【パワプロ2018】再現選手 – 2018 マイク・リーク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

プロフィール

経歴

  • シンシナティ・レッズ(2010 – 2015)
  • サンフランシスコ・ジャイアンツ(2015)
  • セントルイス・カージナルス(2016 – 2017)
  • シアトル・マリナーズ(2017 – )

選手の特徴


制球力と質の高い変化球が持ち味のグランドボールピッチャー。

成績を見るとそこまで飛び抜けた数字を残してはいないが、ボールの回転数などを重視するメジャーリーグでの評価は高い。

彼の特徴はなんと言っても変化球だ。
特に高速シンカー(ツーシーム)とチェンジアップのキレが抜群で、これらをコーナーにつく制球力も抜群である。

与四球も割りかし少なく、大体シーズン30〜40四球に留まっている。

スポンサーリンク

選手能力

FullSizeRender
FullSizeRender
再現年:2018年
参考データ:MLB公式サイト
  • 試合:31
  • 防御率:4.36
  • 投球回:185.2
  • 勝敗:10勝10敗
  • 被本塁打:23
  • 与四球:34
  • 奪三振:119
  • 被打率:.280
  • 対左被打率:.288
  • 得点圏被打率:.287

補足

今回は2018年のシーズンを再現してみました。

先日行われたマリナーズvsジャイアンツの第1戦に先発登板したので、記憶に新しい選手ではないだろうか。

自分も観戦していたのだが、やはり制球力が素晴らしいなと感じました。
制球力が良いので投球数も少なく、理想のピッチングをしているなと感じました。
坂本選手にホームランを打たれちゃったけどなw

リークは基本的に速球を投げない。
シンカーと呼ばれるツーシームや変化球が大半を占める。
よって、オリジナル変化球でシンカーを作り、『変化球中心』の特殊能力を付けています。



FullSizeRender
ちなみにリークは打撃能力がめちゃくちゃ良い。
なんと通算本塁数は6本で、2012・2014・2015年には3度のシーズン2本塁打を放っている。
よって、それらを踏まえてパワーをDにしています。

また守備力にも定評があるので守備力Bでも良かったかもしれない。


スポンサーリンク

パワナンバー

FullSizeRender