【パワプロ2016】(再現)2007 稲葉篤紀

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー





こんにちは!





いやー、稲葉さんってマジでかっけぇよな!

何がかっけぇかって、まず打撃フォーム!

凄くしなやかで、特に右足の上げ方が良い!!





そして野球に対する姿勢がまさにプロ!

一塁への全力疾走を怠らないし、真面目で、野球人の鑑だよ。





尊敬に値します。





ただそれだけじゃないし、野球選手としての身体能力も一流!

特に巧打と守備力に関してはピカイチでした。





今回はパワプロ2016で稲葉篤紀元選手を再現していくぞ!





パワプロ2016には元々OB枠として実装されているけど、あの能力ではちょっと納得行かん!wwww













🔳稲葉篤紀ってどんな選手だったの?













恐らく、一般人の方でもご存知の方って結構いると思うんです!





2009年のWBCでは、侍ジャパンの4番打者として出場していました。(2013年にも出場)

チームの中心的柱として、当時不調で苦しんでいたイチローさんを励まし続けたりと陰の立役者といっても過言ではありませんでした。

原監督も稲葉さんには絶大な信頼を置いていました。





1994年にドラフト3位でヤクルトに入団、2004年オフにはFA宣言をし、2005年に日本ハム入り。

また、日本ハムはFA選手を獲得しないで有名で、FAで日本ハム入りをした選手は稲葉さんのみ。





さて、稲葉さんと言えば前述した通り、巧打と守備に優れた選手でした。

調子の波は多少あったものの、プロ通算20年で打率3割以上を6回、本塁打20以上を4回記録。

2007年には首位打者のタイトルも獲得している。





また、守備力にも非常に安定力があり、ゴールデングラブ賞を5回獲得。

守備率1.000を記録した年もある。





また送球技術は非常に巧みではあるが、肩の強さは意外にもそうでもない。

遠投は80メートルと言われている。(新庄さんは130メートルw)

ただ、捕殺率は高いので、要するに送球技術がいかに高いかということが分かる。





また、稲葉さんの守備の特徴としてポジショニングの良さがある。

これは新庄さんにも共通している部分であり、時折大胆に守備位置を変える。





明らかな天才ですよね…!





その辺も加味して作っていきます!













🔳パワプロで再現したら…





あくまで個人的な見解です。

















弾道

ミート

パワー

走力

肩力

守備力

捕球





特殊能力:ケガしにくさC、走塁C、送球A、アベレージヒッター、初級◯、逆境◯







こんな感じに作りました!

悪くないと思います!!

アベレージヒッターに関してはかなり迷ったのですが、2007年の首位打者・最多安打ってことで!





送球はAにさせてもらいました!





再現年は首位打者を獲得した2007年!





[2007年度成績]

打率 .334(リーグ1位)

安打 176(リーグ1位)

二塁打 39(リーグ1位)

本塁打 17

打点 87

盗塁 6

出塁率 .387

OPS .892


















パワナンバーとパスワードはこちら!

ご自由にお使いください!





またツイッターでも選手パスワードを公開していますので要チェック!