だいぶ前に、メジャーへ渡る前の松井秀喜さんを再現しましたが…
なんと、今回はメジャーリーグ版の松井秀喜さんを再現していきますぞ!


2003年にニューヨーク・ヤンキースに入団。
10年で全4球団を渡り歩き、通算で打率.282、1253安打、175本塁打
、760打点を記録。

シーズン本塁打20本を5回達成し、2004年には31本塁打を記録。
メジャーでの30本塁打超えは、アジア人では唯一の記録である。

今回は、そんな松井秀喜さんのメジャー時代の全盛期を再現していくぞ。




というわけでこんな感じに作らせていただきました!
再現年は2004年。

打率 .298
安打 174
本塁打 31(11位)
打点 108(10位)
三振 103
出塁率 .390(10位)
OPS .912(10位)


ちなみに、今回はあえて『勝負師』を付けさせていただいています。

メジャー時代の松井さんの印象と言えば、やはりクラッチヒッター(=チャンスに強い)ってイメージが強い!!

海外のスポーツサイトで、
ヤンキース史上最も偉大なクラッチヒッター』という調査でも、
ロビンソン・カノなどを抑え22位にランクインしています。

ミートに関しては、日本プロ野球基準ということもあり、多少盛りました。

メジャー移籍時は、肩力、守備力など共に評価されていたのでに。
捕球もにして良かったかもな。

走力もメジャーリーガーの中では平均的だったというデータが残っているらしいのですが、にしておきました。


また、シーズン100三振を喫しているため、『三振』の特殊能力を付けています。

出塁率もかなり高いので、『チャンスメーカー』を付けさせていただきました!


てことでね、結構再現通りだと思うんすよ!!!

これは是非使ってもらいたいっすわ!!

これからは、いろんな選手のメジャー時代を作って行きたいな!