月 有馬記念 – 8着
チーーーーンww
俺わかった…
こいつ…
マイルの方が適してるんじゃね…ww
多分、宝塚記念くらいの距離が限界なんだと感じました…。

FullSizeRender
しかし、G1を3回も制したということで、年度代表馬には選出されましたぞ!
よかったぁぁぁ!
有馬記念でも人気投票は1位だったし、絶対に才能はあるんだよな!

来年は5歳。
でも、まだ期待していたいぞ!!!


2015年(5歳)
  • 4月 大阪杯 – 1着
惨敗に終わった昨年の有馬記念から明けての初出走が大阪杯。
5歳になったにも関わらず、相変わらずの強さを見せ見事1着。
やはり2000〜2500くらいが適正距離と見た!
しかし、地味にこれでGⅠ4勝目!
これに続いて、宝塚記念も制してもらいたいところだが!

  • 6月 宝塚記念 – 3着
またもや人気投票1位で迎えた宝塚記念!
このレースではゴールドシップと激闘を繰り広げて敗北…!
いやー、さすがはゴールドシップ…
しかし、思ってたよりも勝てない馬だなぁ…w
リンドブルムを超えるどころか足元にも及ばない感じ…
何が行けないんだろうか…
それとも、他の馬が強すぎる?!

  • 10月 京都大賞典 – 1着
  • 10月 天皇賞(秋) – 2着
天皇賞の前哨戦である京都大賞典では1着を飾るも、本戦ではまさかの俺の馬モーリスに負けるというww
待ってwww
俺に取っては嬉しくも悲しくもある!
この気持ちを何処へ持っていけばいいの?ww

  • 12月 チャレンジC – 1着
  • 12月 有馬記念 – 2着
そして、人気投票3位、2番人気で出場した有馬記念は惜しくも2位に終わる!
しかし、このレースを取ったのは俺の馬やwwww
天皇賞を取ったモーリスやww
しかもこいつさ、宝塚記念、安田記念、天皇賞(秋)に続いてG I4勝目www
年度代表馬にも選ばれてやんの!!
すごいー!!

でも、自家生産馬じゃないからなぁ…

だけどな!!!!!!!
レッドディラソン…まだ好調を維持してるし、6歳でも行けるじゃないかな…
成長が結構晩成型っぽいのよね。

いや!!!!
でも良いや!!!!
引退!!!!!
子供達に夢を託そう!!!!!

ということで、GⅠ4勝で引退することが決まりました。
この馬…能力はとてつもなく高くて化け物だったんだけど…
適正距離が2100〜2500と、出られるレースが限られすぎぃ!!!!!
これは本当にもったいない馬だったなぁ。
ついてねぇぜ…


最終成績
  • 23戦14勝
  • 主な勝ち鞍:ジャパンC、宝塚記念、大阪杯(2回)
  • 収得賞金:5億9350万円
  • 総賞金:15億5725万円

という結果で終わりました!
でもよ、ジャパンCと宝塚記念を取れただけでもかなり成功の部類よな!
まぁ、ゲームにしては少ないんだけどなww

しかし、能力は高いから、繁殖牡馬として今後は活躍してくれると思う!

一応殿堂入りもできたし、良かった良かった!
そして…このレッドディラソンの弟が…
とんでもねぇ能力を秘めた馬っぽそうなんだよなwwww

ディープインパクトの時と全く同じイベントが起きてるのよ!
産まれた時なんて、夜空がめちゃくちゃ輝いていたし!

父ディープインパクトを超える馬が現れることを願う。