平成のミスタータイガース・桧山進次郎さん。
現役22年間を全てタイガースに捧げ、突出した成績は残せなかったが、記憶に残る選手としてタイガースの暗黒時代を捧げた選手です。

桧山さんは俺もめちゃくちゃ好きで、『4番桧山』っていう響きには今でも痺れます!

また、新庄さんとの外野手コンビは凄い見ものでしたね。

晩年では代打起用が主であり、
通算代打起用数、代打安打数、代打打点数は全てで歴代2位を記録している。
よって、ファンの間からは「代打の神様」という愛称で親しまれた。


今回はそんな桧山選手をパワプロで再現してみたよ!




再現年はキャリアハイの2004年!

打率 .306
安打 143
本塁打 18
打点 84
三振 74
出塁率 .352
OPS .832


今回は過去のパワプロのデータを参考にしているのですが…
パワプロだとちょいと守備能力が低すぎない…?!
って思ったので、守備力と捕球ワンランクほど上げさせていただきました!

俺の記憶が正しければ、桧山さんの守備って普通に堅実で巧かったと思うんだよな。
中堅手を守っていた新庄さんのインパクトがあまりにも強いから、そういう印象があるんかなぁ?

そして、サブポジ。
実は2004年は一塁手として1試合も出場していないのですが、前年の2003年には33試合に出場しているのでとりあえず付けてみました。

守れるってことですもんね。

ミート、パワーに関しては正にこんな感じでしょう!

特殊能力の『粘り打ち』は過去のパワプロから参考にさせていただいています。

また、晩年の代打の成績を考慮して、『代打◯』も付けさせていただきました!


これは悪くない出来だと思います!!

これと言って欠点のない選手なので、非常に作りやすかったという印象。

阪神ファンの皆!
是非使ってみてくれ!!