【仁王】『武の道・中伝』での立ち回り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー



皆さまこんばんわ!
仁王のお時間ですぞ!

今日は珍しく攻略に関する記事を書いてみようと思います!





このゲームって、

立ち回りなどの情報を共有していかないと中々クリアは難しいですよね。。

















さてこのゲームには、

修行場という操作のチュートリアル的なものがありますよね。







メインミッションを進めていくことで色々増えていくのですが、

その中でも丸目長恵を倒す修行で苦労される方って結構いるのではないでしょうか。





しかも修行とは言えクリアすると、

貴重な装備や製造書を報酬として貰えることもあります。





今回は修行場の「武の道・中伝」の自分なりの立ち回り方をお教えできたらな、

と考えています。













報酬は兵法天下一シリーズ胴と籠手が貰えます。



















この修行で自分は、

刀スキルで習得できる剣気を使って達成しました。

L1でガードしながら△ボタンを押して発動する技です。





この特技は人型などの相手に出して非常に有効で、

全ての構えで使うことができる。























さて実際に闘ってみよう。

基本的にずっと防御(L1)をしながら、

相手の気力が減っていくのを待つという戦法。



















相手の気力が無くなりそう!

って時に剣気を放つとほぼ100%の確率で相手の気力をゼロにすることができます














気力がゼロになった相手に近づき△ボタンで組み討ちを撃ちます。

これが一連の流れです。





これを繰り返すほどで簡単に倒すことができます。



















ただずっと防御を続けているとこちらの気力がゼロになってしまいますから、

連続で防御に成功したら後ろへと下がり防御をやめて気力を回復します。

回復したらすぐに防御をしながら相手に近づき、攻撃を促します。



















実はこの戦い方は人型の敵に非常に有効的なもので、

倒すのに時間はかかりますが安定して立ち回ることができます。





多分これが基本的な立ち回り方なのかもな!



















これはまぁ俺なりの戦い方であって、

それぞれ自分なりに動きやすい戦い方ってあると思うんです。





ただ上手く倒せない、

って方は是非参考にしてみてください。