【パワプロ2018】再現選手 – 2015 ザック・グレインキー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • カンザスシティ・ロイヤルズ(2004 – 2010)
  • ミルウォーキー・ブルワーズ(2011 – 2012)
  • ロサンゼルス・エンゼルス(2012)
  • ロサンゼルス・ドジャース(2013 – 2015)
  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス(2016 -)

タイトル・表彰・記録

  • 最優秀防御率:2回
  • サイ・ヤング賞:1回
  • シルバースラッガー賞:1回
  • ゴールドグラブ賞:5回
  • プレイヤーズ・チョイス・アワーズ:2回
  • ピッチャー・オブ・ザ・マンス:3回
  • オールスターゲーム出場:5回

選手の特徴


ナ・リーグだけでなく、メジャーを代表する技巧派投手。

グレインスキーの安定感は物凄く、怪我さえなければ安定してシーズン10〜17勝をコンスタントに挙げる実力を持つ。
通算で11度の二桁勝利を挙げており、2018年シーズン終了時点で通算勝利数は187。
今年中に200勝を達成できる可能性がある。

なんと言っても彼はチェンジアップが凄い。
フォーシームと全く同じフォームからスクリューのように球が沈む。
しかも『高速チェンジアップ』と言われているように、平均球速は143km/hという恐ろしい魔球である。
その他、スライダーや縦に落ちるカーブなども一級品。

それに加えて素晴らしい制球力も持ち合わせており、チェンジアップとの相性が抜群で、見逃し三振を取ることが割りかし多い。

また彼はバッティングが凄い。
なんと通算本塁打は6本で、通算打率も.220を超えている。
2013年にはシルバースラッガー賞を受賞するほどである。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2015年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:32
  • 投球回:222.2
  • 防御率:1.66
  • 勝敗:19勝3敗
  • 勝率:.864
  • 被本塁打:14
  • 与四球:40
  • 奪三振:200
  • WHIP:0.84
  • 被打率:.187
  • 対左被打率:.194
  • 得点圏被打率:.157
  • 守備率:.968
  • 投球割合:フォーシーム45.1%、チェンジアップ21.1%、スライダー19.2%、カーブ8.3%
  • 最高球速:152km/h
  • 平均球速:フォーシーム92.5マイル(148km/h)、チェンジアップ89.0マイル(143km/h)
  • 通算打率:.220
  • 通算本塁打:6

補足

今回は自身2度目となるサイ・ヤング賞を獲得した2015年を再現!

まず、彼の特徴である高速チェンジアップの再現なんだけど、パワプロのシステムでは再現不可能。

オリジナル変化球で、サークルチェンジの球速をMAXにしても最速143km/hほどしか出ません。(平均140km/h程度)
実際のMAX球速は145km/hほど出ていたはず。

またこれらの球種の他にシンカー(ツーシーム)も時折投げることがあるんだけど、今回は習得させていません。

また守備にも定評があり、5度のゴールドグラブ賞を獲得しているため、守備能力は少し高めに設定。
ただ、守備力B、捕球Dくらいの方がリアルかもしれない。
そして足も結構速いことで知られているため走力Cに。

スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender