【パワプロ2018】再現選手 – 2008 イチロー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • オリックス・ブルーウェーブ(1992 – 2000)
  • シアトル・マリナーズ(2001 – 2012)
  • ニューヨーク・ヤンキース(2012 – 2014)
  • マイアミ・マーリンズ(2015 – 2017)
  • シアトル・マリナーズ(2018 – 2019)

タイトル・表彰・記録(MLB)

  • 首位打者:2回
  • 盗塁王:1回
  • 新人王
  • ルーキー・オブ・ザ・マンス:4回
  • 月間MVP:1回
  • オールスターMVP:1回
  • ア・リーグMVP:1回
  • シルバースラッガー賞:3回
  • ゴールドグラブ賞:10回
  • WBC日本代表:2回
  • WBCベストナイン:1回
  • フィールディング・バイブル・アワード:3回
  • オールスターゲーム出場:10回

選手の特徴


NPB、MLBで数々の記録を打ち立てた誰もが知るレジェンド。
先日、現役引退を発表し、アメリカでも大々的に報道された。

選手の特徴や2004年度版については既に作成済みなので、こちらを参照。

今回は別年度バージョンのイチローさんを作成しています。


スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
再現年:2008年
  • 試合:162
  • 打率:.310
  • 安打:213
  • 二塁打:20
  • 三塁打:7
  • 本塁打:6
  • 打点:42
  • 盗塁:43
  • 盗塁死:4
  • UBR:2.8
  • 四球:51
  • 敬遠:12
  • 三振:65
  • 守備率:.987
  • 捕殺:11
  • 失策:4
  • UZR:2.8
  • 対左打率:.288
  • 得点圏打率:.267
スポンサーリンク

補足

今回は2008年のイチローさんをベースに作成。

何故、2008年のイチローさんを作ったのかは、勘の良い人なら分かるはずwww
今後をお楽しみに!!

まず、守備指標であるUZRは2.8で全然高くない。
メジャーだと平均〜平均以上の間くらいの評価。
全盛期の03・04年は20.0を超えていたので、その違いは歴然である。
しかし、2010年には14.1と盛り返しているんだけど、この年に限っては守備力Bくらいが妥当だろう。

肩力は相変わらず健在で、肩指標では強さ・正確さ共に100点満点中90点近くの数字が出ている。
よって肩力S、送球A。

走力指標であるUBRは2.8とイチローさんのキャリアを通じて見るとかなり良い数字である。
ただ、キャリア最高指標が5.2だと考えると『走塁C』が妥当ではないかと。


本当はミートAにしようか迷ったんだけど、さすがにそれは…と思い、ミートをBにして『安打製造機』を付けました。
やっぱりこの特殊能力は欲しいな、とww

弾道に関しては2でも有りだと思う。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender