【栄冠ナイン】#11 怪しい雲行き?!貧打に泣く打線

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー


















またしても夏の公式戦を準決勝で敗退してしまった俺たち。。

なんでなんだろう。。

圧倒的な点差で準決勝へと勝ち進んでるのにそこまでしか持たないのは何故なのだ!!









そして長嶋が抜けた穴はでかい!!!

問題が山積みなんすよ!















まずは4番問題っすよ。。。

3年間ずっと長嶋さんが打ってきたからなぁ。。

将来を見越しての織田なのか、それともキャプテンの新島なのか。。





やはり新島だろう!





恐ろしいほどにチャンスに強いし!!









色々考えて挑む秋の大会!



















1回戦は辛くも3対2で下すも、

2回戦で敗北。。。





点が取れない。。。





12安打も打っておいてたった1得点。。。





これは打順が良くないのか。。








































今年のドラフト会議では3人がプロ入り!!

長嶋厄座野原!!

この世代の中でも一際活躍したやつらだ!

おめでとう!!!

てかこの他に誰かいたっけ?w

この世代にはwwww



















そして月日は1954年。

そろそろせめて甲子園に出られないとやべぇって。。



















さてお待ちかねの入学式だっ!!

今年も8人が入部してきたぞ!!





将来性のある新人はいるのだろうか。































1.権藤 博

またもや転生OB!!

プロ入り1年目にしてシーズン35勝を上げてしまったとんでもない選手。

しかし肩を故障し内野手に転向した過去を持つ、まさに漫画の世界のような人物だ。

村山や稲尾と比べると能力的には劣るが、

それでも天才選手以上のポテンシャルを秘めている。

















なんと!!!!

目ぼしい選手はこれだけ!!!!!ww





今年はやばいよぉ!!!
























































2.ニーア

3.夜神 月

4.獅子尾 獅々子

5.北斗 拳死朗

6.徳川 メッシ

7.鈴木 ジロー

8.坂本 龍馬




目立っているのは名前だけだww

この世代が3年になった時が不安でしかない。。。



















そして特に何もないまま夏の大会へ。。。





天神や新島たちの最後の大会が幕が開ける!!























今まで特に書かなかったんだけど、

不細工の筆頭渋柿と、

爆発ヘアーの2人ね。

この2人が想像以上に大活躍してしてるww

特に渋柿なww

パワーはEしかないんだけど、

意外性って特殊能力のお陰でここぞと言うときにホームランを打ちやがるww

















オーダーは基本的にこんなん。

天神は調子との兼ね合いで1番か3番で入れ替わる。















1回戦は天神のホームランなどで大勝利!















大体最初はいつもこうなのよwwww























2回戦も5対1で難なく突破。

そして3回戦で悲劇が起こる!!!























先発のエース村山が逆転満塁ホームランを被弾。

7回に2対5と大きく負け越してしまう。

俺の心はここで底辺まで落っこちる。























しかし奴らだけは諦めていなかった!!!

土壇場で天神の3ランホームランで同点に!



















怒涛の追い上げを見せ7対5で勝利!

これは負けたと思ってたわ。。。

お前らすごいわ!!!!

















そして、

悪夢の準決勝が始まる。。。































対戦相手は因縁の南国工業高校

恐らくこいつらには勝ったことがない。。。

























なんと!

4番の新島が初回先制2ランホームラン!!

これは今までに無い展開だ!!















更にあのブス柿のホームランで更に加点!

こういう大事な試合でホームランを打つのが渋柿!

なんと打率は.441!



















先発の稲尾は7回7奪三振で完封!

たった69球で試合終了。



















なんと因縁の相手であった南国工業をコールドゲームで下したのであった!!





なんと6年目にして初の決勝進出を果たしたのだ!!





優勝したわけでもないのにこの満足感はなんなのだろう。。





そして次回、

甲子園出場をかけた試合が開幕する!