【デジモンワールド】初代デジモンワールドを20年ぶりにプレイ!デジモンを本格育成しよう!(前編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
どうも、皆さま!!!!

懐かしのゲームブログシリーズへようこそ!!

ときメモ、DQM2、遊戯王、バイオ3と続いてきて、本日は『デジモンワールド』というそれはそれは古代のゲームをプレイして行こうと思う!


FullSizeRender
恐らく、俺のブログの読者さんは知っている人が多いんじゃないかな???

このゲームは、俺が小学校に上がりたてくらいの時に発売して、めちゃくちゃ流行ったんだよ!!!!
でも、俺は持ってなかったんだよな!
毎日、友達の家に遊びに行ってて、そこで友達が遊んでいるのをずーーーーっと見てたって感じ!!

昨日、このゲームを弟からパクって来たので、久々にプレイして行こうと思う!!!


スポンサーリンク

デジモンワールドってどんなゲーム

この作品は、『デジモン』を育成して戦わせるRPGだ。
簡単に言うとポケモンみたいな感じで、最終的にラスボスを倒すことが目的となっている。

ただ、ポケモンよりも育成がめちゃくちゃリアルで、食事とかトイレの概念があるんだよね。


IMG_1370
昔、たまごっちにめっちゃ似た育成ゲームがあったじゃん?
これを家庭用ゲームで再現した感じになってる!

育成も結構本格的で、育成の方向性によって進化先が変わったりするんだよね!

じっくりと腰を据えてやるタイプのゲームだから、ハマる人には超ハマるっていう素晴らしいゲームである!


スポンサーリンク

早速プレイ開始!

名前を決めよう!

FullSizeRender
まずはジジモンが登場!

最初に「友達はいるか?」的な失礼な質問などをして来たあとに、名前を聞かれました。

俺に友達がいないとでも?!?!

まぁ確かに他の人と比べれば、そんなにはいないと思うよ!!(分からんけどww)

でもそういうことは聞かないで!!!!😭😭

ちなみに今回の名前は『はしもと』ですwww
いつも脇枠とかポケモンに付けられた名前だったけど、今回は主人公だぞ…
良かったな!😳



FullSizeRender
続いて、育てるデジモンの名前を決定する!

しまった!!!
主人公の名前をコウにして、デジモンの名前をはしもとにすれば良かった😱😱😱😱

しかし、ここはかわぐちで行こうかwwww
橋本に飼われる川口的な構図……ww


どんなストーリー?

FullSizeRender
てことで、物語がスタートした。

橋本はデジモンたちに囲まれた中に横たわっている……。

どうやら気絶していたようだ。



FullSizeRender
ミュウツーの逆襲のミュウツーのようなセリフを吐いているが、橋本はここがどこだか分かっていないようだ。

こいつは本当にミュウツーなのかもしれない…。


FullSizeRender
そう!
ここはデジモンワールド。

デジモンたちが暮らす広大な地である。
てかよ、初代プレステのゲームにしてはグラフィックがめっちゃ良いよな!!

まぁプレステ末期に近い作品だし、こんなもんなのかな??
発売時期はFF8と同じくらいだしな。
それでもこのグラフィックは凄いと思うよ!!



FullSizeRender
そう、主人公は我々と同じ現実世界の人間という設定だ。
そんな彼(プレイヤー)がミラクルを起こし、デジモンの世界に来てしまった!というお話である。

確かに現実逃避をしたい人にとっては最高の場所だ。
もう二度と現実世界には帰りたくない!とすら思うかもしれないwww



FullSizeRender
ちなみに、現実世界で橋本が育てていたデジモンは、"かわぐち"こと『アグモン』である!

まずはこのアグモンと共に冒険をして行くということっすな!



FullSizeRender
あっ、ジジモンが橋本を呼んだのか!!!

夢とかそういうオチでは無く、デジモンたちを救ってもらいたいという目的で橋本をこの世界に呼んだらしい。

凄い能力だな!さすがはデジモン!!
確かにガキの頃って、「ポケモンとかデジモンの世界に入れたら最高だろうなぁ〜」ってずっと思ってたよなwww
それを疑似体験できるゲームってやつだ。
バンダイさんはプレイヤーのニーズが分かってまんなぁ〜😭😭



FullSizeRender
この世界はファイル島と呼ばれている。

今、我らがいるのは『はじまりの街』という場所だ。

昔はここで全種類のデジモンが暮らしていたという。
しかし、いつからかデジモンたちは『心』を失い始め、街の外へと散り散りになって行ったと言う。
デジモンが言葉が話せなくなって来ている、すなわち記憶を失って来ているというのだ。

デジモンたちがここを去って行ったことで、はじまりの街は徐々に衰退し、危機的状況にあるようです。

『はじまりの街の危機』は"デジモンの危機"という言い伝えがあり、ジジモンはそれを危惧している。

橋本はデジモンを育てるのが得意で、意思疎通も上手くできるだろうから、って理由でここに呼び出されたらしい。

要するに、ファイル島中のデジモンたちをここに再び集め、はじまりの街を復興する!!ってのがプレイヤーの役目なのだ!


FullSizeRender
しかも即承諾する橋本wwwww

まぁでも確かにデジモン、てか動物のためならひと肌脱いでも構わんわな!!!



FullSizeRender
とりあえず、「かわぐちを『パートナー』としてファイル島をめぐれ」とのことだ。

そして、最終的には異変の元凶となるものを探し出して欲しいってことだ。

任せな、ジイさん!!!!!!!

俺がこの街を完璧なまでに復興してやるよ!



FullSizeRender
てことで、橋本と川口の冒険が始まった!!

さて…
どうすれば良いんだっけ?!?!?!www


スポンサーリンク

デジモンを育成しよう

FullSizeRender
残念ながら説明書は紛失してしまっているようなので、自らでやり方を覚えて行かなければならない。

この街並みとかは覚えてるんだけど、その他をあまり覚えていない…。


デジモンのステータス

FullSizeRender
これがパートナー『かわぐち』のステータス画面でございます。

年齢とか性質、属性、パラメータなどが設定されている。

パラメータは、戦闘で勝利したり、トレーニングをすることで強化可能だ。

このパラメータの数値によっても進化先が変わったりするから、このゲームにおいて最も重要な要素と言っても良いだろう。



FullSizeRender
これが技画面。
アグモンが最初に習得している技は『スピットファイアー』。
この技ってのは確か、色々なデジモンを育成することで少しずつ増えて行くんだよな。

この世界にもデジモンの寿命ってものが存在してて、そのデジモンが天に滅して生まれ変わった時に、覚えた技を引き継がせることができるのである。
その辺のやり込み要素がすごいよね。

だから、仮に強いデジモンを生み出したとしても、強い技を習得していないと弱いまま!みたいな。

また、アグモンの場合は性質が『火炎』と『格闘』なので、どちらかの性質の技の一部分を使用することができる。

習得した技は最大3つまで自由にセットすることができる。

進化

もちろんのことながらデジモンは進化する。

様々な条件があったと思うんだけど、結構大変だった記憶があるよ…。

形態は確か完全体までだったはず。
昔のデジモンって多分完成体までしか出てなかったよね…?



FullSizeRender
ちなみにアグモンの進化系図はこれ!!
なんと6種類のデジモンに派生するというな!

グレイモンはもちろんのこと、ティラノモンとかにも進化したはずよ!

世話

FullSizeRender
このコマンド画面を見ると、ほめる・おこる・ねむるの3つのステータスがある。

これは、デジモンが良いことした時に褒めたり、悪いことをした時に怒ったりすることで、ご機嫌やしつけなどのコンディションを整えることができる。
これを管理することでも進化先が変わったりする。

また時間の概念もある。
朝昼夕晩というように時間の流れが設定されていて、もちろんデジモンはお腹が減る。
その時は餌をあげなければならないし、眠くなったら眠らせてあげる必要があるのだ。

トイレ

FullSizeRender
ここまでリアルな育成なので、もちろんデジモンはトイレに行きたくなる。
その時はトイレまで連れて行き、排泄させる必要があるぞ。

もし、間に合わずにそこらへんで漏らしてしまうと、『のろい』ってゲージが蓄積されて行ったはずww
おれが溜まりまくるとスカモンとかヌメモンっていうゲテモノデジモンに進化してしまうのだwww


こんな感じで、意外と本格的なデジモンの育成が楽しめることが理解いただけただろうか??

今回は記事が長くなってきたのでここで終わるけど、後編でははじまりの街の探索と、ファイル島の探索に出かけてみようと思う!!