【WP8 2017】8億円で落札したテイエムオペラオーがとんでもない事になった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
どうも、こんちは!

ウイニングポストについての記事を書くぞ!

IMG_4957

実はね…
96年頃の幼駒セールで、テイエムオペラオーを8億円で落札した!!!ww

これさ!
思ったよりも安く買えた方だと思うんですよ!!!

その時、ちょうど8億3000万円の手持ちがあったんだよね…
で、そこそこの馬がいたら買おうと思ってたんですよ。

そしたら…
そこにはテイエムオペラオーの姿がっ!!
俺さ、この馬がすっごく好きなのよ!
凄く力があって、スピードもやばいのよね!

もうどうしても欲しくて、ダメ元でセリに参加してやろうと思ったのよ!

そしたらさ…
手持ち金ギリギリの8億で落札できたのよ!
もうな、リアルで声を上げたわwww

しかし、残りの手持ちは3000万にww
このあとマジで破産するかと思ったわ!

でも、コリユヘルサンダーとかトキノマジュツシの子供達がそこそこ勝ててたら、なんとか生き繋げたわww

今回はこのテイエムオペラオーが現役中にどのような活躍をしたのか紹介して行こう!(ゲーム中での話な)

赤字=G1
青字=G2
緑字=G3
1998年(2歳)
  • 11月 2歳新馬 – 1着
  • 12月 シクラメン賞 – 1着
  • 12月 ホープフルS – 2
98年にデビューし、2歳新馬・シクラメン賞をぶっちぎりで優勝。
更に3戦目でG1ホープフルSに出走するも、アドマイヤベガに僅差で負けて敗北。
以降、アドマイヤベガと幾度となく激戦を繰り広げることになる。


1999年(3歳)
  • 3月 弥生賞 – 2着
  • 4月 皐月賞 – 2着
  • 5月 日本ダービー – 1着
  • 6月 宝塚記念 – 2着
  • 9月 神戸新聞杯 – 1着
  • 10月 菊花賞 – 1着
  • 12月 チャレンジC – 1着
  • 12月 有馬記念 – 2着
  • 年度代表馬
8戦全てで重賞レースに出場。
昨年12月のホープフルSにてアドマイヤベガに敗れて以降、弥生賞・皐月賞と共に同馬に敗北!
しかし、5月のダービーではアドマイヤベガをぶっちぎりで破り優勝!!

続く宝塚記念ではグランプリを3勝も挙げた
あのグラスワンダーに惨敗し、2着に終わる。

その後、菊花賞をぶっちぎりで優勝し、今年G1を2勝目。
有馬記念では人気投票3位で出場し、スペシャルウィーク、グラスワンダー、アドマイヤベガとの激闘の末、スペシャルウィークに敗北!!
8戦4勝で97年を終えた。


2000年(4歳)
  • 1月 日経新春杯 – 1着
  • 3月 阪神大賞典 – 1着
  • 5月 天皇賞(春) – 1着
  • 6月 宝塚記念 – 1着
  • 10月 京都大賞典 – 1着
  • 10月 天皇賞(秋) – 1着
  • 11月 ジャパンC – 1着
  • 12月 有馬記念 – 1着
  • 最優秀4歳以上牡馬受賞
  • 年度代表馬
なんと8戦全勝wwww
天皇賞春秋連覇、更には両グランプリ制覇、ジャパンCなど全てのレースでぶっちぎりの優勝。

宝塚記念のみ人気投票でスペシャルウィークに譲るが、そんなこともお構い無しでぶっちぎり優勝。
この強さ…マジでヤバかったww
もうな、負ける気がしなかった!!

そして、ここへ来てG1通算7勝というとてつもない記録を樹立。
5歳となる来年がどうなるのか気になるところ…


2001年(5歳)
  • 3月 阪神大賞典 – 1着
  • 5月 天皇賞(春) – 1着
  • 6月 宝塚記念 – 1着
  • 8月 KGⅣ&QES – 1着
  • 10月 凱旋門賞 – 1着
  • 10月 BCターフ – 1着
  • 11月 ジャパンC – 1着
  • 12月 有馬記念 – 1着
  • 最優秀4歳以上牡馬受賞
  • 欧州年度代表馬受賞
  • 年度代表馬
これが5歳馬?!wwww
前年から引き続き、まさかのG1を12連勝wwww
G1通算14勝という化け物っぷりを発揮。
これはいくらなんでもやりすぎだね!
ディープインパクトですら7勝なのにww

そして驚いたのが、アメリカ・イギリス・フランスの重賞でも全て1位だったってこと。

これはさすがに驚いた。
99年に菊花賞、皐月賞って連続で落としてるから、G1を7勝するのもキツいかもとか思っていたけど、これはさすがに凄すぎる。  これは引退後の種付け料が楽しみで仕方ねぇな!
そして、強い子供が産まれることを強く望む!!

そして、来年は遂に6歳。
さすがに衰えるよなwwww
衰えなかったら、逆にゲーム性を疑うわ!


2002年(6歳)
IMG_5045
  • 3月 阪神大賞典 – 2着
  • 5月 天皇賞(春) – 1着
  • 6月 宝塚記念 – 2着
  • 8月 KGⅣ&QES – 2着
  • 10月 凱旋門賞 – 10着
  • 11月 ジャパンC – 1着
  • 12月 有馬記念 – 2着
  • 最優秀4歳以上牡馬
  • 引退
ぶっちぎりの優勝があったのはジャパンC時のみ。
それでも天皇賞(春)とジャパンCを獲って今年G1を2勝!
G1通算15勝というとんでもない歴史を残してしまった。

元々は去年で引退させようと思ったんですが、有馬記念の走りを見たら今年も行けるかも!とか思ってしまったんだけど、やはり衰えておりました…(泣)

凱旋門賞も1番人気で迎えたんですけど、着外に沈み、これは残りの試合で1着を取っても引退させようと決意しました!

もうな、この辺で繁殖牡馬として活躍して貰いたいと思ったのですよ!!
これからはゆっくりと牧場で暮らしてくれ!



最終成績
  • 戦績:34戦23勝
  • G1:15勝
  • G2:5勝
  • G3:1勝
  • 収得賞金:18億8630万円
  • 総賞金:42億6340万円
このような結果で現役引退!
42億とかリアルだったらダントツの歴代1位じゃねぇかww

最高でも20億行くか行かないかくらいじゃなかった?!
それが、ゲームだとこういうことになります!
テイエムオペラオーって、リアルでも最近までは総賞金歴代1位でしたよね!
アロゲートに抜かれたんだっけ?!
その辺が良く分からん。


しかし…俺の馬主伝説はこれで終わらない…


テイエムオペラオーが稼いでくれた42億で…
俺は新たな馬を買った……

  • 17億…アドマイヤグルーヴ
  • 10億…キングカメハメハ
  • 14億…ディープインパクト
やべぇだろ?!wwww
テイエムオペラオー、マジでありがとう!

いつか、アドマイヤグルーヴとの子供を産ませてみたい!!!!!

こいつらを礎にして、オリジナルの最近馬を量産したいものだ!!!!

この馬たちの活躍はまた後ほど別の記事で!ブックマークしてけよ!