style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


前回の記事で、中村紀洋さん、タフィローズさんを作って公開しましたが、
いてまえ打線を牽引した打者の中で忘れていけないのが礒部公一さんだろう!

この方も、近鉄が2001年に優勝した時の中心打者として活躍。

入団から3年目まではこれと言って目立った活躍はできなかったが、4年目になると少しずつ才能が開花し始める。
それまでは捕手としての登録であった。

5年目となる2001年には、梨田さんから直接指導を受けたが、捕手としては開花せず、外野手に完全コンバート。

外野手に専念するようになってからは、打撃能力が飛躍的にアップ。
5番打者として起用され、初の全試合出場を果たした。
得点圏打率はリーグ1位となる驚異の.417を記録。

『恐怖の5番打者』と呼ばれた時期もあった。

現役13年間で、通算打率.281、1225安打を記録し、2009年に引退した。

それ以降、2017年まで楽天で打撃コーチを務めた。


今回はそんな礒部さんを再現していくよ!



あくまで個人的な見解です。不満がある方はこれを参考に自分なりに作ってみてください。

てなわけでこんな感じに作りました!
再現年はもちろん2001年ですな!!

打率.309、26本塁打、OPS.923を放った2004年と迷いに迷ったんですけど、
礒部さんと言えばやはり2001年だよねぇ…!!

2001年の成績は…

打率… .320
安打… 172
本塁打… 17
打点… 95
盗塁… 7
盗塁死… 7
得点圏打率… .417
出塁率… .381
OPS… .890


ミートとパワーに関して丁度で良いでしょう!
走力もちょうど

一番迷ったのが肩力と守備力だな!
外野の守備はお世辞にも上手くなく、毎年失策数も多かったんですよね。

でも、2001年は意外と安定していたんよなぁww
だから、守備はでも良かった気がするんだけど、まぁ…でいいっしょww

捕球は安定していると思うのでで。


特殊能力ですが、これは問答無用で『チャンスA』。
得点圏打率が4割超えってのは中々出せるもんじゃないっすよ!

あとは『固め打ち』を付けました。

プルヒッター』に関しては、他の方の意見を参考にさせていただきました!!

併殺』を付け忘れたことに関しては勘弁してくれww
しかし、磯部さんは併殺が多いって言われてるけど、特殊能力を付けるかどうかはかなり微妙なラインww
2001年以外だったら付いてたかもしれませんが、何とも言えませんな!
『20』を超えていれば付けていたと思いますけどね。


てことでな、2001年のいてまえ打線の3〜5番が揃ったぞ!!wwww

あとは6番に座っていた吉岡さんだな!

あとは大村さんとか水口さんなど…

随分と渋いメンツを作っていくことになりそうだなw





style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">