【パワプロ2018】再現選手 – 2015 ルイス・クルーズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • ピッツバーグ・パイレーツ(2008 – 2009)
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(2010)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2012 – 2013)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2013)
  • 千葉ロッテマリーンズ(2014 – 2015)
  • 読売ジャイアンツ(2016)
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス(2017)

タイトル・表彰・記録

  • ゴールデングラブ賞:1回
スポンサーリンク

選手の特徴

助っ人外国人としては珍しく守備に特化した選手で、2015年にはゴールデングラブ賞に輝いた。

2014年から日本プロ野球界で計4年間プレーした。
彼の特徴はやはり何と言っても守備力であり、メジャー時代から非常に評価が高く、守備指標でマイナスになったことがほぼ無い。

日本ではめちゃくちゃ強肩の部類に入るが、メジャーの肩指標では平均レベルである。

バッティングはそこまで良くなく、キャリアハイは2015年の打率.255、16本塁打である。
しかし、三振が少なくチャンスに強いという傾向にある。
だが、四球も少ないため出塁率が極力低い。

2015年はゴールデングラブ賞に輝いている。
粗い部分はあるけど、やはりクルーズの守備はかなり魅了された。

現在はメキシコのプロ野球に在籍中と共にメキシコ代表選手でもある。

2019年、サムライジャパンの強化試合の際にメキシコ代表として来日。
ジャイアンツの公式ツイッターで小林誠司とのツーショット写真が載せられいたのを見て、少し懐かしい気分になった。


スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2015年
  • 試合:133
  • 打率:.255
  • 安打:128
  • 二塁打:23
  • 三塁打:1
  • 本塁打:16
  • 打点:73
  • 盗塁:0
  • 四球:24
  • 三振:66
  • 併殺:7
  • 守備率:.983
  • 失策:12

補足

今回はキャリアハイの成績を残した2015年を作成。

ほとんどがパワプロ2016開幕データのパクリ。
春男』が付いていないくらいか。

眉毛だけは少し変えてて、ヒゲも付けた感じ。

正直、肩はBでも良いかもしれんな!!
逆にサブポジ三塁はBでも良いような気がする。

ちなみに甲子園に優勝してしまったので、いらなかったんだけど『人気者』が付いてます。

その他は特にナッシング!

パワナンバー
FullSizeRender