【バイオ】バイオ史上最高難易度!?インビジブルエネミーに挑戦!(2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク










今の所はなんとか順調に来てるんだけど、やっぱり難しすぎる!!





めちゃくちゃ警戒してても、ゾンビの攻撃を回避するのは無理だな…。





仕留め損ねるとかなり厄介なんだよね。





何処にいるのか分からなくなるからさ。









だからもうな、自ら当たりにいくしかないというとんでもない作戦を取らざる得ないのよww

本当にイかれてますわ!!!





でさ、思ったんだけど、やはりなるべく敵は倒した方が良いな!

どうせVERY EASYなんだし、弾は惜しまず使おう。





灯油だって、どうせ使い切ることなんてほとんど無いし、攻撃されて死ぬよりはよっぽどマシだわ!!!















そして俺はヨーン戦を迎える!!!!





もちろん、こいつも見えないんよな…

グレネード4発で足りるかな?ww

普通に忘れて置いてきちまっただけなんだけどな。





ひとまずいつも通り、マスクとアサルトショットガンだけを回収して消え去ろう!!!!
















出た出たwwww

ヒィーーーーーー!!!!





この舌!!

全くもっていやらしいわ!!!!





さて、もうテキトーに走り回るしか無いよなw















んん?!

ちょっと待てwwww





ヨーンの居場所が、砂埃で分かるんだけどww





さらに!!















画像では非常に見えにくいのだが、ヨーンが垂らすヨダレが見えるww

バレバレやんけwww

え?!

なんでヨダレは消えてないんだろう?!

無理ゲーにならないように、せめてもの配慮なんかな?!ww





簡単とは言えないが、これだけでも随分と違うぞ!!!!

何処に銃を構えるべきか分かるからな!





よって、ダメージは2発ほど喰らってしまいましたが、容易に突破できました!

良かったぁww

ただ、このあとすぐにクリムゾンヘッド戦であるww





さぁ、気合い入れてい 行くぞww





でもさ、クリムゾンヘッドは何とかなるだろうと勝手に想像してるww





ふふふふふ。















狭い場所のゾンビはかなり狩りやすい。

トータルで何十周もプレイしていると、ゾンビがプレイヤーを見つけたら、どのくらいのタイミングで近くに来るかってのがわかるんだよなww


















来たぞw

ワインを飲んでるからかどうかは分からないけど、酔っ払っているせいもあってか何故だか今日は余裕を感じるぞww





このクリムゾンヘッドは、頭を狙うべきタイミングが分からないので、普通に倒しちゃおう!

どうせ、この辺から弾丸も余って来るから、多少無駄遣いをしても問題ないのである。















多分、倒した…はずwwwwww





物音で判断するしかないから分からないのよww

「あ、物音がしなくなった!」

と思っても、足に噛みつかれたりするからビックリするのよ!!



















そして、『リサ』な!wwwwww





まぁー、こいつの相手をまともにする人はいないと思うけどさ…ww

ぶん殴られるのを覚悟で、リサの右側からサッと抜けてこうよ!





たださ、初見だと絶対に相手にするよねwwwwwwwww

で、あまりの攻撃力と耐久力でボッコボコにされるパターンなww















バーーイ!!!(*´Д`*)くきき

俺ってば下手くそだから、いつもここで被弾するんだけど、今日は上手いことかわせたわww

普通に奇跡だと思うよww















そして、寄宿舎へ行く途中の中庭通路。

ここにはゾンビ犬が3匹いる(確か難易度関係なく3匹だったはず)。





丁度画像の位置でショットガンをぶっ放せば、ベリーイージーの場合、結構距離があっても一撃で倒せる。





別にここは無視しても良いんだけど、どうせ弾はたくさんあるから倒しちゃった方が回復薬の節約になる!





ちなみにゾンビ犬は、

ギャッ!!!!」 

って、どデカイ声を挙げた時が死んだ時の見分け方ね。

銃声を聞きつけると一気に集まって来るから、この位置でバンバン撃ってりゃ倒せる。















もちろん、ネプチューンたちの姿も見えない。

その代わり、奴らが動くと細かい水泡ができるww

それが逆に怖い!!!!!!www





足元で気泡が発生しているのに攻撃が来なかったり、逆に気泡が見えない真横から噛み付かれたり…www





全くもって恐ろしいゲームだぜ…













そして、あの悪夢のプラント42との戦闘が始まろうとしていた!!