【パワプロ2016】(再現)1998 石井琢朗

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー


1990〜2000年初期にかけてベイスターズ、カープで活躍したリードオフマン石井琢朗





巧みなバッティング技術、走塁技術は超一流。

現役生活24年間で2432安打、358盗塁を記録。

通算安打数は歴代11位で、また、ベイスターズの球団記録も保持している。(2306安打)





琢朗さんだけは生涯横浜に残ってもらいたかったよね…





また野球に対する真面目な姿勢(ちょっとヤンチャすぎるがw)や、チャリティー活躍など素晴らしいなど、素晴らしい人だと思ってます!









🔳石井琢朗ってどんな選手だったの?









1988年、横浜大洋ホエールズ(現ベイスターズ)に入団。

当時は投手としての入団であった。





1992年には本人の意向もあり内野手へ転向。1995年頃まで主に三塁手として出場していた。

転向翌年の1993年には盗塁王のタイトルを獲得。

また3年連続でゴールデングラブ賞にも輝き、才能の片鱗を見せ始める。





1996年には遊撃手に転向。

またこの年より1番打者を務めるようになる。





1998年には選手会長に就任。

この年はかの有名なマシンガン打線と呼ばれる強力打線を形成し、38年ぶりのリーグ優勝。

また、自身は打率.314、174安打、39盗塁の好成績を残し、最多安打、盗塁王、ゴールデングラブ賞、ベストナインのタイトルを獲得した。





その後、1999年に1000本安打、2006年に史上34人目となる2000本安打を達成した。





2008年オフに広島東洋カープへ移籍、2012年に現役を引退した。





以降はカープにて打撃コーチを務めている。









今回は1998年の石井さんを再現していく!













🔳パワプロ2016で作ってみた!





あくまで個人的な見解です。

















強い!!!(確信)

ほぼ理想通りの型です!!

今回の失敗点を挙げるとするなら走塁かなー。

Bにしたかったのですが、ポイントが全然足りませんでした。

その分、走力がAなので問題ないでしょう!





1998年は三塁を1試合だけ守っているので、サプポジを付けました。





流し打ちを付けても良かったかな、とも思いますかね。





走力と守備力はどちらもBでも良かった気がしますが、個人的にAにしたかった!

ただそれだけwww

でも、盛りすぎというわけでも無いと思うのでOKじゃないでしょうか!






















パワナンバーとパスワードはこちら!

お好きな方をどうぞ!