【パワプロ2018】再現選手 – 2016 カイル・ヘンドリックス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • シカゴ・カブス(2014 – )

タイトル・表彰・記録

  • 最優秀防御率:1回
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス:1回
  • ルーキー・オブ・ザ・マンス:1回
  • 週間MVP:1回

選手の特徴


2016年にナ・リーグの最優秀防御率に輝いた技巧派投手。
同年にはサイ・ヤング賞の投票でも3位に食い込んだ。

グラウンドボールピッチャーとして有名で、芯を外すシンカーを武器にゴロを量産する。
また決め球のチェンジアップは一級品で、右打者の足元にストーーンと綺麗に落ちる。

2017年はDL入りをしたため2年連続の二桁勝利は逃したが、2018年に14勝を挙げて復活を果たした。

余談だが、高校時代は成績が非常に優秀だったという。
なんと成績はオールAで、平均点が満点というとんでもない数字を残していたという。
数学が非常に得意で、この辺の知識を野球も取り入れる頭脳派投手でもあるという。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2016年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:31(先発30)
  • 投球回:190.0
  • 完投:2
  • 完封:1
  • 防御率:2.13
  • 勝敗:16勝8敗
  • 被本塁打:15
  • 与四球:44
  • 奪三振:170
  • WHIP:0.98
  • 投球割合:ツーシーム(シンカー)44.4%、チェンジアップ27.1%、フォーシーム20.7%、カーブ7.8%
  • 平均球速:フォーシーム・シンカー142km/h

補足

今回は最優秀防御率のタイトルを獲得した2016年をベースに作成!

今回も球種にこだわりました。
変化の小さいいわゆるツーシームを中心に組み立てる投球が特徴なんだけど、たまに変化の大きいものを投げることがある。
それをシンカー系の第2変化球として高速シンカーで再現しました。
これは★との兼ね合いもある。

ツーシームはオリジナル変化球で『高速シンカー』とし、球速と重さを上げてます。
ヘンドリックスのツーシームの平均球速はフォーシームとほぼ同速。

ちなみにフォーシームとツーシームの投球割合を合わせると65.1%とかなり多いので、『速球中心』を付けています。

ただ、球速が遅いのと変化の大きい変化球が無いことから、上手く配球を考えないとCPUにボカスカ打たれます。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender