【SEKIRO】実際にプレイして分かった1周目と2周目の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー

どーも、俺です!!!!


IMG_3709
前回、遂に1周目をクリアすることができました!!!!!

俺はまだまだ勝利の余韻に浸っている……ww

俺がクリアしたシナリオは『不死断ち』というもので、トロフィーの獲得率を見ても恐らくこれがオーソドックスなルートなんだと思う。(シナリオルートは全部で4つあるみたい)



FullSizeRender
シナリオをクリアすると、2周目に入るかどうかの選択を迫られる。

ここで『いいえ』を選択しても、荒れ寺の大鬼仏から2周目に入れるようです。
要するに取り忘れたアイテムとか倒し忘れたボスを倒したり…ってのができるってことだね。

俺はまだ白蛇とかを倒していないんだけど、その他のボスの撃破や念珠をゲットは完了したので早速2周目に入って行くぞ!!!



そこで今回は1周目と2周目の違いを実際にプレイして紹介して行きたいと思う。



スポンサーリンク

強化や忍具は全て引き継がれる

IMG_3714
ソウルシリーズではお馴染みのシステムなんだけど、1周目に獲得した忍具や強化、身体力・攻め力は全て引き継がれる。

《周回時に引き継がれるもの》
  • 身体力(念珠)
  • 攻め力
  • 忍具(強化含む)
  • 所持アイテム
  • 獲得したスキル
  • 瓢箪の使用回数
今のところ確認しているのはこの6つだね。
他にも見つけたら追記するけど、今の所はこんな感じかな。

蛇柿や鈴などのキーアイテムは引き継げないようだ。


スポンサーリンク

一度入手した瓢箪の種と数珠玉は入手不可

IMG_3712
FullSizeRender
身体力を強化するための数珠玉、そして瓢箪を強化するための瓢箪の種は、1周目で既に入手しているものは再度入手できない。忍具も同様。

一番最初に対峙する侍大将や赤鬼を撃破してみたんだけど、獲得できたのは『重たい銭袋』だった。

よって、周回時は中ボスを倒す意味がほとんど無く、スルーしても何ら問題はないのだ。(赤鬼や水生のお凛などは撃破する必要あり
ということは、2周目は階段を駆け上がるように攻略できるということだ。

今作ではマルチエンディングが採用されている以前にシナリオそのものが大きく異なるようで、何回か周回する時にストレスが無いようになっているのかもしれない。

この点はベリーグッドだと思う!
サクッと進めたい人はそうすれば良し!

ちなみに2周目をプレイし始めて、獅子猿を倒すまで1時間も掛かりませんでしたwww

ちなみに、既に瓢箪の種などを入手済みの場合は別のアイテムが置かれている。
神食み』や『くるみ地蔵』などの貴重なアイテムを拾うことができるので、なるべく1周目のうちにコンプリートしておきたいところだ。



スポンサーリンク

攻め力は強化できる!

FullSizeRender
とりあえず2周目に入って鬼形部や葦名弦一郎を撃破したんだけど、攻め力を強化する『戦いの記憶』は入手することができた。

よって攻め力は延々と強化し続けられる仕様になっているのかもしれない。



スポンサーリンク

2周目以降は敵が強くなる

もちろん今作でも難易度の上昇を確認。

例に挙げるなら赤鬼だ。

こいつの掴み投げはこちらの体力をギリギリまで削ってくる恐ろしい敵だが、周回時に強化されていないとなれば今となってはさほど致命的なダメージではないはずだ。

だが、2周目の赤鬼は強化された体力をギリギリまで削ってきた。
てことは攻撃力が大幅に上昇したということになる。

また敵の耐久力の強化もされているようです。
今までは一撃で倒せた敵が倒せなくなっているのだ。

もしこの仕様だと、周回するたびに難易度が上昇して行くことになるが、3周目以降がどのようになってくるのかが気になるところ。

100周目とかになったら無理ゲーどころの話ではなくなるのではなかろうかwww



スポンサーリンク

獲得できる経験値も上昇

敵が強くなるので獲得できる経験値も膨れ上がる。

ただ、序盤のうちはそこまで恩威を感じない。

例えば、1周目のストーリー終盤の紫装束侍を倒すと約1000の経験値が獲得できる。
しかし、2周目の最序盤の雑魚から得られる経験値は約300とかなり微妙。

この差は終盤にならないと実感できないものとなっている。


やはり全てのスキルを習得するにはそれなりの根気が必要になりそうだ。



てことで以上が現在分かっている1周目と2周目の違いでした。
まだ発券していない部分もあると思うので、その辺は見つけ次第追記して行こうと思う。