【FFRK】クソゲーダンジョン『宿命の対決、目覚める力』に挑戦!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー











おうおうおう!!

こんな時間にこんばんは!

正しくはおはよう?!

よう、分からん!!





投稿時間は朝方だが、書いているのは昼の13時!

どうも、こんにちは。





まず、何故にこんな時間に投稿してんだてめぇ!ってことですよね?





いや、実はね、

記事の予定が7月31日までビッチリに組まれてるんですよ!

だからさ、こういう時はFFRK等この辺の不人気記事は、皆んなが寝静まった頃とかにコッソリ投稿するのが良いのよw





まぁ生放送とかと違って誰でもいつでも見れるから、何時にいくつの記事を投稿しようと関係ないんだけどなwwww









まぁ、いいや。





とりあえず、リベンジダンジョンの締め切りが近いのだ!!!!





だから、サクッと終わらせてやるぜ!

















今回はこれでい!!!

FF4の『宿命の対決、目覚める力』。

これも、俺の記憶が正しければ超めんどくさいダンジョンだったはずだ…





本当に嫌なダンジョンばかりを詰め込んだ、運営の悪意が満ちたコレクションシリーズですな!





引退者を増やすおつもりか!?!?





報酬も大して美味くねぇしなww













今回はルビカンテさんですな。

キャラデザイン的には好きだけど、小癪な戦い方をするところが大嫌いだ。













ご覧の通り炎属性攻撃しかして来ません。

ですので、アクセで炎耐性を盛ることができる。

恐らくアクセを着ける前提での攻撃が来るのでしょう。

本当に意地悪だと思いますよ。





マントを開いていても、閉じていてもカウンターが来ますwww

ただし、閉じている時の方がリスクが高い。

炎属性弱体を付与するファイジャが飛んで来る。

しかもマントを閉じるタイミングがこれまたランダムなので非常に腹立つのだ。





また、全体デスペルも使用。

まさに嫌がらせのスペシャリスト。

マジでやる前からヤル気がなくなって来た…

一度負けたら挑戦を止めるわ…













今回使うパーティはこちら!

正直言いますと、自信は全くない!!

珍しくエッジとローザがいますが、

ローザは超絶が中々良さそうだと感じたので、エッジは共鳴してるからとりあえず入れとけ、ってやつです。





でも、エッジも結構強いんですよね!

(バーストしか持ってないけど…)





今回はこれで行きます!

もう1つ、状態異常バリアを使った魔法パーティも考えたんですけど、とりあえず今回はこのパーティで!





防具は魔防重視で、アクセは全員炎耐性アクセ。





あとはテキトーだwwwwwww





では、いざ!













この辺までダメージを削ると、マントを閉じました。

このタイミングが毎回分からない。

3ターンに1回くらいの頻度かな?





こうなったら攻撃は一旦停止。





ちなみにこの時に殴ってしまっても、カウンターが来ない時がありました。

ランダムか…。













一瞬マントが開いたので、総攻撃を仕掛けようとしたら、

次のターンで即行でマント閉じ…





あのー、

いつ攻撃すれば良いのですか?!













なんというクソゲーっぷりだwwww

せめてダメージくらい入れさせろや!!













ダメだこりゃwwwwwww

延々と閉じてばっかり……

つまんねー!!!!





しかも攻撃しないで放っておくと、ケアルガでガンガン回復されますww

そんな情報、どこにも書いてなかったんだが!













ローザ超絶の恩威もあまり感じられず…

んーーーー。

ヤシュトラのバーストで良かったかも。













ただ、エッジは行動間隔が非常に短いので、とにかく手数は多い!

地味にHPも削れていくが、リベンジダンジョンの敵はすべて、後半から怒涛の攻撃を開始してきた。





きっとこいつも同じだろうな。













ほら、放っておくと9999も回復されますwwwwwww

これ考えたやつ、マジで出てこい!ww













ダメだな、こりゃww

マントを閉じるタイミングと攻撃被り、パーティが一気に崩壊。













もうこんなゲーム知らねぇ!_| ̄|○




俺はこの瞬間、

このゲームへの課金は二度としないと心に決めたのであった。













最終的に、デシを使わない・マントを閉じても無視して殴るというクソゲー戦術で勝利するのであった。