style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="5508394170"
data-ad-format="auto">


ちょっと地味すぎます?!www

今回の再現は、
カーティス・グランダーソン選手でございます!!

いや!メジャー好きの中では超有名人ですよ!!
俺はめっちゃ好きな選手なんですよね。

元々俺はヤンキースのファンで、2010年にグランダーソンが入団してきてから、彼のファンになったんですよね。

2004年にタイガースへ入団し、
その後ヤンキース、メッツと3球団を渡り歩いている。

メジャーリーグでは屈指のパワーヒッターで、
更に一流の走塁技術を持つ選手。

過去に30本塁打以上を4回、
40本塁打以上を2回も記録し、
20盗塁以上を3回も記録している。

また2016年シーズンを終えた時点での通算三塁打をなんと89本も記録している。
なんと2007年には23本の三塁打を放っている。
この数字は58年ぶりの記録であり、
走塁技術の高さが分かる。

しかしその一方で三振数の多さ、打率の低さが非常に目立つ。
2016年までの通算三振数は1589、通算打率は.255。

とても極端なイメージが強い!www

これもメジャースケールである!!
まさにアダム・ダンの後継者だww
でもさ、こういうところもメジャーリーグの面白さですよね!

てことで今回は高低差がデカイ、グランダーソン選手の全盛期を再現していきます!



🔳再現年は2011年!

本塁打だけで見ればキャリアハイは2012年ですけど、
やはりOPSや打点がキャリアハイの2011年が良いかな、って。


[成績]
打率 .262
安打 153
二塁打 26
三塁打 10
本塁打 41
打点 119
盗塁 25
三振 169
出塁率 .364
OPS .916

凄いのが、この成績で2番打者ですからねwwwwwwww
2番打者で119打点で打点王wwww
俺だったら5番くらいに置きたいんだけどwwww
素人には分からない世界がプロの世界にはあるんでしょうね。

この年の得点圏打率ってどんなもんだったんですかね。
ネットで情報を探したんですけど見つからなかった。。。


🔳完成した選手と考察

※あくまで個人的な見解です

とりあえず完成した選手はこんな感じ!

まず先に言っておきますが、
勝負師』は事故ですwwww
4タコしたのにチームが勝ってしまったので付いてしまいましたww

でもよく考えろ!!
打率.262でしかも2番打者で119打点ですよ?!
こんなんチャンスに強くなきゃ出せない数字だよ!!!
ってことで無理やり当てつけましたが。。。wwww

グランダーソンが左投手が苦手なのはデータで出ていたので、『対左投手F』を付けさせていただきました。
走塁は問答無用でA、
初球打率も5割近くを記録している記憶があってので『初球◯』を付けました。

またシーズン169三振は普通に多いので『三振』を付けました。

ケガしにくさ、意外性は事故ですwwww
意外性とかパワーAの選手には全く意味がない特殊能力ですけどね、、、、。

で、走力ですがが妥当かな、と。
また守備力も高水準な選手ですのでこちらもに。

肩も平均より少し良く、送球力も優れているのでにさせていただきました!

こんな感じでそこそこイメージ通りの選手が作ることができました!

パワナンバーとパスワードは載せておくので自由にダウンロードして使ってみてください!




style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-5464819498535203"
data-ad-slot="9111534468">