【DLTF】#32 ストーリークエスト『格闘場』(前編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー









前回怒涛の展開がありライズとは完全に対立。

なんとラヒームは転化して死亡し、ゼレ医師は誘拐され、研究資料も全て奪われてしまった。





サイドクエストを進めようかと思ったんですけど、

どこへ行っててもブレッケンが、

「まだ着かないのか?!」

って無線を延々と入れて来てうるさいので、ゼレ医師の救出に行こうと思いますw














行き先はやはりアジト。

よく見ると安全区域では無くなっている。

嫌な予感がするけど物語も大きく動き出しそうなので、とりあえず行ってみようか。















とりあえず着いたものの入り口は封鎖されている。

裏口から侵入する必要があるみたいだ。

「見つかったらバラバラにされるぞ」

とブレッケンは俺は脅す。













とりあえず侵入の仕方は分かったものの、、、



















団地のベランダを伝って行かなければならないので隠れる場所がなく射殺されてしまう。

これ結構難しい。

相手もヤケに硬くて、ライフルを10発頭に撃ち込んでも死なないとかザラwww





これは発見されないように進むしかないかもしれん。















なんとか建物への侵入には成功。

主人公はGREに助けを乞うも、無線が繋がった先は防衛省。

GREの権限は縮小され、現在は防衛省は指揮を取っているとのこと。





更にこの街は爆撃されることになったらしい。

(まんまバイオハザードのラクーンシティやん。。。)





与えられた猶予は48時間。

それまでにゼレ医師を見つけ出し、研究の資料を防衛省に提示しなければならない。















とにかくね、もう銃は必須レベル。

人間相手に弓では分が悪くなって来ました。

あと火炎瓶などは今でもかなり有効。





てか結構な頻度で手に入る軍事用投げナイフとかって使えるのかな?

攻撃力が130とかしかないんだよなぁ。

ハンドガン1発相当の威力はあるんだけど、、、















そしてやっぱりと言わんとばかりに、

建物内はもぬけの殻www

ブレッケン曰く地下室があるから言ってくれとのことだ。

こんな団地に地下室なんてあるの?!www















そして遂には銃や弾丸が拾えるようになってきました。

これからは銃による立ち回りが当たり前になってくる、ってことかな?





この銃はドイツ製のハンドガンなので既に持っているんですが、

売ればかなりの金になるので拾っておきます。

またこの部屋にはライフルも置いてありました。

弾もごっそりと。。





これをバイオハザードに方式にすると、

このあとゾンビの襲撃があるか、ボスの襲来なのだが、、、www















銃を乱射してくる相手にはシールドが結構有効だったりするwww















銃撃戦をなんとか潜り抜け、

監禁されていたゼレ医師を発見。

そして研究データは全てジェイドに託したというのだ。





なに!!!!

なんのために俺はここに、、、

いや!モーガンフリーマンを助けにきたのだ!















やっぱり見つかったかぁ!

出たな、このイかれチ◯ポ野郎!

(※ターミネーター2参照)





そしてゼレ医師を脚をナイフで貫かれ、主人公は殴打で気絶させられてしまう。



















目を覚ますと何やら薄暗く密閉された場所。

主人公のことは放っておけ、

とライズは何故か手下を2人殺して去って行く。

ちょっと意味不。















そして設置されたコンテナから現れたのは無数のゾンビ。

今回のミッションは

格闘場で生き残れ』だってwww

格闘場ってこういうことだったのか。





以前、ジェイドを格闘場で見世物にする的な発言をしていたけど、

ゾンビの群れの中に放り出して遊ぶってことだったのね。





しょうがねぇから全滅させてやるよ!!









コンテナの上に上がって火炎瓶で一掃だ!

と思った時であった。















ファーーーーwww

武器を1つも持ってねぇんだけど。。

しかも回復薬まで!!!

やられたっ!!

これはどうすればいいんだ!?















コンテナの上からハンマーを見つけたけど、

回復薬無しで突っ込むのはさすがに自殺行為であるww





ただ、「一掃しろ」とは書かれていないから、

一定時間を生き抜けばいいのだろうか?





絶望的な戦いがいま幕を開けた。