【DLTF】#28 ストーリークエスト『同胞』(Part.1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー





こんにちは!

今回はですね!

ストーリークエストを進めて行きたいと思いまーす!





久々だなー!ww

最近はサイドクエストばっかりやってましたからねw





確か、

ライズとの取引でアンティジンを2箱貰うっていう約束だったのだが、

その約束は簡単に破られたった5本のアンティジンを渡されたに過ぎなかった。





アンティジン不足が深刻になっているタワー内だが、

女兵士ジェイドがアンティジンの入手場所を知っている、ということで彼女に同行することに。












待ち合わせは学校の近くにある貨車の中。

貨車の中、、、

お前らまさか密会を、、、

いやなんでもありません。





とりあえず学校近くまで行きましょう。

そもそも学校なんてあったんだなwww

どんな建造物なのか気になるなぁ。。













いました。

相変わらず美人な女だ。

(このゲームの中では、という意味w)















学校の門の前でライズの手下たちが虐殺を行っている。

どうやらライズは学校を補給庫として使用しているようだ。

要するに侵入してアンティジンを強奪するってことですな。





とりあえず学校へ侵入するところを探さなくちゃならないな。

昇降口や窓は閉まってました。

となるとやはり屋上。。















屋上には2体の毒吐きゾンビ、爆破ゾンビなど面倒な奴らゴッソリとお出ましでした。





そいつらを殲滅してなんとか侵入に成功。















中に入るとジェイドから無線が入る。

アンティジンを探して、って。





いや、お前は何してんねんww





一緒に来るんじゃなかったのかよwwwwww

結局パシリに使われる主人公であった。





















昼間とはいえ、やはり学校は怖いww

ゾンビや人の声は聞こえないのだが、

至るところから奇妙な物音が響いて来る。

何かを引きずるような音とか、扉が風で閉まるような音とか。





こりゃあこぇぇわwwwwww





こういうリアルな風景だからこそ余計に恐怖を感じるのだ。















なんだよここ。。。

死体安置所にしてるの?!

学校でやるんじゃねぇよ。。

バイオハザードだったらこっからゾンビがうじゃうじゃ、、、。















壁に掛け算九九の表が貼ってあったwww

ここは小学校か!www

しかしよく見ると九九ではなく12・12だww















バレた!!!!

学校中に警報が鳴り響くwww





「早く警報を止めないと感染者が集まって来るわ!」

と俺を脅すジェイド。

お前が止めろや!!!www

俺はアンティジン探しと戦闘で手一杯なんだよ!!















小学校でこんな動物の写真を貼ります?!www

まるで幼稚園じゃねぇかwww















くっそーwwww

トイレからゾンビが飛び出して、

俺の心臓も飛び出しそうになったわwwwwww





たぶんライズの一味がゾンビ化したんだろうな。

迷彩服を着ていたわ。





そしてライズの一味も普通に襲って来るという。

だから人間同士で争ってる場合じゃないんだってば!ww

(これはリアル世界でも言えることがだ)





とりあえずここは誰が何処から飛び出して来るか分からないので、

ショットガンやライフルなどの銃が安定!!

これはサイドクエストをクリアしてなかったら近接武器で来るようだったってことよな。

辛すぎ。















とにかくたまたま手に入れた警察用ライフルが強いわwww

人間でもほぼ一撃だからなww

現時点では完全にダイイングライト無双になってる。















目的地である図書室でアンティジンの入っているチェストを見つけるも中は空っぽ。

うん、知ってた!

そんな一筋縄では終わらないゲームだってことはもう知ってるんだよwww





次は地下室を通って倉庫Cへ向かえ、とのこと。

そこへジェイドも向かうらしい。





地下室とかもっとやべぇんじゃね?!wwwwww





行きたくねぇよwwwwww





学校の地下室とか完全なるゾンビの巣じゃないっすかwwwwwwwww















地下室への鍵は先ほど倒したライズの手下が持っていました。

とにかくヤバそうな地下室へ向かいますww





こえええよw













続く。