style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


こんにちは!
今回からですねー、今までとは少しだけ趣向を変えたパワプロの記事を書いていきます!
(やってることは同じですがw)

そう、タイトルの通り、今回はチームを丸ごと1つ作りますwwww

そして作っていくのが、
WBCで2連覇を達成した2009年時のチームを作って行きます!

やはり、俺はこの年の日本代表が歴代で最強だったと思ってます!
もうメンバーが凄すぎる!!
イチローを始め、城島や松坂などのメジャー組、
まだプロになりたてのダルビッシュや田中将大、
ベテランの小笠原や全盛期の藤川や中島など…

こんなメンツが集まることはもう二度とないでしょうwwww

まさにドリームチームでした。


このチームをパワプロで作ってくぞ!

これ結構大変ぞ!wwww



《今回のポイント》

・2008年のシーズン成績を元に作成
・メジャー組の能力は多少盛る
・選手個人のパスワードも記載
・何回かに分けて記事を作成(かなり時間が掛かるので)
・最終記事にチームパスワードを記載
・最終的に1つの記事にまとめる

こんな感じで記事を進めて行こうと思います!



🔳メンバー一覧

11 ダルビッシュ 有
14 馬原 孝浩
15 田中 将大
16 涌井 秀章
18 松坂 大輔
19 岩田 稔
20 岩隈 久志
22 藤川 球児
26 内海 哲也
28 小松 聖
31 渡辺 俊介
39 山口 鉄也
47 杉内 俊哉

2 城島 健司
10 阿部 慎之助
29 石原 慶幸

5 栗原 健太
6 中島 裕之
7 片岡 易之
8 岩村 明憲
9 小笠原 道大
25 村田 修一
52 川崎 宗則

1 福留 孝介
23 青木 宣親
24 内川 聖一
35 亀井 義行
41 稲葉 篤紀
51 イチロー

マジでとんでもないメンツですよねww

で!
今回はとりあえず3人を紹介します!

「涌井秀章」「小笠原道大」「城島健司」の3人の能力とパスワードを紹介。


※[成績]は2008年のものを記載。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">


🔳涌井 秀章

[成績]防御率3.90 10勝11敗 122奪三振 WHIP1.29

これは先日作った涌井をそのまま流用してます。
ベースは2009年のものですので、大して差は無いかな、と思い選択。

当時は西武ライオンズに所属。
大会自体では出番はそこまで無く、中継ぎとして3試合に出場。
防御率2.70、1勝0敗という成績を残した。



🔳城島 健司

[成績]打率.227 7本 39点 86安打 OPS.609

若干衰えが見え始めていた時期でしたが、捕手としてはまだまだ一流。
城島に関してはかなり能力を盛っていると思いますが、日本に帰ってきたらこのくらいの能力になるでしょうw

日本代表の正捕手としてフル出場。
大会序盤は8番、中盤以降は4番に座った。
当時はシアトル・マリナーズに所属。
日本人捕手としてのメジャーリーガーだったため、言葉の壁が原因となり出場機会が激減。
しかしWBCでは大活躍。
打率.333、10安打、1本塁打、4打点の好成績を残す。

またリード面でも非常に冴え、特にキューバ戦で松坂と組んだバッテリーは圧巻であった。



🔳小笠原 道大

[成績]打率.310 36本 96点 161安打 OPS.954

小笠原は理想通りに作れたと思います!
三振を付けるために独立リーグ編で育成していましたが、勝負師がついてついて仕方がなかったのでパワフェスに変更。
ケガしにくさをもう少し盛っても良かったかな?

パワターは、ヒゲを無くしたOBのものをそのまま流用しました。

当時、日本を代表するスラッガー。
2006年に続き、2大会連続出場。
当時は読売ジャイアンツに所属。
主に5番・一塁手でフル出場。
大会序盤は不振だったが、終盤には復調した。
打率.250、8安打、0本塁打、3打点の活躍でした。




というわけで!!

今後、このように解説なども絡めて紹介して行こうと思います!!

次回の記事からはもっと多くの選手を紹介して行きます!