【バイオ3】バイオハザード3の全ファイル解体新書(Part.1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本ページでは『バイオハザード3 LAST ESCAPE』に登場するファイル(書物)の内容を全て記載中!

エンディング後のエピローグは別ページに記載。

スポンサーリンク

ファイル一覧

時計塔の絵葉書

FullSizeRender
時計塔が写された絵葉書だ。

裏側の解説に"ラクーンシティの名所セントミカエル時計塔"と書かれている。

写真A

FullSizeRender
警官隊出撃のようすが写されている。

写真には"9月27日"とある。

マービンの報告書

FullSizeRender
ー報告書ー
9月24日
本日未明、市庁舎にて盗難が発生。
被害を受けたのは正門にある宝石時計で文字盤に埋め込まれた十二個の宝石の内二つが奪われた模様。
現在ラクーンシティは戒厳令下にありすでに多数の警官が殉職している。
そのため本件の調査を保留とする。
報告者マービン・ブラナー


ー報告書ー
9月26日
本日午前10時頃、署内に逃げ込んだ42歳男性(飲食店経営)が同月24日盗難にあった市庁舎の宝石のひとつを所持しているのが死体検査で判明した。
(男性は数十分後に発病したため射殺)
本件は戒厳令のため調査を保留とするが証拠品である宝石である宝石はしばらく署内で保管する事とした。
報告者マービン・ブラナー

  • マービン・ブラナーとは『バイオハザード2』に登場したレオンの上司となるはずだった警官。
  • "発病"とは"ゾンビ化"の意味。

デビッドのメモ

FullSizeRender
どうにかなりそうだ。
こんな事になっちまうなんて。
昨日の戦いでまた人が死んだ。
射撃が得意だった殺人課のメイヤーだ。
俺がゾンビどもの侵入にあわてて逃げ遅れそうになった時、奴は俺を助けようとして応戦したんだ。
そんな奴を俺は置いて逃げた。
奴が俺の名を呼ぶ、そして背後から聞こえてくる絶叫。
俺は恐ろしかった。怖かったんだ!

27日。今日バリケードをなぎ倒したゾンビどもを大量に片づけた。
俺は景気づけにウィスキーをやりながらアホづらどもにショットガンをぶっ放す。
コレなら一気に数匹のミンチができる。
俺は歓声を上げて奴らを撃ちまくった。
すると俺に仲間がつかみかかった。
よく見るとゾンビどもと一緒に警官が数人巻きぞえを喰らって転がっている。
いいじゃねぇか、いまさら。
どうせ死ぬ前のパーティーなんだ。

俺が楽にしてやった仲間は三人だ。
今までゾンビに殺られた奴らを含めると十二、三人はおっ死んでる。
ずいぶんとまあ、頭数がへったもんだ。
三時間後には会議室でくだらないことを検討しあう。まったくムダだ。
俺はこの酒が無くなったら楽に死ぬつもりだ。
その時が待ち遠しいね。

  • 地味にショットガンの性能に関するヒントが書かれている。

ケンド鉄砲店からのFAX

FullSizeRender
S.T.A.R.S.のやんちゃ坊主達へ。
兄のジョウからうれしい知らせだ。
ついに新制式ハンドガンが完成した。
M92F S.T.A.R.S.スペシャル「サムライエッジ」と名づけたそうだ。
数あるケンド製カスタムガンの中でも最高のバランスに仕上がっているぞ。
ジョウがいうには「これだけのガンでマトをはずす野郎がいたら、おしゃぶりでもホルスターに入れておけ」とさ。

なお細かい仕様については納入時に添付しておく。
官給品とは思えないパーツのよさだ。
出資してくれる企業にキスをしてやりたくなるぞ。

ケンド鉄砲店 ロバート・ケンド

  • ロバート・ケンドとは『バイオ2』の序盤に登場した武器屋の店主。『バイオRE:2』にも登場している。
  • 『サムライエッジ』とはバイオハザードオリジナルのハンドガン。

傭兵の日記

FullSizeRender
9月1日
六ヶ月の特殊訓練を終えた。
体の方もようやくカンを取り戻してきたようだ。

わたしは有能な兵士だったが、いわれのない容疑で銃殺が決まった。
拷問されて自白を強要されたのだ。

銃殺を持つ朝。
それは唐突に訪れた奇跡だった。
企業がわたしを拾い、生きるチャンスを与えてくれたのだ。

9月15日
わたしはバカンスを切り上げて本部に戻った。
わたしの所属部隊であるUBCSに出動要請があったようだ。

アンブレラは企業テロや要人誘拐に対抗するため独自部隊を所有しているが裏の商品が起こす問題を専門に処理する「掃除屋」も飼っている。

わたしの所属はその後者の部隊だ。

9月28日
夜が明けた。
しかし地獄にいることには変わり無い。
狂っている。
ああ、わたしは銃殺を選ぶべきだった。
ここにくらべれば収容所は天国だ。

わたしは自分の死体が動き出さないことを強く願って引き金を引く。


シティガイド:市長のコメント
FullSizeRender
シティガイド
〜われらの街と市長の歩み〜

こんにちは、市民の皆さん!
ラクーンシティの治安のよさ、住みやすさは皆さんのご存知の通りです。
ラクーンシティはクリーンな企業でおなじみのアンブレラの工場を誘致した都市です。
企業からの多額の援助金は、福祉や公共施設の建設、治安維持などに惜しみなく投資されています。

わたしが市長になって5年目を迎えた1992年はラクーンシティにとって記念すべき年でした。
アンブレラの援助金により老朽化が進んでいた市庁舎が改修され、近代的な総合病院と市内に建設されたのです。

街のために尽力した功績が認められ、市庁舎にわたしの銅像が建てられたのもこの年のことです。

三十五年以上も前に技術者としてわたしはこの街をおとずれ、街の電化を進めて路線鉄道を開通しました。
先人たちの知識がラクーンシティの発展をうながし、希望あふれる今日を手にすることができたのです。
わたしはその伝統を守り、街の発展にさらにこの身を捧げることを誓います。

ラクーンシティ市長
マイケル・ウォーレン

写真B

FullSizeRender
ゾンビの表情が大きく写されている。

写真の裏には"特ダネ!!"とある。