今回の記事で、バイオハザードリメイクのファイルは最後になります!



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">



ある家族の写真

始祖ウィルス変異体を投与(Nov. 10. 1967)

・ジェシカ
「TYPE-A」投与
細胞活性時に組織断裂化
ウィルス定着化に失敗
廃棄処分

・リサ
「TYPE-B」投与
細胞活性時に組織断裂化
後にウィルス定着化成功
器の改造に一定の成果
保護観察継続

※ジョージ
抹消済み(Nov. 31. 1967)



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">



誰かが書き残した手記』(同ファイル)

Nov. 14. 1967

注射で頭がボーっとする。

お母さんに会えない。

どこかに連れていかれた。

二人で脱出しようって約束したのに私だけおいていくなんて…。


Nov. 15. 1967

お母さんみつけた!

今日の食事は、お母さんと一緒!
うれしかった。

違う、偽物だった。
外は一緒だけど中が違う。

お母さんを取り返さなくっちゃ!
お母さんに返してあげなくちゃ!

お母さんの顔は簡単に取り返せた。

お母さんの顔を取っていたおばさんの悲鳴が聞こえたけど、お母さんの顔をとったやつの悲鳴なんか気にしない。

お母さんは私のもの。
誰にも取られないように私にくっつけておこう。

お母さんに会った時、顔が無いとかわいそうだもの。


Nov. 17. 19 7

石の箱の中 お母さん 匂い
ここ お母さんがホント?

石の箱 かたくてイタイ
手のジャラジャラが邪魔をする

4つの石 つてるジャラジャラせで
お母さ 会えない


19

お父さん 一つ くっつけた
お母さん 二つ くっつけた

中身はやぱり赤く ヌルヌル
白くてカタカタ

ホントのお母さ 見つからない

お父 ん分からない
また お母さ 今日見つけた

お母さ をくつけたら
お母 ん動かなくなた
母さんは悲鳴を上げていた

なぜ?
私は一緒に居たかただけ


4

お母さん
どこ?

会いたい



誰かに宛てた手紙』(同ファイル)

愛するリサへ

日に日に私が私で無くなっていく…。
そんな感覚が確信に変わり始めています。

あの注射のおかげか、体のかゆみは幾分か収まってきたみたい。
今日も「栄養剤だ」と言われ、白衣の男達に注射を打たれました。

注射をされると、意識がはっきりしてくる。
意識が戻ってくると、何も考えられなくなっていた自分に気付いて、愕然としたの。

全てを忘れてしまう感覚に襲われ、あなたの事やあの人の事…

どんな性格で、どんな顔だったかすらも意識の闇に覆われてしまう。

ああ、リサ、私も今すぐでもあなたに会って、あなたを抱きしめて確かめたい。

そうしないと、あなたも、あの人も消えてしまいそうで、とても怖い。

…このままではダメね!
早く逃げ出さないと!

いい? リサ
チャンスは多分、次に一緒にあの実験室に行く時!

二人して意識の無いフリをするの。

そしてあの白衣の男が隙を見せた時が逃げ出すチャンスよ!

外へ脱出したら、お父さんを一緒に探しましょう!

この手紙にあなたが気付いてるくれます様に

Nov. 13. 1967 ジェシカ・トレヴァー




バリーの写真

『大好きなお父さんへ モイラ&ポリー』




ある研究員の手紙

親愛なるエイダへ
June 8, 1998

エイダ、いま君が、これを読んでいるという事は、私はすでに、私でなくなっているという事だ。

今日の検査の結果で、思っていた通りの反応が出た。

「陽性」だ。

もうすぐあんな姿にやってしまうのかと思うと、気が狂いそうになる。

エイダ、君は今の所、感染してはいない。

これは無いことかもしれないが、もし、君が最後の一人だったら、動力室に行って起爆装置を作動させ、映像室に置いてある資料を持って、ここから脱出して欲しい。

そして、マスコミを使って、事の全てを公にしてくれ。

もし、セキュリティシステムが正常に機能していれば、ここのロックは全て解除できる。

これには、小実験室にある端末から私の名前でログインし、さらにパスワードを入力すればアクセスできるようにしておいた。

パスワードは「ADA」、君の名だ。

映像室のあるB2Fのロックを解くには、私と君の名でアクセスした後、さらに、もう一つのパスワードを入力しなければならない。

念のため、パスワードはX線写真に暗号で記しておいたのだが、聡明な君の事だ、すぐにわかるだろう。

これが私の最後の頼みだ。
もし変わり果てた姿の私を見かけたら、エイダ、君の手で楽にしてくれ。

君のJohnより



V-ACTについて〜研究員のノートより〜

「t-ウィルス」の変種体が、ゲノムの器である肉体に変化をもたらす事が明らかになった。

このタイプは、宿主の意識が無くなり、休眠期に入ると体組織の再構築を行う。

その際に細胞を活性化させ、体組織自身の改造をも行うようだ。
(我々はこれを「V-ACT」と命名)

特筆すべきは、その「筋力とスピードの大幅な上昇」にある。

一度この状態になった個体は、体組織の変化により、「よりすばやい」動きを有するようになっているのである。
そしてなにより、その性質は[狂暴]だ。

既に、これらにエサを与えている際に起きた事故で、研究員4人が死亡した。

現場は、まさに一瞬にして血の海となってしまった。
(我々は、これのこのあまりの残虐性からこれらを"クリムゾン・ヘッド"と名づけた。)

このまま、あれらを放置しておく訳にもいかないが、あの貴重なプロトタイプ(プロト1)だけは、処分する事を避けなければならない。

それは我々の義務でもある。

だが、このあまりに危険なサンプルをどうしたらいいものか?

我々は"クリムゾン・ベッド・プロト1"に冷凍ガスを使い、館裏の墓場の地下室に、これを閉じ込める事にした。



ファックス

受信先 衛生管理部門 統合本部長

発信元 ラクーン特研部災害対策委員会

このメモを関係者以外の者が閲覧する事を禁ずる。

また本書類の内容が了解され次第、破棄されなければならない。

今回の「t-ウィルス」流出の件について、被害の概算は当初の報告をはるかに上回るものであると推定される。

まず第一の問題は、研究員の半数以上が「t-ウィルス」に感染して死亡してしまった事であり、また生存者のほとんどには、すでに「t-ウィルス」感染者特有の症状が現れている事である。

第二に問題となるのは、特務警備隊もほぼ全滅の状況であり、我が社の最高機密に属する研究事項が無防備のまま外部ちはらされているという事実である。

特にこの点は一刻の猶予もなく対策を講じられたい。

そして第三の問題として、実験体の多くがその制御を失って暴走している状況である。

実験体に殺害されたと思われる研究員は決して少なくはない。

その死体は惨殺されたというにふさわしいものであり、奇しくも我々の研究の成功を裏付けるものであるが、このままでは報道機関に憂慮すべき材料を提供してしまう可能性が高い。

望むべきは、"根本的で早急な解決策である"と、我々は考える。

特にラクーンにおける州警察やS.T.A.R.S.の介入は迅速なものと思われる。

この方面においても何らかの手を打つべきだろう。



研究所・警備システム資料

ー1Fー

〜ヘリポート〜
ヘリポートの使用は政府関係者及び、経営幹部に限られる。
尚、事故発生の際はこの限りではない。

ーB1Fー

〜ヘリコプター搭乗用通路〜
顧問研究員か警備所長の同行がない者の入室は認められない。
未確認の進入者は直ちに射殺せよ。

〜エレベータ〜
緊急災害時には、機能を停止させる。

ーB2Fー

〜映像資料室〜
映像資料室を特研部管轄の下に設置。
利用に関する裁量権な、キース・アーヴィング室長に委任するものと定める。

ーB3Fー

〜監禁室〜
監禁室は衛生管理部門が管理する。
ウィルスを実験体に投与する場合は、顧問研究員(E・スミス、S・ロス、A・ウェスカー)の同行を必須とする。

〜3重ロックのドア〜
全てのパスコードを解除した者以外の入室を禁ずる。
パスコードは各ブロックの研究主任が専用の出力端末でアクセス権限を行使する事で解除できる。

〜動力室(動力炉)〜
燃料にニトロ化合物を使用している為、本社派遣監督官以外の者の入室を禁ず。
尚、顧問研究員が特別な指示を受けた場合はこの限りではない。

〜パスコード出力端末〜
研究主任以外の者に、アクセス権限を与える事を禁ずる。

ーB4Fー

〜最重要機密事項〜
「t-ウィルス」投与による「タイラント」経過報告について…(以下判読不能)



観察記録書

Gの発見に至るには、始祖ウィルスの投与から、実に計21年もの熟成の期間が必要であったようだ。

フランスの研究所から取り寄せて投与した「寄生生物のプロトタイプ」を、あの実験体が取り込んでしまったのも、今を思えば、容易に納得がいく。

実験体の体内で、長き眠りを貪り21年という年月を経て、アレは、突然変異的に変化したのだ。
(まさに「進化」という言葉が相応しい。)

これらの観察データは、私にさらなるすばらしいヒントをくれた。

これを推し進めて、さらに改良を加え、変異を与える事でわ「t」を超える「G」を作り出す糸口が導きだされた。

これは、後々のB.O.W.の歴史を塗り替える画期的なものになるはずだ。

あの忌々しいアレクシア嬢もあの世で悔しがっているに違いない。

数年後にはその研究成果を発表できるだろう。

ウィリアム・バーキン



以上が、バイオハザードリメイクの全ファイルとなります!

少し補足しましょうか。


まずは『誰かが書き残した手記』。
これはウィルスを投与された後のリサが書いた手記。
所々で、「お母さんの顔」「お母さんをくっつけた」と意味不明な言葉が書かれている。

これは、リサの行動を書き表したもの。

ウィルスを投与されてから、研究所に勤める女性研究員を見つけては、殺して顔の皮を剥がし、自分の身体に貼り付けるという奇行を行なうようになる。

これは、知能の低下により全ての女性の顔が母親の顔に見えてしまい、その女性たちが「母親の顔を奪った」と思い込んでしまっているからである。
そのため、「母親の顔を取り返す」という理由で、このような奇行を繰り返していた。

この奇行が原因となり廃棄処分されるが、死ぬまでには至らず洋館内を徘徊するようになる。


そして、『ある研究員の手紙』に書かれていたエイダという名前。
これは、後々のバイオハザードの需要人物となるエイダ・ウォンと同一人物。(リメイク前でも名前だけは登場)

リメイクのファイルは、リメイク前とは随分と変わっており、
ウィリアム・バーキンやアレクシア・アシュフォードの名前なども出ている。

近年のバイオハザードのファイルには、次回作の主人公や登場人物の名前が所々に出たり、伏線になる用語も登場するので、見ているととても面白い。


とりあえず今回は、バイオハザードリメイクのファイルのみを紹介しましたが、
他のシリーズのファイルや、年表なども作って行こうかなと思っています!

また新たな発見が出てくるかもしれないしね!