【日記】俺が中学生の頃のゲームの思い出

スポンサーリンク
スポンサーリンク
どうも俺です!!

前回、俺が幼稚園生・小学生だった頃に熱中したゲームってのを紹介してきたわけだが、今回は"中学生編"でございます!!

思ったよりもこのシリーズが反響?があるみたいで、アクセス数がそこそこあるのよね!(これでしか判断していないwww)

中学時代は部活が忙しかったからそこまで多くの種類のゲームを遊んではいないんだけど、それでも撃ハマりした作品はいくつかあるので紹介して行こうと思う!


スポンサーリンク

ファイナルファンタジーⅩ

IMG_0051
言わずと知れたPS2の名作『FF10』。

これは全てのゲームの中で最もハマったと言っても過言ではない神ゲー!!

誰がなんと言おうとも俺の中で神ゲー!!!

このゲームは確か誕生日に親に買ってもらったのよね!!!
俺の誕生日って8月1日だから、本作の発売日から約10日後だったのよ。
今になって分かるが、どうやら親はセブンイレブンで予約をしたみたいで、ティーダが所属するブリッツボールチーム『ザナルカンドエイブス』のロゴがデザインされたバンダナが特典として付いてきたんだよね。
多分な、まだ実家に残っとるぞwww

あとでツイッターに画像を晒す!!!!


このゲームの魅力と言えば何と言ってもストーリーとやり込み要素!!

ストーリーは当時中学1年生だった俺でも理解できて、それでいて深い。
中学生でも理解できるからと言って大人が楽しめないっての間違いである。
大人の俺がやってもやはりストーリーは楽しいし、感動できる。
"泣きゲー"と言われているが、まさにその通りだと思う!(俺は泣かなかったけどwwww)

内容は、シンを倒すための旅。
召喚士ユウナは世界の災害とも言える強大なシンを倒すべく、各地を旅して召喚獣と契約を結んで行く。
そんなユウナを主人公ティーダがガードとして支え、ティーダ目線でストーリーが楽しめるような工夫がされている。

アドベンチャー要素も若干存在し、選択肢によって会話が変化したりもする。

そして、FFと言えばやり込み要素が充実しているが、今作ではそれが飛び抜けている。
最強武器集め、キャラクターの育成、モンスター闘技場、隠し召喚獣、ブリッツボールなどやることがあまりにも多い。

やり込めば誰でも完全クリアできるくらいの難易度で、ゲームの苦手な人でも楽しめる絶妙な難易度になっている。
一方で、モンスター闘技場の隠しモンスターは非常に強力で、熟練者に持ってこいの難易度である!

当時、俺はこのゲームを500時間ほどプレイしたんだよねwww
恐らく500時間を突破したゲームって、FF10もモンハンくらいだろうな!
ポケモンですらもここまではやり込んだことはないよ!

一番印象に残っているのはやはり『すべてを超えし者』ってボスかな。
FF10最強のボスなんだけど、こいつが防御無視の99999ダメージを与えてくるから対策をしないと全員が確定死する。
おまけにHPが1000万wwww

そこで必要になってくるのが『リレイズ』なんだけど、これの消費MPが半端じゃなくて、武器改造で『MP消費1』っていう超レアなアビリティを付けないと、ジリ貧になって死ぬってパターンに陥る。

よって、こいつを倒すためにはあらゆる準備が必要で、膨大な時間を要するんだけど、倒した時の達成感がヤバイwww
モンハンで極ベヒーモスをソロ討伐できた時と同じくらいの達成感ぞ!!

これを中学生の頃の友達と倒した記憶が今でも残ってる。
そいつは部活仲間だったんだけど、部活がない日曜日の朝に俺んちに集合して夕方くらいまでやってたんだよな!
それほどの時間をかけて倒したのが『すべてを超えし者だ』。

隠しボスをすべて倒した後もキャラクターの育成とかブリッツボールで選手育成などをやり込んで最終的に500時間に到達してしまったって感じ。

たぶん、今でもそのセーブデータは残ってるはずだぞwwww

そして、発売から約20年近く経った今でもプレイし続けている作品だ。

ちなみに、今後当ブログでトロコン日記を執筆する予定でございます。


スポンサーリンク

グランドセフトオート バイスシティ

IMG_0053
ロックスター社が手掛ける『グランドセフトオートシリーズ』の4作目。
ギネス記録にも登録されている作品で、俺が初めてプレイしたグラセフでもある。

このゲームに出会った時はかなりの衝撃を受けたな!!

とにかくなんでもできるゲームですやん!

って思ったんだよな。

FF10に比べるとグラフィックはかなり劣るんだけど、自由度の高さにはめちゃくちゃ驚いた。
自由度が高いと言っても、本筋のストーリーはしっかりとあって、しかもその内容がすごく濃厚!!!
長くてダレるんだけど、海外ドラマのようにリアルな人間ドラマを楽しむことができる。

このゲームも良く友達とやってたんだよなぁ。
俺がこのゲームで最もハマっていたのが殺戮ミッションってやつww
今のグラセフでは無かったと思うんだけど、戦車かパトカーに乗車した状態でスティックを押し込むとスタートするミッション。
ゲーム性は単純で、町中で逃げ回る犯罪者たちを追いかけて抹殺するだけ!!
抹殺するとお金が貰えて、連鎖させると貰える金額が増えて行く。

自分が死ぬか、乗っていた車両が破壊されると連鎖が途切れて終了になるんだけど、戦車は装甲が厚くて規格外の耐久力を持つため、めちゃくちゃ連鎖させやすい!!
戦車は公式チート(ゲーム内で実装されてる裏技コマンド)を使うと何処でも簡単に出すことができて、金策はもっぱらそれだったね!
何故か分からんけど、このミッションは飽きずに延々とやってたわwww

その他にハマったのがアイスクリーム販売なww
これもストーリーとは全く関係ないんだけどめっちゃ面白い。
そこら辺に停まっているアイスクリーム販売車をパクって(ww)、ミッションを開始する。
すると、街中にアイスを買い求める人が現れ、その場に行って商売をしてお金を稼ぐことができる。
もちろんその客の場所まで行くのに交通ルールなど守っていられない。
信号無視は当たり前、逆走は当たり前、交通事故は当たり前、轢き逃げは当たり前みたいなww

こうやって文面にしてみるとめちゃくちゃ恐ろしいゲームだということが分かるww
殺戮ミッションよりは稼げないんだけど、これはこれで癒されるから面白かったんだよなww

そして、このゲームの中にはちゃんと警察とか消防署とか軍隊がある。
もちろん軍事施設もあって、そこに侵入して軍用ヘリをパクるって遊びも面白かったなwww
軍事施設は中に入るだけでも侵入者と見なされて射殺されるんだけど、銃やミサイルで応戦して壊滅させることも可能www
ただ、指名手配度がもの凄いことになり、警察から追われるハメに……。

1人プレイ専用のゲームなんだけど、これも友達と変わりばんこで遊んでたね!!
『死んだら交代』みたいな感じで。
グラセフって不思議なゲームで、観てるだけでもめちゃくちゃ面白いんだよな!
人によってプレイスタイルが違うし、観てて全然飽きないww

このゲームはFF10ほどではないんだけど、200時間は遊んだんじゃなかろうか。
高校生くらいまで遊んでたからなww
グラセフ・サンアンドレアスってのが出てからはこっちばっかりやってたけど、とにかくハマりにハマったゲームだ。

記事を書いてたら久々にやりたくなってきたわwwww


スポンサーリンク

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン

IMG_0055
最後に紹介するのは『ポケモンFR・LG』。
これは初代ポケモン『赤・緑』のリメイク版としてゲームボーイアドバンスで発売された作品。

この頃の俺ってポケモンを完全に引退してて、発売するって知っても買おうと思わなかったんだよね。

だけど、部活仲間だった友達が買って、俺んちに来てプレイしてたのよ。
それを観てたら俺もやりたくなってきて、購入を決意!
結果、アホみたいにハマってしまったというww

今では当たり前となった努力値と個体値という廃人用語を知ったのもこの時で、これを知ったお陰で俺はポケモンにダダハマりすることになってしまった……😭😭

それよりも印象に残っているのが、ゲームボーイアドバンスに差すことで赤外線通信ができるようになるアダプターが同梱されていたことかな!
当時は通信ケーブルってものを別で買って、ゲームボーイアドバンス同士を繋がないとポケモンの交換や対戦ができなかったんだけど、同梱されていたアダプターを装着することでケーブル無しでも通信が可能だった!
しかもそれによって、4人プレイヤーでタッグバトルもできたのよね!!
これがすげぇ革新的で感動した覚えがある!

もちろん、当時友達4人でこのゲームにハマっていて、いつもUNOで勝負してチームを分けてタッグバトルをしてたよ!
で、負けると家に帰ってポケモンの育成をし直す感じね!
毎回、どんな活躍をしてくれるのか楽しみで楽しみで仕方がなかった!
やっぱこれがポケモンの醍醐味だよな!!!
友達との対戦で勝つために、強いポケモンや好きなポケモンを俺なりに育成する。
それが本当に楽しかった記憶がある!

この時のパーティは今でも覚えてる!!

リザードン、バンギラス、ギャラドス、ニドキング、ゲンガー、サンダーだったねwww
今とほとんど変わらねぇっていうなwwww
やっぱりなんだかんだ言って、好きなポケモンを使い続ける傾向にあるのかもな!

Switchで発売されるポケモン剣盾は、大幅なポケモンのリストラがあるという。
なんとリストラされたポケモンはデータすらもソフトに入っていないというのだ。
もし、「好きなポケモンが削除されてたら…」って思うと炎上するのも分かるなwww

ポケモンって対戦も醍醐味の1つだけど、ポケモンをコレクションするのも醍醐味の1つだと思うんです。
そして、ポケモンの魅力ってのは"とてつもない種類がいる"ってことだと思うんです。
そして、それらを全て集めること。
この要素が削除されようとしている。
正直言うと、これは超えてはいけない線だったと個人的に思う。

俺が好きなベトベトンとかマタドガス、そしてクロバット、ニドキングなどのポケモン(全部毒タイプじゃねぇかw)がリストラになっていないことを祈るしか…
いや、そういう問題じゃねぇwwww

とにかく!!
どちらにせよ俺はポケモン剣盾を買うが、この時のポケモンのようなワクワクとドキドキ感が欲しいよね!
サンムーン系統にはそういう感情が一切湧かなかったからな。
それだけおっさんになった証拠なのかね?ww


そんなわけで、俺が中学生の頃にハマったゲームは以上の3本でございました。

他にも『キングダムハーツ』とか楽しかった印象があるゲームもいくつかあるんだけど、そこまで劇的にハマったって感じでは無かった。

部活で忙しかったってのもあるし、ゲームを買うお金も無かったから仕方ないっちゃ仕方ないけどな!

てことで以上が俺が中学時代にハマったゲームの紹介でした!

次回は高校生編に移るぞ!!!ww
この頃は意外とゲームを遊んでたので、前編・後編に分かれるくらいにネタが豊富!!

是非とも楽しみにしていただきたいところだ!