【WP8 2017】遂に天才馬が誕生?!リンドブルムの生涯を追ってみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
こんにちは!
最近ではお馴染みのマニアックな記事でございます!
そうだよ、ウイニングポスト8の記事よ!

でさ、2006年…気になる馬が産まれたんだよ!!

これはマジですげぇかもしれないww


IMG_5101
なんと、17億で競り落としたアドマイヤグルーヴの子供ぞ!!!!
父親は何の馬だと思う?!?!
オグリキャップなんだよ!!!ww

この二頭を組み合わせたら、配合評価A、爆発力25というとんでもないことに!

そこから産まれたのがこの馬だ!!

秘書、河童木、美香の評価が◎、牧場長の評価が◯という凄まじい内容だ!
まぁ、秘書の評価はあまり信用できねぇけどな!wwww

しかも、この馬な…
この世界での俺の息子が相当気に入っていて、何かあるたびに2人のイベントが起こるんだよね。

もしかしたら、この馬はマジで勝ちまくれる可能性がっ!!

てことで、今回はこの馬の現役生活を追って行こう!


IMG_5102
馬名はリンドブルム!!
どっから取ったかというと…

IMG_5103
ファイナルファンタジー9(FF9)の大都市の名前から取ったわww

俺さ、ブエナビスタっていう牝馬が大好きで、それに似た5〜6文字くらいのスッキリした名前を付けたかったんだよね!
ローレライとどちらにしようか迷ったよね!

この馬にはマジで期待してるっ!!


IMG_5104
しかしな、今回の同期馬は皆んな才能がある奴が揃ってんだよな!!!
ローズオブメイもFF9の曲名から取ったんだけど、こいつも中々やってくれそう!
テイエムオペラオーの血も引いてるしな!!

それしても他の名前は中々なテキトー具合。



では、リンドブルムの各年度別の成績をどうぞ!


2009年(2歳)
IMG_5105
  • 7月 2歳新馬 – 1着
  • 8月 クローバー賞 – 1着
  • 11月 東スポ杯2歳S – 2着
  • 12月 ホープフルS – 2着
2歳新馬、クローバー賞をぶっちぎりで制したんだけど、初の重賞戦でヴィクトワールピサに1馬身差で敗北!!!
そういえば…この年って…良い馬がたくさんいた年じゃねぇか!!!!!!!
この東スポ杯では3着にエイシンフラッシュ。
今思えば…ブエナビスタ、ローズキングダムなんかもこの年じゃねぇか!!!!!
超戦国時代にリンドブルムが産まれてしまったのかっ…!!!!

いや、それでも逆に燃える!!!
あのヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュと互角に戦ったんだからな!!
俺が以前持っていたテイエムオペラオーだって、最初はアドマイヤベガに勝てなかったんだからよ!

そして、12月のホープフルSでもヴィクトワールピサに敗北!!!
強すぎるだろぉ!!www

でも、悪くはないと思う!!
未だに2着以降が無いし、エイシンフラッシュには全勝してるからな!
問題はヴィクトワールピサだな…
あの馬も好きだったんだよなぁww



2010年(3歳)
IMG_5110
  • 3月 スプリングS – 1着
  • 4月 皐月賞 – 2着
  • 5月 日本ダービー – 12着
  • 8月 小倉記念 – 1着
  • 9月 新潟記念 – 1着(タイムレコード)
  • 10月 富士S – 1着
  • 11月 マイルCS – 1着(タイムレコード)
  • 12月 中日新聞杯 – 1着
  • 12月 有馬記念 – 2着
3月のスプリングSでは好走するも、またもや皐月賞でヴィクトワールピサに敗北!!
こいつなんでこんなに強いの…
続いて、日本ダービーに出走するも、12着と謎の大惨敗…

その後、放牧しても体調管理を徹底しても調子が×の状態がずっと続く。

そして、小倉記念、新潟記念、富士Sを制し、迎えたマイルCSで1着で決め、初のG1制覇!
いやー…長かった…
本当に長かった……

12月には中日新聞杯を挟み、挑んだ有馬記念はまたもやヴィクトワールピサに敗北し、2着で終わる…

中日新聞杯を入れなければ、もしかしたら1着を取れてたかもしれない!
これは俺の判断ミスだ!
調教師に全任せしてた俺が馬鹿だったww

ただ、G1をなんとか1つ取れて良かった…

来年が勝負だな…!
せめてあと2つくらいは獲ってほしい!!

この馬さ、スピードが凄いんだよな!!
1年の内に2つのタイムレコードを出してしまうくらいだから、相当な高レベルな能力を持ってるはずなんだよな!


2011年(4歳)
IMG_5112

  • 4月 大阪杯 – 1着
  • 6月 安田記念 – 1着
  • 7月 宝塚記念 – 6着
  • 8月 札幌記念 – 1着
  • 10月 天皇賞(秋) – 2着
  • 11月 マイルCS – 1着

まず、本調子では無かったけど4月の大阪杯でペルーサを破ってダントツで1着!
これでG1を2勝目!
このまま天皇賞!って行きたい所なんだけど、適正距離が最大で2100mだから、多分無理だ(;_;)

6月には安田記念に出走。
外国馬であるカンフォードクリフス、エイシンアポロン、カレージャスキャットを下しG1を3勝目!
やった……
遂に自牧場産の馬が3勝…!
これはめちゃくちゃ嬉しい!!!!
こいつが牝馬だったら…って少し思ったりもしたけど、全然かまわん!!
でもどうせだったらグランプリで勝ちたい!
ってことで宝塚記念に出走するもやはり距離が厳しかったのか6着に沈む。
やはり、適正距離って相当大事なんだな!
でも、このレースで1着を獲ったのが俺の所有馬ww
トーセンジョーダンなんだけどなw
まさかこの馬で宝塚を取れるとは思わなかった。

そして迎えた天皇賞(秋)!
またもやヴィクトワールピサに敗北www
こいつは一体何勝する気なんだよ!!!!
一回もこいつに勝てない!!!
ヴィクトワールピサがいなければ、今頃G1を6勝してるからな!

しかし、11月にはマイルCSを制し、安田記念と合わせてマイル戦線の頂点にww
これはこれで相当凄いぞ!!!!
マイルでは本当に敵無しなんだけどなぁ。


FullSizeRender
2011年の有馬記念の人気投票はこんな感じでした。
そりゃ、あんなに勝ってればヴィクトワールピサが1位になるわいww
ちなみにリンドブルムは4位!

でも、5歳とは言えブエナビスタを抑えての4位だし、凄いと思うぞ!!

ちなみに俺の所有馬は4頭がランクイン!

7位に入っているトチノヒメって馬が、予想に反してめちゃくちゃ勝ってるのよw
阪神JFと桜花賞を獲ったんだよね。
オークス、秋華賞とかも2着でとか。
有馬は散々だったけどね!


IMG_5115
年末の日本部門別表彰馬には、
リンドブルムとトチノヒメが選ばれました。

リンドブルムはもちろん最優秀短距離馬

本当は今年度で引退させようと思ってたんだけど、やはり来年までは期待したい!
牝馬じゃないんだし、別にいいわ!
牝馬だったらここで確実に引退させてたけどな!


2012年(5歳)
  • 3月 中山記念 – 1着
  • 4月 大阪杯 – 2着
  • 6月 安田記念 – 1着
  • 6月 宝塚記念 – 9着
  • 8月 札幌記念 – 1着
  • 10月 天皇賞(秋) – 1着
  • 11月 マイルCS – 1着
  • 12月 有馬記念 – 2着
  • 最優秀4歳以上牡馬
  • 年度代表馬
  • 引退
前年のマイルCSから4ヶ月が空いての初戦が中山記念。
これをぶっちぎりで制すが、続く大阪杯ではオルフェーヴルに敗北。

しかし、さすがはマイル最強馬!
安田記念を2年連続で制する。
宝塚記念の人気投票では3位に食い込み、調子に乗って出場させるも着外に…。

しかし、10月に天皇賞(秋)を初制覇!
続いてマイルCSも制し、これで2年連続春秋マイル制覇を達成!!
マジで凄いんだが!!!!!
これでG1通算勝利数は7勝に!!


FullSizeRender
そして、2012年の有馬記念人気投票では見事1位を獲得!!
これを引退試合にすることを決めた!!
キタサンブラックのように最後決めてくれ!


IMG_5119
しかし、やはりオルフェーヴルには敵わず2位で終わる。
めちゃくちゃ差を付けられて負けたわ!!
2着と言えど惨敗だったよ!気持ちいいほどにな!ww

これでリンドブルムは現役引退。
これからは我が牧場で子供を量産してもらうぞ!!


IMG_5127
また、年度代表馬にも選出された。
更には殿堂入りも果たし、自家産馬ではこれで2頭目!!

実は、トーテムパルシェンっていう牝馬三冠を達成した馬が2年ほど前に引退してる。
それが自家産馬では最初の殿堂入り馬!!

その馬は3歳で引退させて、将来を見越してすぐに繁殖牝馬にした!


IMG_5124
そして、リンドブルムにはシンジゲートのオファーもきました!
そりゃ、G1を7勝もしてりゃ来るわなww

マイルに特化した子供が産まれそうだね!


IMG_5126
更に!!!
歴代名馬100選ランキングには10位にランクイン!!!
まさか、ここまですげぇことになるとは思わなかったww
マイルの帝王という称号も頂いたし、もう言うことないわ!
この馬には本当に楽しませて貰った!

ありがとう、リンドブルム!😚


最終成績
  • 戦績:27戦17勝
  • G1:7勝
  • G2:4勝
  • G3:4勝
  • 主な勝ち鞍:2年連続春秋マイル制覇、天皇賞(秋)、大阪杯など
  • 収得賞金:6億6255万円
  • 総賞金:16億5720万円
テイエムオペラオーとディープインパクトと比べると雲泥の差なんだけど、
この金額も相当だぞ!wwwww
リアルだったら10位以内に入るだろうな!



俺の夢は終わらない…
そう…これで終わりじゃないんだよ…
2013年に、また凄そうな馬がデビューする…

IMG_5116
この、レッドディラソンと名付けられた馬だ!!
なんとこいつが産まれた日、外は大嵐で雷鳴が響いていたと牧場長が語っていた…。

そして…
親なんだけど…
母親は、先程話した牝馬三冠を達成したトーテムパルシェン

父親は、名馬100選ランキングの1位を飾ったディープインパクト!!

自家産馬かつ、とてつもない才能を引き継いだ子供なのだ!!

父親・ディープインパクトに似て成長が遅めなのでデビューは3歳からなのだが、こいつには相当期待している!!!

次回の記事は、このレッドディラソンの現役生活を追っていくぞ!

お楽しみに!