【DLTF】#29 ストーリークエスト『同胞』(Part.2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー











ではストーリークエスト『同胞』の続きをプレイして行きましょう!





アンティジンを探しにライズたちの補給庫である学校へ侵入。

しかしターゲットの部屋にはアンティジンは既になく、

地下室にある倉庫Cへ行くことになった主人公とジェイド。





とりあえず今回は地下室へ向かいます!
















それにしても地下室へ行くだけで一苦労!

もはや学校内はゾンビだらけであるwww





ただですねー、

医療品キットはなんと103個も持ってるので問題なしwwwwwwwww





どれだけ素材集めをしていたかが分かる数であるww









ではいざ地下室へ。

バイラルがいるなー、ってのがミニマップで既に分かるwww

やはりゾンビの巣窟か。。

ショットガンで一掃するしかねぇな。















もはや嫌な予感しかせんぞwwwwww

絶対何かが飛び出して来そうな雰囲気が漂ってるww















ぎゃああああああ!

違ったわwww

死んだふりをしたゾンビに掴まれたわwww

これはさすがに焦った!

と思ったら

正面に自爆ゾンビwww

見事に吹っ飛ばされましたが、

死亡だけは免れました。。。





このクエストだけで俺は何回激しく脈打ったのだろうかww















すぐ近くの部屋にジェイドがいました。

いいケツ。。。。















しかし中身はプラスチック爆弾というwwwwww

なんとなくこうなるとは思っていたが。。。ww





しかし後ろからライズの手下たちの無数の足音が!

主人公は言う、

「ここは俺に任せてお前はタワーへ戻れ!」

と。

イケメン!wwwwww

ジェイドを落とす気満々だな。















ジェイドも最初は「私も戦う!」と頑固になるが、

なんとか説得して爆弾を持って退避させることに成功。





とりあえず俺もライズの手下を一掃してここから脱出だ。





でもやはりアンティジンは無かったかぁ。





てことは、、

ジェイドをライズに差し出すしかねぇのか。。。

そんなんしたくねぇぞ!!!

女を人身売買するなんぞ言語道断!!















学校からの脱出に成功すると、

なんか変なゾンビがいたんだが。。

また新種かよ。。。

身体中に緑色のスライムみたいなものを纏っている。





なにこいつ、、、気持ち悪りぃwww















壁を登って逃げて行っちまったぞwww

いつか戦うことになるということか。





まじかー。

また新しいのが出て来たぞー。

ストーリーも全然進んでねぇのに。





そもそも外に出れたのは良いんだが、

めっちゃ真夜中wwwwww

ボルタイルだらけの外へと放り出されたんだがwwwwww





フレアをぶん投げまくってさっさとタワーへ戻ろうwww















くそー!まさかこんなことになるとはwwwwww















なんとか生き延びましたともwww

いやー、ダイイングライト生活で一番長い距離を走ったような感覚ですわwww





んで、

まずはボルタイルの巣の破壊を企むラヒールに止めさせるように説得してくれとよことだ。

確かにそうようなこと言ってたな、あのクソガキはww

しかしジェイドの話なら断れませんなぁ、、ぐふふふふ















おい、ガキ。

巣を破壊するなんてやめることこったな。

ジェイドをライズに売って解決させるからよ。←え





冗談はさておき、

「巣の爆破は俺がやるから」

とテキトーなことを言ってなんとか丸く収めたようだ。

え?

まさかマジで俺一人でボルタイルの巣を破壊するハメになるのでは、、、。









さて、次はゼレ医師の元へ行くようです。

最近現れるおかしな感染者について聞きたいようだ。

きっとさっきの緑スライムゾンビとか毒吐きゾンビのことだろう。





俺もそれは気になってた!!

なぜあんなにも変異するのかと。















ゼレ医師によれば、なんだかあの緑のゾンビは『ボルター』と呼ばれていて、

特定のエリアを好み、夜にしか現れないらしい。





「捕まえて肉のサンプルを持ってくるなんて…無理だよな」





とゼレ医師は言う。

聞かなかったふりをしろ!www

それは遠回しの【お願い】であるw















最終的には、

「何とかしてサンプルを入手してくれ」

だそうだ。

こっちの意見はまるで通らないのがこの世界のお決まりである。





ウィッチャーなんて全ての事柄に選択できるもんなwww





とにかく新鮮なボルターの肉を持ってこい、だそうだ。

なんて狂気的なことを平然と頼むのかwww





とりあえずボルター狩りをする必要があるようだな。。





爆弾をたくさん用意して挑むとしよう。









続く。