【パワプロ2018】再現選手 – 1999 ロバート・ローズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • カリフォルニア・エンゼルス(1989 – 1992)
  • 横浜ベイスターズ(1993 – 2000)
  • 千葉ロッテマリーンズ(2003)

タイトル・表彰・記録

  • 首位打者:1回
  • 打点王:2回
  • 最多安打:2回
  • 最高出塁率:1回
  • 最多勝利打点:1回
  • ベストナイン:6回
  • ゴールデングラブ賞:1回
  • 月間MVP:3回
  • オールスターゲームMVP:1回
  • サイクルヒット:3回
  • オールスターゲーム出場:4回

選手の特徴

日本プロ野球におけるシーズン打点歴代2位の記録保持者であり、日本通算打率.325を残した化け物助っ人外国人選手。

1993年に来日し、8年間で打率3割を7度達成。
ベイスターズ全盛期であるマシンガン打線の4万打者を担った。

来日3年目となる1995年には史上46人目となるサイクルヒットを達成。
更に、97年と99年にもサイクルヒットを達成し、合計3度の達成はプロ野球史上唯一。

来日1年目でいきなり打率.325、19本塁打、94打点をマークし、ベストナイン、打点王を獲得。

1999年には当時右打者としては歴代1位の打率.369、更に歴代2位とはる153打点、当時のセ・リーグ歴代1位となる192安打を放ち、記録づくめの年となる。

しかも、この記録を残したシーズン後に『引退宣言』をするという凄まじさ。(実際、翌年も現役続行)

最終的に2000年を持ってベイスターズを退団し、2003年に千葉ロッテマリーンズと契約して2年ぶりに球界復帰を果たすが、すぐに解雇となり現役引退。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:1999年
  • 試合:134
  • 打率:.369
  • 安打:192
  • 二塁打:34
  • 三塁打:2
  • 本塁打:37
  • 打点:153
  • 盗塁:3
  • 盗塁死:1
  • 四球:63
  • 三振:81
  • 併殺:19
  • 出塁率:.439
  • 長打率:.655
  • OPS:1.093

補足

今回はプロ野球史に残るとてつもない成績を残した1999年をベースに作成。
パワプロ99決定版、プロスピAなどのデータを参考にしております。

通算盗塁数は16とかなり少ないが、決して鈍足なわけではないらしい。

特殊能力はほぼパワプロを参考にしており、走力だけはDにしてます。
パワプロ・プロスピA共にC。
ただ、プロスピAの走力は通常よりもかなり盛られる傾向にある。

併殺』と『選球眼』は独断で付けさせていただきました。

パワーヒッター』を付けるのもアリだと思う。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender