style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


どーも、お久しぶりでございます!!

約2〜3ヶ月ぶりの更新になるかなー!
いやー、申し訳ない!
パワプロに全然時間を割けなくてね(泣)

少しだけ時間を割けるようになったので、また少しずつ記事を書いてくぜ!


今回再現していくのは、ミスタードラゴンズこと立浪和義さんでございます!

安打を打つ技術が非常に卓越しており、通算二塁打数の日本記録を保持している。
通算で22年もの間ドラゴンズを貫き、ファンの中では絶大な人気を誇っていた。
この人こそ監督になるべき人物!
と思うかもしれませんが、立浪さんには黒い噂が…ww
真実かどうかは分かりませんけど…


てことで、今回は立浪選手を作って来ました!!


てかさ…

いつも選手の経歴などを載せてたけど、皆さん読んでるんかなぁ…www

このページにたどり着いたことは、皆さん選手のパスワードを求めて来てるわけよね?
てことは、その選手がどんな選手かってのは良くご存知のはず。

書く意味あるんかなぁ…
まぁいいか!ww




🔲立浪和義ってどんな選手だったの?

一部wikiより引用

1987年、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。

1988年、高卒ルーキーながら2番遊撃手で開幕スタメンに抜擢される。前年のベストナイン遊撃手である宇野勝を二塁手にコンバートさせてまでの抜擢であった。
守備も巧みであり、高卒新人では初となるゴールデングラブ賞を獲得。

1989年、右肩の故障の影響もあり、2軍調整を余儀なくされる。この年はわずか30試合の出場にとどまった。

1990年、前年の故障が尾を引いており痛み止めを飲みながら出場を続けた。
規定打席に到達し、初の打率3割を達成。

1991年、プロ入り4年目にして、監督推薦による初のオールスター出場を果たす。1番二塁手で先発出場した。
2年連続での打率3割は逃すも、規定打席に到達。

1992年、自らの意思で二塁手にコンバート。2年ぶりとなる打率3割を達成。

1993年、二塁手ながらシーズン守備率.997という驚異的な数字を残すも、ゴールデングラブ賞の獲得には至らなかった。
また、自己最多となるシーズン本塁打16本を記録した。

1994年、松井秀喜が放った打球を失策し、前年から続いていた無失策記録が712回で止まった。
10月8日の巨人との同率首位優勝決定戦でのスライディングの際に右肩を脱臼。この時の痛みは現役を引退してからも続いているという。

1995年、自身二度目となるゴールデングラブ賞を獲得した。

1996年、二度目となるオールスター出場をファン投票にて果たした。
キャリア最高となる打率.323を残すも、首位打者獲得には至らずリーグ3位で終わるが、ベストナインに選出された。

1997年、8月22日にサイクル安打を達成。しかし、シーズンを通して成績不振に陥った。

1998年、内野のポジション争いが激化したことで左翼手に転向。外野手としてオールスターゲームに出場するが、その時は二塁手としての出場であった。

1999年、選手会長に就任。また、内野手として再び復帰。打率は.260台であったが、チャンスに強く、チーム最多勝利打点を叩き出す。

2000年、通算1500安打を達成。また4年ぶりに打率3割を達成した。

2001年、シーズン終盤より三塁手としての出場が増える。

2002年、シーズンでは主に5番打者として定着。中盤からは主に4番打者を務めていた。

2003年、この年は主に3、4番打者として起用された。7月5日は通算2000本安打を達成し、三塁手としてゴールデングラブ賞を獲得。
遊撃手、二塁手、三塁手として3つのポジションでの獲得は史上初の快挙であった。

2004年、開幕から主に3番打者として活躍。この年は2年ぶりに打率3割(.307)を達成。

2005年、この年も主に3番打者として出場。6月4日は高木守道の球団記録を塗り替える通算2275安打を放つ。
またこの年は三塁手としてイップスを抱え、再び外野手へと転向している。

2006年、三塁手の座を森野将彦と争う。森野の故障によりのちに立浪が定着した。しかし、森野が復帰するとスタメン出場の機会が減っていった。

2007年、中村紀洋が加入しレギュラー争いが激化。立浪は主に代打の切り札として起用された。
オフには打撃兼任コーチに就任。

2008年、開幕から不振が続き、キャリアワーストなる成績で終わる。

2009年、現役引退を発表。9月30日には本拠地での引退セレモニーが行われた。
ドラゴンズファンからは立浪が着けていた背番号「3」を永久欠番にするように著名が行われたほどであったが、実現はしなかった。



🔲パワプロ2016で作ってみた!

再現年は1996年!!

[1996年度成績]

打率.323
安打165
二塁打39
本塁打10
打点62
出塁率.404
OPS.870

守備をBで止めるかどうか悩みましたが、個人的にAにしたかったのでこのような形に。

チームが低迷していても安定した成績を残しているイメージがあったので、逆境◯を付けさせていただきました!

盗塁をFにしようかも迷ったんですけど、成功率が年によってバラバラだったので、いじらないでおきましたw

中々再現通りだと思いますよ!!!

中日ファンのみんな!
是非使ってくれ!!!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">