【MHW】歴戦王ネルギガンテがのソロ討伐を目指してみたがとんでもねぇ強さだった!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
どうも、お久しぶりです!!!

俺デーーーース!!!!

先日ですが、『モンスターハンターワールド』にてアップデートが実施、新モンスターが追加された。


IMG_7298

それが歴戦王ネルギガンテだ!!!

なんなんそれ??
って思うかもだが、簡単に言えば最強のネルギガンテっすわww
攻撃力がハンパじゃねぇことになってて、一撃を喰らえば瀕死orワンパンというとんでもねぇ野郎なのだ。
おまけに新モーションも追加されており、歴戦王の名に恥じない強さを誇っている。

また移動するエリアのパターンとかも他の個体とは異なっていたりと、色々な面で通常個体や歴戦個体とは異なる。




IMG_7299
IMG_7300
でな…
3日ほどかけてようやく倒すことができたのよwww
まぁ3日と言ってもトータルで5時間くらいかなぁ。

ゲームオーバーの回数は約10回くらいだろうなwww
死亡回数はそれはもう目を当てられないくらいの数字である。

こんなゴミハンターでも一応倒すことができたのである…
極ベヒーモスは未だに倒せていないがwww

ただ!
このゲームって不思議で、一度勝ててしまうと2回目、3回目はすんなりと勝ててしまったりする。
勝ち筋や立ち回りが脳内にインプットされるんだろうねww


そこでこのページでは、俺がいかにして歴戦王ネルギガンテを倒したのかってのを紹介して行こうと思う!!!!
姑息な手段を使っているが、少しくらいはお前らの役に立つであろうよww



装備とスキル

当然のことながら装備はめちゃくちゃ重要でございます!!
特にスキルな!!!!
ネルギガンテと何度も何度も戦って、少しずつ変更して行った感じ。



FullSizeRender
まず、武器はランスでございます。
普段は大剣や片手剣を好んで使うんだけど、ネルギガンテやイビルジョーなど攻撃が強力なモンスターの時はランスを使っております。

俺が使っているランスは亡滅の腕
ネルギガンテの素材で作れるランスだね。
これをカスタム強化して、『回復能力付与』を付けてる。
このカスタムは俺的には必須。

ネルギガンテの弱点は雷>龍だから雷属性の武器の方が良いんだろうけど、まだカスタム強化できていないため『亡滅の腕』を選択している感じ。

根性』スキルが発動するナナ・テスカトリのランスを使ってたりしてたんだけど、ステージ的に相性が悪いように感じたのですぐに使うのをやめた。
根性で耐えても炎の床ダメージで死ぬことがあるから無駄だと感じたwww



FullSizeRender
装備はこんな感じだ!!

装衣も色々試してみたんだけど、結局『転身の装衣』『不動の装衣』で落ち着いた感じだな。

やっぱこの2つは強いわwww



FullSizeRender
スキル構成はこんな感じ。
見てわかる通り、超防御寄りのチキン構成になっているww
別にタイムアタックとかには興味ないし、安全に勝てれば良くね?って感じね!


耳栓
俺的には超必須スキル。
咆哮怯みからワンパンっていう流れが非常に多いため、これは必須だと思うわ!
スキル構成は、まずこれを軸に置いてから全体的に考えて行った感じだ。


ガード性能
ガードができる武器ではほぼ必須なスキルではなかろうか。
最初は『ガード性能Lv.3』だったんだけど、それでもダイブ攻撃の貫通ダメージがデカく、体力が少ない状態だとそれだけで死んでしまう恐れがあるので、Lv.5まで盛った。

このガード性能と『不動の装衣』の相性が抜群。
不動の装衣を装着した状態でガードすると、ダイブによる2段攻撃の被ダメージを驚くほどにカットすることができる!
カスタムの回復能力の効果のみで回復が間に合うレベルの被ダメージ。


精霊の加護
これを付けてから勝てるようになったww
Lv3まで発動しておくと、確率でダメージを50%軽減してくれる。(Lv1:15%、Lv3:30%)

しかも想像以上に発動確率が高く、体感的に30〜50%って感じ。
思ったよりも発動するから、生存率が異様に高いのである。

最初はこれを付けずに『体力増強Lv3』を発動させてたんだけど、最終的にLv1まで落としました。

ただ、『精霊の加護』の優先度は俺的には低い。


整備
このスキルもめちゃくちゃ優秀で、特殊装具のチャージタイムを短縮するというもの。

ただ、レベル3まで上げないと効力は微妙かも。
Lv3だとチャージタイムタイムが20%短縮されるわけだが、例えば『転身の装衣』は再使用までに300秒(5分)を要するので、実質240秒(4分)で再使用が可能ということになる。

これが結構デカくて、最強装具である『転身の装衣』を少しでも活かしたい場合は必須のスキルでは無いだろうか。


心眼
攻撃が弾かれなくなる超優秀なスキル。
ネルギガンテはとにかく硬くなるため、これも必須だろうな!!



紹介した5つのスキルを発動するために『弱点特効』や『超会心』スキルをやむなく削ってます。
本当は業物とかも発動したいんだけど、それよりも生存率を上げるスキルを選択した感じね。



装飾品の装着
装飾品は以下のように装着している。
  • 亡滅の腕… 整備珠
  • バゼルヘルムβ… 加護珠×2
  • バゼルメイルβ… 加護珠鉄壁珠
  • ドラケンアームα… 痛撃珠心眼珠
  • エンプレスコイルβ… 超心珠痛撃珠
  • ​ガンキングリーヴα… 体力珠
本当はガンキングリーヴを別の装備にしたいところなんだけど、鉄壁珠を1つしか持っていないため、『ガード性能』を発動させるためにやむなく装備してる感じだ。



アイテム

今回は持っていくアイテムやショートカット登録も結構大切だと思ってる!


FullSizeRender
まず、俺が毎回持って行ってるアイテムがこれ。
  • 回復薬
  • 回復薬グレート
  • 秘薬
  • 携帯食料
  • クーラードリンク
  • 鬼人薬グレート
  • 硬化薬グレート
  • 鬼ニトロダケ(大バクヤクウロコ)
  • モドリ玉
  • 爆薬
  • 大タル
  • 大タル爆弾
  • 大タル爆弾G
  • 力の護符
  • 守りの護符
鬼ニトロダケ、爆薬、大タル、大タル爆弾は、大タル爆弾Gを作るための素材。
大タル爆弾を使うことはなく、ただの中間素材として使う。

これを見て分かると思うが、大タル爆弾Gを要所要所で多用しておりまする!!



FullSizeRender
ショートカットはこんな感じ!

大タル爆弾と大タル爆弾Gの調合コマンドを配置していて、加えて大タル爆弾Gの設置コマンドも配置している。

大タル爆弾Gの設置コマンドでも調合は可能なんだけど、ここで行う調合は、『大タル爆弾×大バクヤクウロコ』にしか対応していないため、鬼ニトロダケに対応した調合コマンドも配置している感じね。

正直言って、『回復薬』のところは『不動の装衣』とかで良いかな。



どのように立ち回ったのか

続いてはどのようにして攻略したのかって話だな。

基本的には、『転身の装衣』と『大タル爆弾G』を使いまくって少しずつ体力を削っていく。
大タル爆弾Gの爆破を命中させるとほんの少しだけど、ネルギガンテが怯む。
その隙に何回か攻撃を与えることができる。

それ以外の時はひたすらにガードを固め、ほんの少しの隙を突いて1〜2発攻撃を加えて再びガードの繰り返し。

ヤバイ、死ぬ!!」ってなったら、モドリ玉でさようならwww
キャンプに戻ったら爆弾や調合素材を補充して再び戦地へ向かおう!

オトモの装備は回復ミツムシが意外とオススメ!!
ランスは納刀が遅く、しかも納刀状態が続くとダイブ攻撃がめちゃくちゃ怖いのでなるべく抜刀しておきたいのだ。
よって、回復ミツムシを置いてくれるオトモとの相性が良いように感じた。



また最終フェーズ(ドクロ状態)に移行したあとが本番と言っても過言では無いのだが、この段階で時間に余裕があるなら、確実に倒せる無限ループを使うと良い。
  1. ネルギガンテが寝る。
  2. 大タル爆弾Gを2個爆破。
  3. モドリ玉でさようなら。
  4. アイテム補充。
これの無限ループで確実に倒しきることができるww
その間に転身の装衣のチャージも溜まっていくから、使用可能になったら装着して猛攻撃を仕掛ける。


ただ、そこに至るまでが結構大変だろう。
特にフェーズ3辺りの溶岩地帯へ向かった辺りからが!!
ここからはとにかくネルギガンテの攻撃が激しすぎるのだ!
しかし、ここは攻め精神を捨て、防御に徹することで意外と乗り越えることができる。

めちゃくちゃ上手い人はともかく、俺みたいな下手くそゲーマーはとにかく防御に徹するんだ!ww
仮にヤバくなったらモドリ玉で撤退!!!


その他に、フェーズ1・エリア8の落石ダメージ、そしてエリア9での縄張り争いによるダメージ。
この2つは確実に発動しておきたいところだな。
最初の落石で失敗したら、俺はいつもクエストをリセットしてた。
それほどに重要な要素だと思うぞ!




FullSizeRender
そんな感じでチマチマやってても、30〜40分くらいでクリアできるぞwww

しかもこの戦法で立ち回っていると、いつのまにかネルギガンテの動きを読めるようになってきて、少しずつタイムも縮まっていく。



てことで簡単ではあったけど、歴戦王ネルギガンテを倒した時の装備やスキルを紹介させていただきやした!

まぁ今更こう言うのもアレだが、あまり参考にしない方が良いかもなwww
モンハンって人それぞれプレイスタイルが異なるし、「こういう倒し方もあるよ」、って程度に参考にしてみてくれ。